1735213 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2022.01.02
XML

ヤコブス・デ・ウォラギネ(前田敬作・今村孝訳)『黄金伝説1』
~人文書院、1979年~


 13世紀に編纂された、聖人伝の集大成です。
 著者のヤコブス・デ・ウォラギネ(1230頃~1298)は、説教を中心に行うドミニコ会に属し、ジェノヴァ大司教もつとめました。『黄金伝説』のほか、『ジェノヴァ市年代記』や説教集などの著作があります。
 本書の構成は次のとおりです。(カッコ内に、訳注を参考に該当の祝日や当該聖人の生没年などをメモ)

―――
序章
1 主の降臨と再臨[待降節、現行では11/2712/3にはじまる]
2 使徒聖アンデレ[11/30、X型十字架]
3 聖ニコラウス[12/6、4世紀前半]
4 聖女ルキア(ルチア)[12/13304年没]
5 使徒聖トマス[12/21、インドに布教しそこで殉教したと言われる]
6 主のご降誕[12/25]
7 聖女アナスタシア[12/25304年頃殉教]
8 聖ステパノ[12/26、キリスト教最初の殉教者]
9 福音史家聖ヨハネ[12/27]
10
 罪なき聖嬰児ら[12/28、ヘロデ大王の命令で殺された男の子たち]
11
 カンタベリーの聖トマス[12/291118-1170]
12
 聖シルウェステル[12/31、第33代教皇、位314-335]
13
 主のご割礼[1/1]
14
 主のご公現[1/6、東方三博士来拝の日]
15
 初代隠修士聖パウロス[1/15or1/10228-342]
16
 聖レミギウス[1/13440-534]
17
 聖ヒラリウス[1/14315-367]
18
 聖マカリオス[1/15300-380/390]
19
 ピンキスの聖フェリクス[1/14]
20
 聖マルケルス[1/16、第30代教皇、位308-309]
21
 聖アントニオス[1/17251-356]
22
 聖ファビアヌス[1/20、第20代教皇、位236-250]
23
 聖セバスティアヌス[1/20、3世紀後半]
24
 聖女アグネス[1/211/28、3世紀末or4世紀初殉教]
25
 聖ウィンケンティウス[1/22304年殉教、スペイン人最初の殉教者]
26
 司教聖バシレイオス[6/14(東方では1/1)370年頃活躍]
27
 慈善家聖ヨハネス[1/23610-619アレクサンドリア総大司教]
28
 聖パウロの回心[1/25、パウロがキリスト教迫害者から伝道者へ転身]
29
 聖女パウラ[1/26347-404]
30
 聖ユリアヌス[全5人のユリアヌスに言及。祝1/27ほか]
31
 七旬節[その主日は復活祭から9週間前の日曜日]
32
 六旬節
33
 五旬節
34
 四旬節[灰の水曜日から復活祭の前日までの6週間半]
35
 四季の斎日[春は四旬節第一主日、夏は聖霊降臨の大祝日、秋は9/14、冬は12/13の各直後の水、金、土曜日]
36
 聖イグナティオス[2/1117以前没]
37
 聖母マリアお潔め[2/2、聖燭祭とも。主の降誕後40日目に聖母マリアが神殿に行って潔めの儀式を受けたことに由来]
38
 聖ブラシオス[2/3、3世紀末頃or4世紀初頃殉教]
39
 聖女アガタ[2/5250年頃殉教]
40
 聖ウェダストゥス[2/6540年没]
41
 聖アマンドゥス[2/6679or684]
42
 聖ウァレンティヌス[2/14]
43
 聖女ユリアナ[2/16、4世紀初頭殉教]
44
 聖ペテロの教座制定[2/221/18]
45
 使徒聖マッテヤ[2/24、ユダの裏切りにより欠員が生じた十二使徒に、主の昇天後くじで選ばれた]
46
 聖グレゴリウス[3/12、第64代教皇、位590-604]
47
 聖ロンギヌス[3/15、現在では聖列に入っていない]
48
 聖ベネディクトゥス[3/21480-547]
49
 聖パトリキウス[3/17385-461]
50
 主のお告げ[3/25、大天使ガブリエルによる受胎告知の日]
51
 主のご受難[四旬節の第五主日]
解説
―――

 構成だけで53行使ったので簡単にメモ。
 訳注が充実し、解説でヤコブスの経歴や主著、本書の意義も論じられているなど、非常に便利。
 訳文も読みやすいです。(「すたこらさっさ」とか「桑原桑原」という訳文が印象的。)
 本論は、聖人についてはその名前の意味を解き明かすところから始まり、その経歴を紹介したり、その聖人が行った主な奇跡を紹介したりといった構成。ある言葉や出来事の複数の意味を論じるあたり、説教と同様の構成と持っています。
 序章での、期節の区分についてメモ。(カッコ内の丸数字は教会歴の順番)
 ・迷いの生活の時代=アダムの原罪~モーセの時代=七旬節~復活祭(④)
 ・呼び戻しの時代=モーセ~主のご降誕=待降節~降誕祭(①)
 ・贖罪の時代=キリストの誕生~死=復活祭~聖霊降臨(⑤)
 ・巡礼の時代=現代の人間の時代=聖霊降臨~待降節(⑥)
 ・贖罪の時代(2)=降誕祭~ご公現の祝日の8日後まで(②)
 ・巡礼の時代(2)=ご公現の祝日の8日後~七旬節(③)
 時代の名前の当て方が、私が勉強を進めているジャック・ド・ヴィトリと同様で、ジャックは迷いの時代(待降節~七旬節)、呼び戻しの時代(七旬節~復活祭)、回復の時代(復活祭~聖霊降臨)、巡礼の時代(聖霊降臨~待降節)と、期節の区分はやや異なるものの、その類似性が気づきになりました。(参考:Lecoy, pp.272-273
 全4巻中、とりあえず第1巻を読みました。第2巻以降も徐々に読んでいこうと思います。(少し先送り中)

(2021.11.10読了)

・西洋史関連(史料)一覧へ






Last updated  2022.01.02 13:48:35
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:ヤコブス・デ・ウォラギネ『黄金伝説1』(01/02)   シモン さん
新年あけましておめでとうございます。

今回の文献「黄金伝説」と聞くと、「れげんだ・おうれあ」、芥川龍之介「奉教人の死」に登場する架空の文献を連想しました。「聖人列伝」という内容は、おそらく芥川はヤコブス・デ・ウォラギネの著作を知っていたのかもしれませんね。

読みやすい訳文というご紹介、確かにともすれば生硬な文章になりがちな中世文献の邦訳の中にあってユニークな存在かもしれません。

本年も、わかりやすい文献のご紹介を楽しみにしております。
何卒よろしくお願い申し上げます。 (2022.01.02 16:25:59)

 シモンさんへ   のぽねこ さん
新年あけましておめでとうございます。
あたたかいコメントをありがとうございます。

まさに芥川龍之介の「奉教人の死」、そして新潮文庫版『奉教人の死』に同じく収録されている「きりすとほろ上人伝」も、ヤコブス『黄金伝説』に取材されているようで(同文庫解説162-164頁)、それぞれ(全体を通読していないので記事はかけていませんが)『黄金伝説2』299-301頁の「聖女マリナ」、『黄金伝説3』13-23頁の「聖クリストポルス」が題材になっています。芥川龍之介は、明治期に刊行された『聖人伝』を題材にしたそうですが、『黄金伝説』のウィリアム・カクストンによる英訳版も所有していたそうです。

自分の勉強の上での関心からも本書は気になっていましたが、芥川龍之介作品も、本書を購入する後押しになりました。

本年もよろしくお願いいたします。 (2022.01.02 22:16:58)

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん
海砂のつらつら日記 kaisa21さん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 久々に民…
 シモン@ Re:菊地暁『民俗学入門』(03/19) こんにちは。 今回は、中世ヨーロッパ史…
 のぽねこ@ takisubaruさんへ コメントありがとうございます。 せっかく…

© Rakuten Group, Inc.