1379375 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

全99件 (99件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 10 >

本の感想(か行の作家)

2012.08.26
XML

北村薫『空飛ぶ馬』
~創元推理文庫、1994年~


 北村薫さんのデビュー作。女子大生の「私」と、その大学の先輩にあたる噺家、春桜亭円紫さんのシリーズ第1作です。
 本書は、5編の短編からなる連作短編集となっています。
 それでは、それぞれについて、簡単に内容紹介と感想を。

ーーー
「織部の霊」
 朝早くに大学に着いてしまった私は、近世文学概論を担当している加茂先生と出会う。授業で、私のことを覚えてくれていた先生と話す中で、私は、卒業生で大ファンの噺家である春桜亭円紫と会談する機会を持つことになる。その後、3人で打ち上げをしている際、加茂先生は過去の不思議な話を打ち明ける。それは、見たことのないはずの人物を夢に繰り返し見て、しかもその人物は実在の人物だったという話だった。

「砂糖合戦」
 たまたま出会った円紫と、円紫おすすめの喫茶店を訪れた私。私はそこで、何度も何度も砂糖を紅茶の中に入れている、奇妙な女性3人組に気づく。加茂先生の不思議な話の謎を解き明かした円紫は、3人組の行動の意図も見抜いたようで…。

「胡桃の中の鳥」
 大学の同級生、高岡正子とともに蔵王を訪れた私。現地で、同じく同級生の江美と合流し、円紫の独演会や観光を楽しんだ私たちだが、蔵王山頂で、それは起こった。なぜか、江美が出してくれていた車のカバーシートが、外されていたのだった。

「赤頭巾」
 歯医者に行った私は、話し好きの中年女性に声をかけられる。最初は構えたが、それは気になる話だった。私も知っている女性―夕美子と、その中年女性は同級生だったという。その同級生から、赤頭巾の話を聞いたという。日曜日の夜ごと、公園に赤頭巾が出るというのだ。そして絵本作家である夕美子は、『赤ずきん』という作品も出していた。そしてそれは、ずいぶんアレンジのきいた作品となっていて…。

「空飛ぶ馬」
 近所のお店《かど屋》の国雄は、子供好きの人である。そんな彼が、近所の幼稚園でクリスマス会が開かれた日、店にあった木馬を保育園にプレゼントした。ところが、その夜中、幼稚園の庭に木馬がなかったという情報を私は聞く。はたして、木馬はなぜ消えたのか。
ーーー

 何年ぶりかの再読です。
 やっぱり、良かったです。ミステリではあるのですが、そういうジャンル区分にとらわれない、とても良質の物語だと思います。
 世の中の苦しいことにも、悲しそうな目をしながらもしっかりと見つめていく円紫さんと、目をそらしてしまいそうになる「私」(もちろん、目をそらしてはいけないと分かっていて、少しずつ変わろうとしつつあります)のコントラストが、素敵です。
 「私」のまわりの人々も素敵な人が多くて、悪意をあつかった物語もあるなかで、やはり全体としては優しい雰囲気の物語だと思います。
 良い読書体験でした。






Last updated  2012.08.26 20:45:13
コメント(0) | コメントを書く


2012.06.10

北山猛邦『猫柳十一弦の後悔―不可能犯罪定数―』
~講談社ノベルス、2011年~

 前回に引き続き、北山猛邦さんの作品の紹介です。
 本書は、講談社ノベルスからは初の、「城」シリーズ以外の長編です。そして、とても面白かったので、ぜひ、シリーズ化してほしいです。
 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

ーーー
 私―君橋君人(クンクン)と月々守(マモル)は、探偵助手学部に在籍する学生。
 2年生になり、ゼミを決める際、冗談で第三志望に書いた猫柳十一弦ゼミに所属することに…。
 猫柳は、まるで幽霊みたいな、まだ25歳の女性で、話しぶりもとても頼りない感じだった。
 そんなゼミの3人は、人気ゼミの雪ノ下ゼミの一同と、合同で孤島合宿にのぞむことになる。
 ところが合宿の最中に、事件が起こる。
 地面に流れていた蛍光塗料をたどっていくと、杭を打ち込まれ、全体に蛍光塗料が塗られた、ゼミ生の遺体があった。また、宿泊している館の地下室では、密閉された箱の中で別のゼミ生が死んでいた。
 犯人は誰なのか。そして、どれだけ犯行を重ねるつもりなのか。
 猫柳探偵は、クンクンとマモルという二人の助手とともに、さらなる犠牲者を出さないように尽力するが…。
ーーー

 これは面白かったです。
 いくつか疑問点は残りましたが、それはそれ、たっぷり物語の世界を楽しむことができました。
 ちょっと冷めた感じの(でも熱い?)クンクンの一人称で物語は進みます。相方で元気の良いマモルも、ちょっと頼りなげですが覚悟をもっている猫柳先生も素敵で、主人公たちのキャラクターが楽しいのが良いですね。
 事件の方は陰惨ですが、とにかく事件を未然に防ごうとする探偵たちの活躍に、手に汗握りながら読みました。
 良い読書体験でした。






Last updated  2012.06.10 10:01:27
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.12

北山猛邦『私たちが星座を盗んだ理由』
~講談社ノベルス、2011年~


 講談社ノベルスから、「城」シリーズを刊行してきた北山猛邦さんによる短編集です。
 個人的には、「城」シリーズよりも、こちらのテイストの方が好きかもしれません。
 本書は、ミステリ的な解決もありつつ、不思議で怖い物語集、といった感じでしょうか。
 それでは、収録されている5作それぞれについて、簡単に内容紹介と感想を。

ーーー
「恋煩い」
 名も知らない先輩を思い続けているアキに、親友のトーコが、恋が成就するとい秘密の行動を教えてくれる。まさかと思いながら実践し、先輩と少しだけ近づけたアキは、その後、恋愛成就に関する都市伝説を聞いては、それにのめりこんでいってしまい…。

 全くミステリとしては読んでいなかったのですが、背表紙のとおり、「ラストで覆る」物語の真相は鮮やかでした。
 続く他4編も楽しみになり、この短編集を買って正解だったと思えた作品です。

「妖精の学校」
 ある日起きたら、少年は記憶を失っていた。おぼろに、泣いていた少女と、自分が泣き虫だったことを思い出すだけで…。
 ベッドに横たわる少年のもとに、白い服をきた子どもたちがやって来る。ウミネコと名乗るリーダーは、この島に連れてこられた子どもたちが妖精になるということ、自分たちが妖精の学校に通わなければならないこと、など、この島について教えてくれる。
 ヒバリという名を与えられた少年は、きちんと授業を受けず、図書館で過ごすクイナと親しくなっていく。
 クイナは、この島の謎を解くと、立ち入りを禁止されている「虚」に行こうと計画を練るが…。

 読了後、すぐには真相が分からない物語でした。
 ただ、それが分からなくても、読後の感慨は大きい物語でした。
※その後ネットで調べて、真相(に関する一解釈)を知ると、ますます重たい気持ちになってきます。

「嘘つき紳士」
 多額の借金を抱える俺は、ある日、傷みの激しい携帯電話を拾った。携帯の持ち主は、遠距離恋愛中の彼女と頻繁にメールをしているらしい。
 そこで俺は、持ち主になりすまし、彼女に「振り込み詐欺」をしようと動き始める。
 しかし、ニュースで、その持ち主が事故で死んでいることを知り、「キョーコ」という名の女性とメールをやりとりするうちに、次第に彼女とのメールに幸せを感じ始める。
 このままではいけない、「キョーコ」に持ち主の死を知らせて傷つけないためにも、生きたまま別れるように見せかけようと動き始める俺だが…。

 これは面白かったです。
 主人公が詐欺をはたらこうと動き始めるあたりは「う~ん」と思いながらでしたが、主人公の心境が変化するあたりから、ぐいぐい物語に引き込まれていきました。

「終の童話」
 平和だった村に訪れた悲劇。人や動物を石にして食べてしまう、「石喰い」が現れたのだ。
 村で対策を練るも、被害者はどんどん増えていく。
 父親が城に行き、家を留守にしているあいだに一緒に過ごしてくれたエリナも石にされてしまったウィミィは、怪物事件が一段落してからも、ずっとエリナの像を大切にし続けた。
 それから10年の歳月が過ぎた後、村にふたたび異変が起こる。石にされた人間を、人間に戻してくれる能力者が現れた。村人は、家族や大切な人が戻ってくると喜ぶが、そんな中、石像が破壊されるという事件が起こったのだった…。

 いわゆるファンタジーの世界ですが、謎の提示も魅力的ですし、解決も合理的です。
「城」シリーズも独特な世界観でしたし、こうした独自の世界を創りあげ、その中で論理的な謎解きを示すのが、北山作品の魅力のひとつだと思います。

「私たちが星座を盗んだ理由」
 20年前に亡くなった姉は、星座が消えてしまったという言葉を遺していた。
 そして、星座を盗むといっていた夕兄ちゃんが、たまたま私が勤める病院を訪れて…。
 私は、夕兄ちゃんに、当時の真相を教えてもらい、そして、ある告白をする。

 きれいな、そして悲しい物語でした。
 タイトルがまず素敵で、作品集の表題としてもぴったりだと思います。
ーーー

 以上、どの作品も楽しく読みました。
 最近は西洋中世史の勉強のウェイトを増やしてきていますが、やはり物語は面白いと思わせてくれる作品集でした。
 素敵な読書体験でした。






Last updated  2012.05.12 16:47:14
コメント(1) | コメントを書く
2011.11.06
壺中の天国
倉知淳『壺中の天国』
~角川文庫、2003年~

 倉知淳さんの、ノンシリーズ長編です。
 なお本書は、第1回本格ミステリ大賞受賞作とのことです。
 それでは、内容紹介と感想を。

ーーー
 パートでクリーニングの配達をしている牧村知子は、配達先の方からの依頼を断りきれず、電波塔建設反対の集会に参加した。そこで、不気味なおばさんから渡された書類には、向かいの家から電波で攻撃されているという、奇妙な文章が記されていた…。
 その後、知子の暮らす稲岡市で、殺人事件が発生する。事件の後には、犯人によって、電波などについて書かれた奇怪な文書が何らかのかたちで公表されていく。
 殺人が繰り返されるにつれて、町では厳戒態勢がひかれる。被害者たちをつなぐものは、何も考えられず、人々は不安に陥っていく。
 そんな中、知子は、同級生で、娘の絵画教室の先生でもある棚橋正太郎と、奇怪な文書などについて話を進めていく。
ーーー

 本書については、解説がとても参考になりました。

 まず、目次にて、本書は「家庭諧謔探偵小説」と銘打たれています。

 というのも、本書では、自分の身近な人が事件に巻き込まれたりとか、あるいは探偵が事件に首を突っ込んでいく、というような、オーソドックスなミステリの要素はありません。広い町の中で、動機も、被害者たちの関連も分からず、そして奇怪な文書が表明されるという殺人事件が繰り返され、主人公の家族たちが不安を感じていく…という、とても日常的な設定なのです。そのためか、とてもリアリティのある作品のように感じました。

 一方で、被害者たちを結ぶもの(いわゆるミッシング・リンク)も、動機も、犯人像も、どれもが興味深く、ラストでの謎解きも面白かったです。

 この作品について、解説を書いている村上貴史さんは、伏線の巧さを強調していますが、まさに同感でした。

 ミステリとして面白いのはもちろん、おたくをとても肯定している正太郎さんの価値観が、本書でのもう一つの柱といえるのではないか、と思います。本書のタイトルも、その中で出てきます。自分にとって本当に面白いものが自分では分からず、マスコミのながす流行にふらふら飛びつくよりも、流行に関係なく、自分に本当に面白いと思えるものを追い続ける…私自身も、そういう価値観の方が大切なのでは、と思います。

 筒井康隆さんの『俗物図鑑』を読んでから、さほど間をおかず読んだので、両作品にはある種共通のテーマがあるなぁと感じながら読みました。

 読書は、そのタイミングによって、いろいろ作品に対する印象が変わるのも面白いですね。

 なにはともあれ、面白い作品でした。






Last updated  2011.11.06 21:42:02
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.19

黒崎緑『しゃべくり探偵の四季―ボケ・ホームズとツッコミ・ワトソンの新冒険―』
~創元推理文庫、2002年~

 ボケ・ホームズこと保住君とツッコミ・ワトソンこと和戸君の軽快なやりとりでミステリが楽しめる『しゃべくり探偵』の続編です。本書には、7編の短編が収録されています。
 二人の漫才のような会話だけで構成される物語のほかに、他の人物の一人称スタイルもあって、語り口のバリエーションも楽しめる作品集となっています。
 それでは、簡単にそれぞれの内容紹介と感想を。

ーーー
「保住君の新学期 騒々しい幽霊」
 和戸君の妹が結婚することになった。祖母の家に婚約者と住むことになった妹だが、その家に幽霊が出るという噂がたつ。和戸君も、奇妙な体験をしたのだった。

「保住君の五月病 奇妙なロック歌手」
 バンドをしている和戸君の友達が、不思議な体験をした。お気に入りのギターが盗まれ、その後家の裏のゴミ捨て場で発見された。無事に戻ってきたギターは、心なしかそれ以前より音が良くなっているようだった。

「保住君の夏の思い出1 海の誘い」
 金子の無理なすすめで、ぼくはスキューバダイビングのツアーで沖縄にやってきた。スキューバで組むことになった相方は変わり者だが、インストラクターにぼくは心ひかれていく。ところが、海中のサンゴに彼女の名が刻まれているのを目撃してしまい…。

「保住君の夏の思い出2 高原の輝き」
 友人の金子の無理なすすめで、ぼくはテニス同好会の旅行に参加して上高地にやってきた。近くのコテージにとまっている「お嬢様」にぼくは心ひかれていく。ところが、同好会のメンバーは火の玉を目撃したと言いだし、殺人事件も近くで起きてしまう。そんな中、ぼくは沖縄で出会ったあの男と再会する。

「保住君の秋のお洒落 注文の多い理髪店」
 理髪店にやってきた刑事は、最近起こったヤクザ殺し事件を調べていた。しかしマスターはおしゃべりで、どんどん捜査内容を聞いてくる。そしてマスターは、事件の真相が分かったという学生の説を紹介する。

「保住君の学園祭 戸惑う婚約者」
 学園祭にやってきたわたしは、なぜかギリシア式棺占いというのにひかれ、そのテントに入っていく。わたしは、兄の結婚のことで悩みを打ち明けた。宗教団体に入った兄が、好きでもないような女性と結婚するという。なんとかそれをとめたいというわたしに、占い者は意外にも的確なアドバイスをしてみせる。

「保住君の年の暮れ 怪しいアルバイト」
 探偵社の先輩と後輩が、おでんの屋台にやってきた。後輩は、追っていた女を駅のトイレで見逃してしまったという失敗をしてしまっていた。ところが、実際彼女はトイレで消えてしまったとしか思えない状況だった。
ーーー

 最初の二話が保住君と和戸君の漫才風会話のみで、第3話と第4話が「ぼく」の一人称、第5話は理髪店マスターがひたすらしゃべるというスタイル、第6話は「わたし」の一人称、第7話は探偵社の二人の会話のみという風に、いろんな語り口が楽しめます。
 最終話は特に面白かったです。女性消失の謎と、「あの謎」がこんな風に結びつくなんて…。初出一覧は本編を読んでから見る方が良いですね。
 なにはともあれ、全体的に楽しい1冊でした。

(2010/07/01読了)






Last updated  2010.07.19 08:16:12
コメント(0) | コメントを書く
2010.06.19

北村薫『語り女たち』
~新潮文庫、2007年~

 ふしぎな味わいのショートショートが、17編収録された物語集です。
 北村薫さんの作品を読むのは、久しぶりですが、こちらも味わいながら読みました。

 お金持ちの家に生まれ、空想癖の強い男が、不思議な話を求めて、広告を出しました。それを読んで、いろんな女たちが、彼のもとを訪れ、話をしていきます。まるで、夜ごとに不思議な話を聞いていた、アラビアン・ナイトの王様のような光景が、彼の寝室で繰り広げられるのでした。

 17の話それぞれが味わい深く、興味深く読んだのはもちろんなのですが、挿画もとても素敵です。

 物語のなかでは、「文字」という一編が印象に残りました。単純でいて、決して読めない「文字」― 不思議なお話でした。

 素敵な一冊です。

(2010/05/24読了)






Last updated  2010.06.19 08:15:19
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.10

霧舎巧『名探偵はもういない』
~講談社ノベルス、2006年~

 霧舎巧さんの長編ミステリです。もともと原書房からハードカバーで出版されていて、2006年に講談社でノベルス化された一冊です。
 それでは、簡単な内容紹介と感想を。

ーーー
 自称犯罪学者の木岬研吾に、義弟の敬二は憧れていた。
 吹雪の夜、研吾と敬二は山道を走っていた。あまりに視界が悪くなる中、研吾は記憶を頼りに山奥のペンションにたどり着く。一癖ありそうな客たちが集うペンションの中、機転の利くオーナーのさゆみの優しさに、研吾はひかれていく。
 そして、さらにペンションにやって来た外国人男性。彼は息子とともに来日しているという。二人は、犯罪に関する仕事をしているということだった。研吾は、二人があの二人だと気づき、がぜんライバル心を燃やしていく…。ペンションへの道中での警察とのやりとりやさゆみと話す中で、研吾は犯罪者よりも、犯罪を暴く方に力を向けようと、いつしか考え方が変わってきたのだった。
 そして、ついに事件が起こる。恐喝者として研吾が知っていた女が、何者かに殺害されていたのだった。
ーーー

 数年ぶりの再読です。もともとハードカバー版で読んでいたのですが、例によって内容をすっかり忘れてしまっていたので、新鮮な気持ちで楽しく読むことができました。
 解くべき謎をどんどん見つけていく過程、そしてそれらの謎を解くきれいな筋道が提示される論理的な推理など、本格ミステリの醍醐味が楽しめました。 人物造形にはややステレオタイプ的なものも感じますが、謎解きだけに終わらない人間模様も描かれていて良かったです。
 楽しい読書体験でした。

(2010/04/29読了)






Last updated  2010.05.10 07:10:38
コメント(4) | コメントを書く
2009.12.17

霧舎巧『十二月は聖なる夜の予告殺人 私立霧舎学園ミステリ白書』
~講談社ノベルス、2009年~

 十一月分と同時発売された、霧舎学園シリーズ最新作です。
 それでは、内容紹介と感想を。

ーーー
 クリスマスツリーが飾られたイベントで、久々にステージに立った湯浅アユ。ところが彼女が歌っているところで、上から男が落ちてきて、男が死亡した。現場に居合わせた棚彦たちは、これが<今月の事件>かと予感する。
 一方、人気アイドルの遠波直人のもとに押しかけた蘭堂ひろみは、爆破事件の犯人の疑いをかけられることになる。
 落下事件、爆破事件があり、まるでクリスマスイヴの犯行を予告するようなアドベントカレンダーも、関係者たちに届けられる。教員の脇野にもカードが届けられ、また、学園には爆弾設置騒動も起こる。
 さらに、事件は繰り返され…。
ーーー

 十一月の事件との同時発売ということで、両者には深いつながりがあるのですが、そこはなんとも書きにくいので省略します。つながりの面白さはありましたが、しかし本作も単品で読むと割と「?」だったような…。実は2冊併せて読んでも、私にはピンとこないところもありました。今回は、ざーっと読んでしまったせいもあると思いますが…。
 4月分の事件からざーっと再読したことがありますが(調べたら2007年のことでした。こないだ再読したばかりと思っていたのですが、もう2年も経っているのですね…!)、このシリーズがいよいよラストを迎えるときには、あらためて通して読んでみたいと思えますね。霧舎さんの作品のことです、読めば読むほどいろんな仕掛けや伏線に気づけるはず…。

(2009/12/13読了)






Last updated  2009.12.17 06:56:52
コメント(2) | コメントを書く
2009.12.16

霧舎巧『十一月は天使が舞い降りた見立て殺人 私立霧舎学園ミステリ白書』
~講談社ノベルス、2009年~

 久々の、霧舎学園シリーズです。今回は、十一月の事件と十二月の事件が同時発売ということで、二冊のつながりも密接です。
 では、内容紹介と感想を。

ーーー
 昼休み。噴水そばのベンチでお弁当を食べていた羽月琴葉と八重樫皐月のもとに中込椎奈がやって来て、一悶着あった後、ベンチに臼が落ちてきた。幸い、ベンチから二人は離れていて、無事だったが…。
 学園では、学園祭準備の真っ最中。臼も、学園祭の出し物で使用されるものだった。
   *
 骨折のため入院している頭木保は、中込椎奈の父親が経営する中込医院に転院する。その事務長が、椎奈の母親の失踪事件をほのめかしたが、それは、天使が彼女の母親を連れて行ってしまった、というエピソードだった。
 そして椎奈は、再び天使の羽と、大切な人がいなくなってしまうことをほのめかす言葉が壁に書かれているのを目撃する。
   *
 学園では、奇妙な出来事が続発し、椎奈の髪が切られるという事件も起こる。一方、中込委員では、殺されたと思われる人物が失踪し…。
 今回は、奇妙な出来事が錯綜する。
ーーー

 というんで、読後の感想は「?」でした。
 そもそも、何が事件だったのかが分からないというか、なんというか。
 しかし今回は十二月の事件と同時発売、本書だけでは消化不良の部分も、十二月の事件も併せて読めば(多少は)すっきりすると思います。
 なんとも感想の書きにくい作品でした。
 それにしても、脇野先生の残念っぷりは今回も炸裂していますが、あんなのが教員として続いている私立高校って大丈夫なのでしょうか…? 霧舎学園は、シリーズを読む限り、割と偏差値も高そうな雰囲気なのに。脇野先生は授業がものすごく上手とか…?(とてもそうは思えないですが…)

(2009/12/13読了)






Last updated  2009.12.16 07:01:47
コメント(2) | コメントを書く
2009.11.04

北山猛邦『「瑠璃城」殺人事件』
~講談社ノベルス、2002年~

 北山さんの第二長編です。デビュー作に連なる「城シリーズ」ですが、このシリーズは1作1作独立しています。
 それでは、内容紹介と感想を。

ーーー
 1989年、日本、『最果ての図書館』。余命短い君代は、普段、その図書館で過ごしていた。その彼女にもとに現れた、樹徒は、何度も生まれ変わり、彼女と短剣で殺し合ってきているという。ところが君代は、自分が誰かの生まれ変わりと言われても、前世のことは覚えていないし、その話を信じることもなかった。しかし、たしかにその図書館にも、樹徒が君代を探す手掛かりとした短剣は存在していた。
 そして、ついに殺人事件が起こる…。
   *
 1243年、フランス、『瑠璃城』。
 マリィは、塔で突然に母親が消えてしまった事件について、『マリィのための白の楯騎士団』の一人、レインに相談を持ちかける。塔の、マリィの母親が消えた部屋には、なにか秘密があるらしい。そして、母の失踪の現場に居合わせた父親のジョフロワは、母の失踪について何か知っているはずということも判明する。
 ところが、その秘密を暴こうとしている中で、騎士団の六人が城から消えてしまう。門番は、城からは誰も出ていないと証言し、城のまわりに降り積もった雪にも足跡は残されていなかった。ところが、城から離れた『十字の泉』付近で、首のない六人の騎士の死体が発見されたのだった。
   *
 1916年、ヴェルダンでのフランス軍・ドイツ軍戦の最中。
 少尉=レオンと、看護婦=マリィは、側にいた。レオンは、戦いに参加する中で、奇妙な事件に遭遇する。敵味方問わず、六人の兵士が、頭部をとつぜん失い、さらに地下壕に浮かぶ4つの首なし死体が、レオンが数分目を離したすきに消えてしまったのだった。
 生まれ変わりの連鎖を、レオンたちが断ち切ることはできるのか…。
ーーー

 SF的な設定でありながら、三つの不可解現象(密室で突然出現する短剣、城から消えた母親と六人の騎士、突然消えた四つの死体)を惜しみもなく提示し、そして論理的に解明するあたり、サービス精神豊かな作品だと思います。(文字色反転)…が、この手のトリックはトンデモと紙一重で、本書の謎解きが説得的かどうかは、うーん…と思います(ここまで)。
 そして、せっかく魅力的なテーマ(生まれ変わり)と、上にも書いたような不可能現象を提示しているのに、文体がどうも気になります。地の文が、一文ずつが短くて、「~だった。~した。~だ。~だった」という感じでだらだらと続く印象です。短いからこそ、ふと立ち止まらされるような描写が織り交ぜられてはいるのですが、ひたすら単調な文体というのも…。
 もちろん、わざとの文体なのでしょうけれど、私にはどうもあいませんでした。
 と、やや辛口評価になってしまいましたが、素材は素敵だと思います。

(2009/11/02読了)






Last updated  2009.11.04 06:52:42
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全99件 (99件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 10 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.