340412 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

南フランスで育つミックス双子のおはなし。 - 旧パリ日記

PR

X

Free Space

会社員としてフランスへ。その後フランス人の旦那に出会い、結婚。2012年7月に男女の双子を出産、パリからフランス南西部のトゥールーズに引っ越しました!双子の育児日記、フランスののんびり地方暮らしなども更新していきます☆

Category

Calendar

Archives

2021年10月
2021年09月
2021年08月

Keyword Search

▼キーワード検索

2007年07月15日
XML
カテゴリ:フランス社会
ずっと楽しみにしていたパリのレンタル自転車、Velibがついに今週末からスタート!

Velib = Velo(自転車)+Liberte(自由)

パリ市がスタートさせたレンタル自転車のシステムです。
このシステム、リヨンという別の町ではすでに導入されていて、かなり成功しているもの。

パリ市内750箇所に自転車1万台が止められていて、利用者は年間申し込みまたは1日の利用料をその場で払うことで、自転車を自由に利用できるのです。

レンタル用の施錠システムなんかがついているので、外観はちょっとごっついですが。。。
一応スピード変速機(3段階)もついてます!

Velib4


自転車はこんな感じで止めてあります。
1箇所で20台くらいの駐車スペース。ここは結構借りられていますね。

Velib1

年間パスを持っていない場合は、この機械でカードで払います。
1日券が1ユーロ+後は使用した時間に応じて利用料がカードに請求されます。
(最初の30分は無料、次の30分は1ユーロ、次の30分は2ユーロ、その後は30分ごとに4ユーロ)

Velib3

使った後は、別の場所で返してもOK。

たとえば、うちから地下鉄で5駅先の友達の家に遊びに行くために、家の近所でレンタルして、友達の家の近所のスペースに返却しちゃえばいいんです。


自転車も地下鉄とバスの停留所の近辺、隙間を埋めるような感じで設置されているので、かなりの数があります。

もともとパリ市内の道路には、自転車専用走行道路があったりしたのですが、今回のVeilbローンチにあわせて、自転車専用道路が増えたような気がします。交通標識も自転車用のもの(特に方向を示すもの)がかなり増えて、パリ市の力の入れようが感じられます。

Velib2

とはいっても、パリでは自転車は車道を走らなければいけない&道路のスペースも限られているので、バスやタクシーと同じ路線を走らないといけないこともしょっちゅう。。。

さらに、交通ルールは自動車の交通ルールを遵守しないといけないので、一方通行とかも守らなければいけないのが多少不便ではあるのですが。。。。



とはいっても、このアイデアは最高!
パリは地下鉄もバスも網羅されているほうだとは思いますが、やっぱり待ち時間があったり、事故で遅れたりもするし。マイカー利用者がちょっとでも自転車に移行してくれれば、エコロジーにもなるし。


そういう意味でも自転車はいいですよね。



なにはともあれ、スタート初日の昨日は乗ってる人を結構見かけました。



もちろん私も挑戦!

初日ということで、まだ使えないスペースがあったり、お金を払う機械の使い方が意外と面倒くさかったりしましたが、レンタル成功!

セーヌ川岸も含めて、2時間ほどサイクリングしてきました!
料金システムをちゃんと理解しないまま、カフェで休憩なんかしたので(自転車かりっぱなし)、思ったより高くついてしまいましたが、一度システムを理解してしまえば値段もすごく良心的だと思います。


これでパリジャンも自転車利用者が増えるかな??







Last updated  2007年07月16日 20時23分31秒
コメント(0) | コメントを書く
[フランス社会] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.