344139 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

南フランスで育つミックス双子のおはなし。 - 旧パリ日記

PR

Free Space

会社員としてフランスへ。その後フランス人の旦那に出会い、結婚。2012年7月に男女の双子を出産、パリからフランス南西部のトゥールーズに引っ越しました!双子の育児日記、フランスののんびり地方暮らしなども更新していきます☆

Category

Calendar

Archives

2022年01月
2021年12月
2021年11月

Keyword Search

▼キーワード検索

2009年10月09日
XML

母と行ったパリ観光のおまけ。


微妙に時間の余裕があった最終日前日、母の希望でパリの下水道見学に行ってきました。

何かの映画のシーンで使われていたことがあったようで、行ってみたいとのこと。
そういえば、昔新聞にも載ってたよねー、ということで行ってみました。



「下水道なんかいくの??本当に面白いの??」という半信半疑(というか完全に疑っていた)彼もつれて、下水道見学入り口に到着!

egouts1


開館(?)15分ほど前に到着したのですが、結構待ってる人もいる!
期待できるのかな???

egouts2




というわけで中に入ってみると・・・。



ち、ちがう。
思ってたのと違う。


17世紀とか18世紀とか、昔の下水道の跡をたどれるのかと思っていたのですが、見学コースは思いっきり現代の下水道。
コンクリートだらけ・・・。

egouts3


しかもしかも。
途中で本物の下水が流れているところを通るので、くさい!

egouts4

本当にくさい!!!!

鼻がゆがむ!!!


一番来たがっていた母も、ハンカチで鼻を覆って防御わからん


まじめにくさい!


結局、なるべく早足で見学を終了、出口そばのトイレでしっかり手を洗って、見学終了。



外に出てからも、しばらくにおいが鼻を離れず・・・ショック
鼻がゆがむようとはこういうことなんですね。


ちなみに、見学コース最後にある売店では、鼠のぬいぐるみが売られてました。やっぱりね。


パリ下水道、パリの子供たちの社会見学にはいいかもしれませんが、観光には向いてなかったですわからん







Last updated  2009年10月09日 19時33分37秒
コメント(0) | コメントを書く
[パリ観光やりなおし] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.