000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

南フランスで育つミックス双子のおはなし。 - 旧パリ日記

PR

X

Free Space

会社員としてフランスへ。その後フランス人の旦那に出会い、結婚。2012年7月に男女の双子を出産、パリからフランス南西部のトゥールーズに引っ越しました!双子の育児日記、フランスののんびり地方暮らしなども更新していきます☆

Category

Calendar

Archives

2021年11月
2021年10月
2021年09月

Keyword Search

▼キーワード検索

2012年07月30日
XML

出産をしたネッケー病院から、出産&入院の費用明細が届きました。
フランスは公立病院での出産は無料なので、自己負担はないのですが・・・。

フランスの子供服、オーガニックコットンベビー服はキッズシモ パリで♪


なんと、一人につき8700ユーロ。ざっと80万円です。
我が家の場合は、双子ちゃんだけ別の病院に転院、さらに1週間入院していたので、そちらも1週間で一人7000ユーロちょっと。ざっと70万円。
というわけで、出産込みで一人当たり150万円ほどかかったようです。

ひょーーーーっ。
そんな高いものなのですねほえー

日本だって、出産一時金の40万円(でしたよね?)で自己負担をカバーする人が多いようなので、健保負担を考えると、やっぱり120万円くらいかかっているのでしょうか?
いまさらながら、出産ってお金がかかるのですね・・・。


私の場合、妊娠中の検診もすべて同じ病院だったのですが、その間に請求書が来たのは一度だけ。3000円程度の請求書は保険でカバーされたので、出産には本当に1円もかかりませんでした。

さすが、フランス。
出生率が高い背景には、公立病院なら無料で産めることも貢献してるんだろうなー。

ネッケー病院は小児科で有名な、大学病院的な病院です。
なので普通は障害を持って生まれてきそうな子供とか、お母さんに重い持病がある場合などが優先されるのですが、双子は一応異常妊娠ということで私も受け入れてもらえました。
そういった医療面に期待をして選んだ病院だったので、もちろん病院設備や食事には期待していませんでしたが・・・食事は私の期待を裏切ることなくおいしくなかったのですが、病院スタッフがすごくいいスタッフばかりで、私は非常に満足度の高い出産・産後を過ごすことができました。

それだけいいスタッフがいるから、やっぱり高いのかな・・・。
とはいっても設備は日本の病院と比べるまでもありません。
(サルコジ元大統領夫人のカーラ・ブルーニが出産した高級住宅街のクリニックも、たいした事ないそうです。友達から聞いた話なので、私は行った事ないのですが・・・)
ホテルのような日本の産婦人科を見たら、フランスの医療関係者は相当びっくりするだろうな・・・。

フランスの子供服、オーガニックコットンベビー服はキッズシモ パリで♪






Last updated  2012年07月30日 19時11分43秒
コメント(2) | コメントを書く
[フランスで双子妊娠!] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.