000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ただ目的もなく...

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


metal_clarinet

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:一体これは何なんだ。(05/23) can you buy viagra or cialis without a …
http://viagraky.com/@ Re:一体これは何なんだ。(05/23) viagra v izraile <a href="http…
http://buycialisonla.com/@ Re:鍛高譚(04/14) cialis 20 mg funzionaavodart cialis clo…
藪野直史@ お返事ありがとう御座います 偶然、本日、芥川龍之介「河童」の決定稿…
metal_clarinet@ Re:引用させて頂きました(01/04) 藪野直史さま: サイト拝見しました。詰…
2011年03月16日
XML
カテゴリ:想うこと
英語で恐縮だが、「最悪の事態に備えよ」ということである。

残念ながらこの考え方は日本人には極めて馴染みがないものと思われる。いざ大災害が起こった時(今回の地震のことではない)に慌てふためくことが多いように思われる。

差し当たって予想される問題点は二つ。

一つは誰しも思うように福島第一原子力発電所がどうなるか、ということである。関東方面までCeやIが飛来していると報道されているが、それを考えてみると福島第一原子力発電所ではかなり大きな放射能の漏洩が起こっていると考えられる(これは東京電力の方々を責めるものではない)。Ceが飛んできているということは、少なくとも幾つかの燃料棒の被覆管が溶けているということを示している。

最悪の場合を考えてみると、チェルノブイリ事故ほどの影響は与えないものの、格納容器の破損とそれに伴う放射性物質の放出が憂慮される。とすると、福島第一原子力発電所近辺20~30kmは今後も立ち入り禁止になる可能性がある(絶対なると言っているのではないですよ)。そうなると、今までそこに住んでいた方々を他府県で受け入れなければならない。最悪の場合として、そういう事を想定し、そのためには何が必要か、どこで受け入れるか、ということを考えておかなければならない。また、それらの方々の財産の補償なども考えておかなければならないと思う。

二つ目は、避難所で生活していらっしゃる方々の不満である。

現在はまだ震災があってから数日に過ぎないので比較的被災者の方々も不便を受容していらっしゃるように見受けられる。しかし、この状況が何ヶ月も続けば(確実に続くはずである)、生活必需品が十分に供給されていたとしても被災者の方々の間に相当なストレスや不満が貯まるはずである(阪神淡路大震災の際、実際にそうであった)。

それを納めるにはどうするか。正確な情報(と十分な生活必需品)を的確に被災者の方々に届けることである。マスコミは被災地の状況を報道するよりも被災地の方々に情報を届けることを最優先にしていただきたい。酷な言い方かもしれないが、被災地外の人間は別に被災地の状況を知らなくても生活にかかわりはないが、被災地内にいらっしゃる方々にとっては生存情報や炊き出し、生活必需品配布情報、長期的には復旧情報などが必要である。被災地外に向けてのセンセーショナルな画像やインタビューは全く不要であり、慎むべきであると考える。

他にもあるかもしれないが、今ちょっと思いつかない。

政府やマスコミ各位におかれては、今何が被災者の方々に最も必要で(次いで被災地外の人間に必要で)、また最悪の場合にはどのようなことが起こりうるか、ということに考えを巡らせていただきたい。






最終更新日  2011年03月17日 00時26分26秒
コメント(0) | コメントを書く
[想うこと] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.