000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ただ目的もなく...

PR

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

日常

2011年04月07日
XML
カテゴリ:日常
私としたことが、うっかりFacebook spamに引っかかってしまった。いかにもFacebookからの通知らしくみえたのでリンクをクリックしてみたら、全く違うサイトに飛ばされた。

そもそも友達でない人のコメントだったのにうっかりと気を許してしまったのが第一の間違い。それからFirefoxの場合はリンクにカーソルを当てるとリンク先が表示されるんだけれど、それを確認しなかったのが第二の間違い。

ヘッダの一部を示すと下記の通り:

Return-Path: noreply@netlogmail.com
From: "Facebook"<noreply@netlogmail.com>
X-MSMail-Priority: Normal
X-Mailer: Microsoft Outlook Express 6.00.2600.0000
Message-Id: <20110407114506.CED485CFEB5@b227.blue.fastwebserver.de>
To: undisclosed-recipients:;

Fromが"Facebook"を名乗りながら全く違うe-mail adressであることに注意。また、Facebookからの通知のはずなのにMicrosoft Outlook Expressを使っているはずがない。最後にToがundisclosed-recipientsになっているのが決定的。

# そもそも日本版のFacebookを使ってるのに英語でメッセージが来る時点で気づけよ、って話。

本当のFacebookからのメッセージのヘッダは下記のような感じ:

Return-Path: notification+kr4menwkka4r@facebookmail.com
From: Facebook <notification+kr4menwkka4r@facebookmail.com>
X-Mailer: ZuckMail [version 1.00]
Message-ID: <451ab6a21be1c17a90cdc29a3ae728d0@www.facebook.com>

皆さんもご注意ください。






最終更新日  2011年04月07日 22時12分07秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年01月06日
カテゴリ:日常
先日Coopsに買い物に行った際、エバラ蒸し鍋のたれというのを見かけた。二種類あって、それぞれ「蒸し鍋のたれ バーニャカウダ味」、「蒸し鍋のたれ 韓国味噌味>」という名前がついている。後者は大体想像がついたが、前者は分からなかったのでその場で材料を見てみると、マヨネーズにアンチョビやガーリックで風味をつけたものらしい。とすると、ブイヤベースに添えるアイヨリみたいなものと想像される。

Googleでバーニャカウダを検索すると、結構ヒットした。イタリアのピエモンテ地方の料理らしい(正しくはバーニャ・カウダ[Bagna c?uda]と書くらしい)。Wikipedia日本語版にも記載があるが、書きかけなので英語版の記事が参考になる。

# そういえば、イタリア語で"bagnarsi"というのが「風呂に入る」ことだし、エスペラントでも"bani"が「入浴させる」という意味になるのだった。

いずれにせよ、かなり濃い味でカロリーも高そうなので、買うのは止めておいた(関心はあるけれど)。それにフンドーキン醤油の「柚子こしょう青ぽんず」があるしw。

その横にはキッコーマンの「蒸し鍋のもと」というのが置いてあった。「キッコーマン 野菜が主役 白菜と豚肉の蒸し鍋の素ごま油香る塩味」、「キッコーマン 野菜が主役 もやしと豚肉の蒸し鍋の素あっさり韓国風チゲ味」というもので、素材の上からかけて蒸すためのものらしい。パウチに入っていて一度に使うようなタイプだったので一人で一度に使うのには向かないかなと思って買わなかった。今日見たら20gに小分けしたものが二本入っているものを見かけたので(見間違ってなければ)、そういうタイプのものならば買ってみてもいいかもしれない。上からかけるタイプのものにしては比較的カロリーも低そうだし。

その後日経トレンディネットで「この冬ブレイクする”イエ”鍋は?」という記事を見つけた。上記のエバラ蒸し鍋のたれ、キッコーマンの蒸し鍋、とも紹介されている。

ところで今日Coopsに行ったところ、ミツカンの「鉄板蒸しカレー味」というのを見つけた。ホットプレート上に具材を並べ、蓋をして蒸すタイプだから、キッコーマンと同じタイプといえるかもしれない。しかし、キッコーマンのものより濃度が濃さそうだ。一袋180gと一人で一回に使う量としては多いので、試しては見たいが買わなかった。びんなどに小分けすればいいかもしれないが。

いずれのサイトも単に商品紹介をするだけでなく、それらを使ったレシピなども載せているのは感心した。確かにその商品を買わせるのには有効だろうなと思った。






最終更新日  2011年01月06日 21時55分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年12月07日
カテゴリ:日常
産経新聞のニュースによると、チキンタツタが再復活するらしいですね:

チキンタツタが再度の“復活”、マックが16日から
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091207/biz0912071609018-n1.htm

もう定番メニューにしてしまえばいいのにww。

マクドナルドのハンバーガーはほぼ全て油が強く(しかも悪くて)胸焼けがするので避けるようにしている。というか、体質が変わったのか、ファストフード全般に食指が動かないようになった。以前クォーターパウンダーが出たときには二つ食べたりしたこともあったけれど、いまでは絶対無理だ。

でも、まぁチキンタツタだけはまだ許せると思う。少し前に復活した時もこれだけは食べた。バンズがデニッシュ風で、他のハンバーガーと違うのもいい。

マクドナルドのメニューってのは、世界共通らしいけれど、チキンタツタはそうでない、というような話を聞いたことがある。確かに英語版WikipediaのMcDonald's productsの記事(http://en.wikipedia.org/wiki/McDonald's_products)にはチキンタツタは載っていない。逆にここに載っていて日本では提供されていないメニューもあるけれど。

# 英語版Wikipediaには、McDonald's products (international)(http://en.wikipedia.org/wiki/McDonald%27s_products_%28international%29)って記事もあって、その国でしか提供されていないメニューが紹介されていて面白いw。

チキンタツタが復活する日を少し楽しみにしている。






最終更新日  2009年12月07日 20時31分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年12月06日
カテゴリ:日常
少々旧聞に属しますが、Opera 10.10がリリースされました。

Opera 10.10 の機能:http://jp.opera.com/browser/features/

このリリースノートだけ見ると、Opera Uniteが大きな売りに見えますが、実際には結構重要なセキュリティ上の不具合も修正されてたみたい。

セキュリティホールmemoさんの11/25の記事より:

> Advisory: Heap buffer overflow in string to number conversion
> Advisory: Error messages can leak onto unrelated sites。 CVE-2009-4071
> 詳細未公開のもの。 今のところ、Fixed a moderately severe issue, as reported by Chris Evans of the Google Security Team; details will be disclosed at a later date. と書かれている。 CVE-2009-4072

Opera Uniteを使ったら、常時接続さえしていればファイル共有が簡単になりますね。どこからでも自宅のファイルを参照できるのは便利だけれど、セキュリティ上はどうなのかな。考慮はされているとは思うけれど、その点少々不安だったりするのでOpera Uniteはまだ使ってません。

Opera 10.10になって、動画の表示速度も少し速くなったかな。何しろベースがWin2Kのメモリ256MBという環境なもので(汗。






最終更新日  2009年12月06日 22時32分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年11月08日
カテゴリ:日常
何だかちびっと前に3.5.4がリリースされたような気もするけれど。

モジラ、「Firefox 3.5.5」をリリース--3件のバグに対応
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20403067,00.htm

> この全プラッ何だかちびっと前に3.5.4がリリースされたような気もするけれど。

モジラ、「Firefox 3.5.5」をリリース--3件のバグに対応
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20403067,00.htm

> この全プラットフォーム対象の深刻なバグでは、バージョン3.5.5には搭載されていないGIF
> デコーダーのクラッシュが修正されている。Windows が対象のバグでは、セキュリティトフォーム
> 対象の深刻なバグでは、バージョン3.5.5には搭載されていないGIFデコーダーのクラッシュが
> 修正されている。Windows が対象のバグでは、セキュリティランタイムに関連した問題が修正、
> Macが対象のバグでは、HTMLパーサエラーが修正されている。

とのこと。

ダウンロードはこちらから:
http://mozilla.jp/firefox/3.5.5/releasenotes/






最終更新日  2009年11月08日 16時25分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年09月29日
カテゴリ:日常
アルファルファモザイクより:(オリジナル:窓の杜ニュース

ウイルス対策ソフト“avast!”に脆弱性!!

> 本バージョンでは、同梱の“aswMon2”カーネルドライバーに存在する
> 脆弱性を修正した。脆弱性の内容は、細工されたI/O制御コマンドを
> 送信することで、スタックメモリのオーバーフローが発生するというもの。
> 最悪の場合、権限昇格により“SYSTEM”アカウントを利用した任意コードの
> 実行が可能となる。
>
> そのほか、GZIP形式の圧縮ファイルを解凍する際のメモリリーク問題が
> 修正されている。

Windows2000のマシンでNorton先生のご利益が切れてから(金の切れ目が縁の切れ目)、延長しろ延長しろ(金よこせ金よこせ)と言われ続けていたのですが、少し前からavast! Antivirusを導入してました。

パターンファイルに当たる部分は毎日自動更新してくれるんですが、プログラム本体に当たる部分は手動で更新しなきゃならなくて、上記の記事を知らずに一昨日手動で更新してました。確かに大きな変更らしくて更新に時間がかかりましたねぇ。

でもま、結果オーライでよかったです。






最終更新日  2009年09月29日 22時53分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年12月27日
カテゴリ:日常
別にチキンを食べるとかいったことではありませぬ。G.F.Haendelの"Messiah"を聞くのを忘れてました。

別にchristianではないのですが(なんで「やそきょう」が変換できないんだ!)、13年前にTorontoで教授に連れられて"Messiah"の演奏を聴きに行ったのが印象的だったので、ずっと続けてますた。"Hallelujah!"の時に聴衆のほとんどが起立していたのも印象的だったなぁ。私は初めての経験だったので、頭の中が「??????」な状態でしたが。

# "Messiah"の初演の際、当時のEnglandの王様(George V?)が感動のあまり立って
# しまったのが由来だそうな。日本での"Messiha"の演奏の際には、"Halleluja!"の
# 演奏では起立しないでくださいという表示がされることもあるそうな(合唱畑の
# 人に聞いた)。

今はどうか分かりませんが、私が高校生の頃は高校の音楽会(秋、冬頃に開催)で芸術科目として音楽を専攻している生徒、合唱部の面々は音楽会の最後で"Hallelujah!"を歌うことになってました。オケはおそらくvan Sweeten男爵に依頼されてMozartが編曲したものかな?ClarinetとかTromboneとか、オリジナルでは存在しない楽器が使われてたと記憶してます。

# 私が高校に入学する少し前までは、音楽会はクリスマスに開催されてたようです。

音楽の授業ではC durで練習していたのですが、オケと合わす際にいきなりD durになっていたので困惑した覚えがあります。特に自分はTenorパートだったので、出のEがFisになるとかなり負担が変わるため(まぁ Sopranoの方もそうだったと思うけれど)苦労しますた。ま、譜面としてはin Cで書かれていた方が読みやすいという利点はあったかと思いますが。

そんなこんなで、HellelujaのTenorパート、Bassパートは今でもほぼ覚えてます。今でも譜面を見ずに歌えると思うけれど、流石に音が高いのでTenorは無理かな。

ま、そんな牧歌的な時代もあったということで(今も続いているかもしれないけれど)。






最終更新日  2008年12月27日 22時40分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年12月17日
カテゴリ:日常
先にGoogle Chromeが正式リリースされたことを書きましたが、Opera 9.63Firefox 3.05もリリースされました。

リリースノートによると、Opera 9.63は主にセキュリティアップデートみたい。その他レンダリングエンジンがOpera 10で使用される予定のOpera Presto 2.2が使用されていることからレンダリングの体感速度が向上したのと、Opera Mailがnarrow band環境下でも快適に使えるようになったとかスレッドの抽出・無視ができるようになったとか(以前はできなかったっけ?)。

Firefox 3.05の方は、重大なセキュリティ問題を含むセキュリティ関係の修正、安定性の向上、その他の問題について改善が行われたと。

自宅のノートPCにインストールしてあるブラウザは、Internet Explorer 7.0.5371.11(ほとんど使わない)、Opera 9.63(軽いので規定のブラウザに設定)、Firefox 3.05(メイン使用)、Google Chrome 1.0.154.36(様子見)と4つインストールしてますw。別にサイトの互換性を確認するためなんかではなくて、ただ単にどれが使えるかなぁ(IE以外)ということでいろいろ入れてますが、今のところOperaとFirefoxがあればいいかな?Google Chromeはまだ安定していないし、無駄にディスクアクセスが多過ぎる。

セキュリティアップデートですので、Opera / Firefox使いの方々は是非アップデートを。






最終更新日  2008年12月17日 20時13分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年12月12日
カテゴリ:日常
だそうで。

早速ダウンロードして使ってみたけれど、β版の時と比べるとレンダリングの速度は速くなっている。でもまだちょっと安定していないかなぁ?

# iKnow!のdictationやってるときに何度か固まった。サーバのせいかもしれないけれど...

ま、メインで使ってるのはFirefox 3.04なので、あまり使うことはないと思うけれども、一応成り行きを見守ってみる。






最終更新日  2008年12月12日 23時07分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年12月04日
カテゴリ:日常
ペパーソースというと、一番有名なのはTabascoでしょう。ピザやスパゲティによく使われますけれど、あれはアメリカで発明された食べ方だと聞いたことがあります。

Tabascoというと60ml入りのかなり酢っぱ辛いものを思い浮かべる方が多いと思いますが、McIlheney社1のサイトを見ると、通常のものハバネロガーリック入りハラペーニョ(緑色)チポトレ(スモークフレイバー)スイートフレーバーの6種類あることが分かります。このうち、チポトレとスイートフレーバーはまだ見かけたことがありませんし、味わったこともありません。

また、サイズにしても13.7mlのミニチュア、普通の60ml(2 oz.)のもの、150ml(5 oz.)のもの、350mlのもの(12 oz.)があり、さらに1ガロン(3.78541178L!)瓶いりのものまであります。

# ガロン瓶っていったら、大学の時に実験で使ってた溶媒が入ってた瓶のサイズ...

Tabasco(Normal)のガロン瓶を買って、それを水代わりにして袋ラーメンを作った記録がありますが、「なんとか食べたのが結局麺8本のみ。残りは人類の未来のためにも封印する事にした。」とのこと。しかし、この方はガロン瓶で買ったTabascoの残りをどのように使ってらっしゃるのでしょうか?

Tabascoはまぁ一般的なペパーソースといえるでしょうが、難点は酸っぱいこと。これは唐辛子を酢と岩塩に漬け込んで作るというプロセスのためですけれど、トマトジュースとかピザなどに使うのならばともかく、他の料理に使うとなるとその酸味が料理の味わいに大きく影響するという欠点があります。

そのためにいろいろなペパーソースが販売されてますが、私はMary SharpesのRed habanero pepper sauceのFairly Hot(大辛)を愛用しています。値段は大体500 JPYくらいで、Tabasco Habanero 60mlのと同じくらい。辛味も大体同じくらいだけれど、Mary Sharpesの方が150mlと割安です。

Mary Sharpesでは"Beaware!"(注意!)ってのがあって、Fairly Hotよりも辛いんだけれど、長らく探してました(近場で売っていない)。最近阪急梅田駅の構内にある成城石井で売ってたを見つけたので買いました。見た目はFaiarly Hotよりも赤いし、粘度も高いような感じ。確かに辛いですが、無茶苦茶ということはない。使う量を加減すればいいだけで。

また、別系統ではBlair社のペパーソースがありますが、ヘタレなのでまだ普通の"Death Sauce"しか使ったことはないです。近場に置いてない、ってのもありますが(三宮の東急ハンズには置いてた)。

後は沖縄に行った時に「こーれーぐーす」(唐辛子を泡盛に漬けたもの)くらいかなぁ。ほとんど辛くなかったけれど、これは店によって随分辛さが違うらしいので、違う店に行ったら別の印象を持っていたかもしれない。

その他のペパーソースにどのようなものがあるかとか、それらについてのコメントをご覧になりたい方は、藪不知の辛いもの大全Dr. 涼の激辛ソース編をご参照あれ。読み物としてもなかなか面白く読めます。

ところで、今まで一番辛い(からい・つらい)思いをしたのは15年前に中国・長春で昼食に四川料理(本場物とのこと)を食べたときです。辛いのは辛いんだけれど、おいしいから辛味を感じつつ食べてたら、その夜以降帰国してしばらくの間は水を飲んでも10分後にはトイレに行く羽目になりますた。時折りしも1993年8月15日のこと。長白山賓館(長白山ってのは朝鮮でいう白頭山の中国での呼び名ですな)に帰ってきてトイレにこもってNHKの終戦番組を見てたのを覚えてます...






最終更新日  2008年12月04日 22時13分40秒
コメント(0) | コメントを書く

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.