102782 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ただ目的もなく...

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

Esperanto

2013年10月08日
XML
カテゴリ:Esperanto

エスペラントでは固有名詞もエスペラント化されることが多い。例えばZamenhof自体は姓(Zamenhof)はエスペラント化しなかったものの、自分の名前はLudoviko Lazaroとエスペラント化している。Ludvikoというのは、ドイツ語でいうとLudwigだから、ベートーヴェンはLudoviko von Beethovenになっているかもしれない。

# エスペラントの辞書では、固有名詞がどのようにエスペラントになっているかという対応表が付いているのが通例だと思う。そのように表記するのがいいかどうかはよく分からないが。

F. Baumが書いた「オズの魔法使い」はオリジナルの英語で出版されている他、多数の言語に翻訳されて出版されている。日本語でもハヤカワ文庫でシリーズが出ていたが、現在では残念ながら絶版になっていると思う。おそらく他の出版社からは出ているのではないか。

ある意味当然この「オズの魔法使い」はエスペラントにも翻訳されており、”La sorĉisto de OZ”というタイトルで出版されている。これは確か二年前に読んだ。「ヘンリーおじさん」(Ankle Henry)は、”Onklo Henriko,” 「ドロシー」(Dorotheay)は、”Dorotea”とこれまたエスペラント化されていた。ストーリー自体はよく知っていたし、単語も難しい物は使われていなかったので、すらすら読めた(ただし、一ヶ所だけとんでもないミスプリというか、誤訳がある)。

“Henry”が”Henriko”になるのはエスペラントの結果といえるだろうが、この”Henriko”という名前で別のポーランド人を思い出した。それは、Henryk Mikołaj Górecki(ヘンリク・ミコワイ・グレツキ、1933.12.6 - 2010.11.12)である。

彼の生涯についてはVikipedia(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%84%E3%82%AD)に詳しいが、若いころのアヴァンギャルドな作風、後の古典的な作風(交響曲第三番「悲歌のシンフォニー」など)との対照、”Beatus Vir”を後にヨハネ・パウロ二世となる、枢機卿Karol Józef Wojtyłaのポーランド訪問のために作曲したが故の迫害、古都カトヴィツェでの晩年などを思うと、やはりZamenhofのことを思わずにはいられない。これは絶えず大国からの圧力があったポーランドに住む人々(典型的にはショパン、キュリー夫人など)も含めて地政学的な運命を思わずにはいられない。

個人的には、”Henriko”を”Henry,” “Henri”などの一般名として使うことに対してはいささかの違和感を感じなくはない。しかし、逆にポーランドの人は誇りを持って”Henriko”を名乗って欲しいと思っている。






最終更新日  2013年10月08日 22時17分21秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年07月31日
カテゴリ:Esperanto
Kiam mi eklernis la anglan lingvon en la 1a jaro de mezlernejo, (kiam mi estis 12 jaraĝa) mi tute ne komprenis la ideon pri "li" (he) kaj "ŝi" (she), ĉar la japana lingvo, kiun ni uzas ĉiutage, ne havas tiajn ideojn. Tio povas ŝajni strange al okcidentanoj.

Certe en la japana ekzistas "彼" ("kare" elparolata en la japana) kaj "彼女" ("kanoĵo" elparolata en la japana), sed tiuj vortoj originale signifas "tiu viro"-n kaj "tiu virino"-n, devenante de malnova japana lingvo.

Post kiam la feŭdisma japano finiĝis kaj la nova Mejĵi epoko komenciĝis, multaj novaj vortoj kaj ideoj enfluis en Japanion el eŭropo. Multaj japanaj filozofoj kaj verkistoj klopodadis tion, kiel importi tiajn ideojn kaj vortojn en la modernan japanan lingvon. Mi pensas, ke la ideo, "li" kaj "ŝi" devas esti ekzemploj de tiaj vortoj. Devas esti, ke filozofoj kaj verkistoj citis vortojn el la malnovan japanan lingvon, kaj vestis novan vestaĵojn al tiuj vortoj, mi pensas.

Estas interese, ke kelkaj vortoj el tiaj vortoj estis eksportitaj al Ĉinio kaj aliaj aziaj landoj; ekzemple "popolo" kiel "人民", "respubliko" kiel "共和国," ktp. Mi volas scii, ĉu ĉinoj kaj aliaj azianoj scias tion.






最終更新日  2013年08月01日 02時34分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月26日
カテゴリ:Esperanto
Hodiaŭ estas la 126a datreveno de Esperanto, nome la 126a tago kiam la unua libro skribita en Esperanto estis publikigita.

En tia memorinda tago, mi finlegos "Raporto el Japanio 16," verkitan de s-ro Hori Jasuo, kiun libron mi prenas kiel legolibron. Ĉirkaŭ 20 paĝoj restas, do mi povos finlegi la libron.

Mi havas dekkelkajn librojn, kiujn mi ankoraŭ ne legas, aliflanke mi volas havigi al mi aliajn librojn.

Mi volas plibonigi mian kapablon pri Esperanto.(speciale pri aŭskultado kaj parolado) En ĉi tiu oktobro, okazos la 100a Japana Kongreso de Esperanto. Tiam mi interparolos bone kun aliaj esperantistoj, mi volas.






最終更新日  2013年07月26日 20時14分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年02月18日
カテゴリ:Esperanto
原民喜に「原爆小景」という詩集があって、それに林光が曲を付けている。ってことは多くの人が知っていると思う。

# 「原爆小景」の全文は、青空文庫で読めます。

林光は必ずしも全ての詩に曲を付けている訳ではないし、曲順も詩集のままではない。その点ではまぁ自由な取り扱いをしている訳です。

日本のエスペラント界は昔結構左翼的なところがあって、反戦とか反核運動などしてたことがある。その関係で「きけ、わだつみの声」のエスペラント訳があったりするけれど、おそらくこの「原爆小景」も訳されていると思う。

それにも関わらず新しい訳を出してみるのは、林光の「原爆小景」の旋律で歌えるものがあればいいな、という思いからでもある。林光「原爆小景」の譜面(確か全音楽譜出版社のものだったか)には巻末に英語訳が載っている。でもその訳では歌えない。ということは、実用にならないということだ(極端な言い方かもしれないけれど)。E訳では、既に作曲された旋律に付けて歌えるように考えてみた。

前書きが長いですが、これはエスペラントの慣わしらしいのでww、お許しください。

さて、本文と翻訳:

水ヲ下サイ

水ヲ下サイ
アア 水ヲ下サイ
ノマシテ下サイ
死ンダハウガ マシデ
死ンダハウガ
アア
タスケテ タスケテ
水ヲ
水ヲ
ドウカ
ドナタカ
 オーオーオーオー
 オーオーオーオー

天ガ裂ケ
街ガ無クナリ
川ガ
ナガレテヰル
 オーオーオーオー
 オーオーオーオー

Donu akvon al mi

Donu akvon al mi
Ho, donu akvon al mi
Bonvolu trinkigi gxin al mi
Bone pli ol vivi
Pli ol vivi
Ho...
Helpu min, helpu min
Akvo,
Akvon
Bonvole
Kiu ajn
Ho...
Ho...

La cxielo sxiris
La urbo perdigxis
Rivero
Fluadas.

Ho...
Ho...

YouTubeにもいくらか動画が上がってますが、これがいいかな?映像がちょっとうざいけど。

個人的には岩城宏之指揮/東京混声合唱団のが一番気に入ってます(まぁ定番?)。






最終更新日  2011年02月18日 23時15分23秒
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.