2008年04月14日

鍛高譚

(1)
カテゴリ:日常
鍛高譚っていう紫蘇焼酎がありますよね。今飲んでるけどw。アルコール20度ってこともあって飲みやすい(というか、少々物足らないでもない)。

楽天で購入したら、グラスが付いてきた。近くのスーパーでも焼酎自体は売ってるけれど、グラスが付いているのは見たことないなぁ。期間限定なのかな?

で、グラスに「鍛高譚」と書かれてるのと、何か魚みたいなのが描かれてる(書かれているというよりは、すりガラスの部分にそういう文字なり絵が浮かぶようになってる)。ボトルのラベルの部分を見ても、何やら魚らしいものが描かれてますね。

「鍛高譚」ってのは文字通りに解釈すれば鍛高のお話ってことになるけど、実際店でこれを買うと由来が書いた紙が付いてくる。タンタカという海の底に住んでいる魚が濁った海をきれいにするために川を遡って紫蘇を取りに行ったという話。

で、ちょっと調べてみたら、タンタカってのはアイヌ語ではカレイの仲間を意味するらしい。で、上記の話も伝説らしい。このページの解説によると、実際に伝説を裏付けるようにタンタカ山にカレイの化石が見つかっているそうだ。なるほど。

いろいろ調べてみたら、神戸三宮の東門街の北の方にその名もずばり「鍛高譚l」っていう焼酎・泡盛専門店があるみたい。あまり遅くまでは飲めないけれど、今度一度行ってみようか。





TWITTER

最終更新日  2008年04月15日 02時23分33秒
コメント(1) | コメントを書く
[日常] カテゴリの最新記事