1536308 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

GSX-R1000 VTR1000F ファイアーストーム ツーリング & 日記帳

PR

X

全2847件 (2847件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.11.28
XML
カテゴリ:GSX-R1000・電装系
 今日は11月最後の週末。残ってる最後の11月の恵方参りが嫁さんと自分で、それぞれ微妙に方位が違います。一度に廻れないこともない?けど、下の子が最近長距離ドライブを嫌がります。
 じゃあ、ってことで、家族が起きる前に自分の分のお参りを済ませることに。
 今朝は寒かった、ってのもあるけど、クルマで。ひとりで行くならせっかくショップから借りたニンジャで散歩しようと思ったけど、行先にはどうも駐輪場がなさそう。ということでまたまた早朝ドライブです。
 7時に到着。いつも混み混みの印象だけど、さすがにまだクルマもまばら。黄色い紅葉がきれい。
 まばら、といっても、7時でも逆に来る人はいます。さすがメッカ。お参りは早朝が吉でしょう。今日も熱田神宮にしました。
 昨日、ここ数か月調整してきたことをいよいよ開始してみました。
 結果、凶と出るか、凶と出るか・・・。懇ろにお願い。
 帰ってきてひとり朝食。基本的に日曜日は10時くらいまで誰も起きてこないので静かです。昨日、ショップからGSXの修理が終わりましたー、と連絡がありました。
 原因はカプラの端子の接触不良。かなり真っ黒だったみたいです。ギボシ接続にしたらあっさり直ったとのことだから、ピインポイントにそこが問題だったと思ってよいかと。修理費用はだからそんな高くなくて4,400円。自分で突き止めればギボシ化くらいなら0円だけど、プロの方が、そういえばここは?とか幅広くチェックしてもらえそう。
 カプラの所々がギボシ接続になって、キメラ化が進むのが何とも・・・。引き取りはいつでもいいようだったので、忙しい土曜はやめて今日の昼前に引き取りに行くことにしました。
 エンジン始動。
 250だけど小気味いい排気脈動。
 ショップに向かいます。一応給油。1リットルくらい入りました。
 もうすっかり慣れました。ローの出だしは力強いです。非力感はないけど、ギアは低速に振ってある?エンジンは7千くらいまでは気持ちよく回ります。それ以上引っ張ってないけど。
 タコは見ず、引っ張って、引っ張って、順次シフトアップ。これがなかなか気持ちいい。250は使いきれる感じで、これはこれで乗りやすい感じかも。
 ハンドリングは素直。癖もなくて乗りやすい。
 ただ、やっぱりもっと軽やかに伸びてほしいので、排気系を社外品に換えて、内圧コントロールバルブとか装着して、ツインのネガを目立たなくしたら、もっとナチュラルな乗り味になりそうです。
 自分ならどういじろうかな、と考えている間に、ショップに到着。
 いつも説明してくれる工場長さんは電話応対中だったので、別のスタッフさんと会計。不具合箇所、内容、処置は昨日聞いてあったので、ほんと会計だけ済ませてショップを出ました。
 毎度、ショップ整備直後のマシンに乗ると感じるんですが、車高が高くなってる?足つき性は確実に入庫前より悪くなって、ケツが高い前傾を強く感じます。パンパンに空気を入れてるんだろうか。
 クラッチレバーの位置が微妙に変わってるような・・・。
 人間の体の順応性は不思議。ほんの少しニンジャに乗ってただけで、長く乗ってたはずの自分のマシンに違和感を感じます。
 ショップと家はそんなに離れてないので、給油だけして、あっという間に到着。
 バイクカバーをかぶせてしまう前に、キーをオンにしてヘッドライトを確認。
 お、ちゃんと点灯しています。
 前回入庫させる前に各所に来ている電圧を測っているので、どれだけ改善されたかもう一度テスタで確認してみたいけど・・・、今日は中断。すぐに嫁さんの恵方に出発しないといけない時間なので。
 羽咋ツーリングから戻ったとき、満タンにしてるし、ショップとの往復で10キロちょっと走っただけだけど、1.6リットル給油できました。やっぱり放置してるだけでも減るもん?
 タンクの空間も満たして、久しぶりの冬ごもり準備。もうタンク内の錆は勘弁です。
 午後は高速で目的地まで往復。東海環状を北上したけど山々は黄金色。単色傾向で錦、という感じはなかったけどすっかり秋です。神社には最後の?七五三の家族連れの姿も。
 帰宅して、バイク用のウェストバックからあるものを取り出し。
 ショップの整備士さんからもらった、焼けたカプラ内の端子。実物はこの写真より黒い感じです。
 酸化なのか、スパークの焼損跡なのか。
 カプラは脱着は楽だけど、所詮、金属同士の数か所の点接触。スパーク、エンジンをかけるたびに飛んでいそう。だんだん汚れたり、錆びたりすると抵抗になって、発熱。劣化の悪循環になりそうです。
 今回はたまたま、カプラ内のヘッドライトの端子が死んだけど、他のところも劣化は進んでるはず。次はどの端子が逝くのか。大きな電流が流れるヘッドライト端子が厳しそうではあります。
 こういうのを見るとメインハーネスとか丸ごと換えたくなりますが、廃番・・・。
 とりあえず、ギボシ端子をつないで、その抵抗値を測ってみたら0.6オーム。
 じゃあ、問題の真っ黒端子をはめて抵抗を測ってみます。
 おっ、一瞬10数オームってのが見えたけど、だんだん下がって、1オームで収束。
 ギボシよりは倍近い抵抗値。でもこの程度だったらさすがに、ハイビームのインジケーターランプくらいは点いても良さそう。カプラも抜いて差し直したら接触位置は変わるので導通してしまいそうではあります。絶縁状態を再現するのは難しいかも。
 そういえば、経験上、iPhoneのライトニングケーブルは結構簡単に接触不良に。見ると極が黒くなって無くなっていることがしばしば。その部位を調べるとやっぱりPWR。
 カプラというか、コネクタにはこの手のトラブルが付きまといそう。都度抜き差しする用途ならそれがクリーニングになるのかもだけど、差しっぱなしは・・・。
 ひとまず直ったので、今回の修理でヘッドライトへの供給電圧がどのくらいに戻ったかは、後日測定してみようと思います。

banner.gif







最終更新日  2021.11.28 21:30:56
コメント(0) | コメントを書く


2021.11.24
カテゴリ:GSX-R1000・電装系
 ヘッドライトが点かなくなって、入院中のGSX。まだショップから連絡なし。すぐ乗る予定はないけど、簡単に直らないかもなー、と心配フラグが立ちます。なにしろ車齢がキテルので、錆、焼損とかありそうです。
 自分のGSXは電装系が弱ってます。持病、というか車齢なりの劣化が進んでます。
 何回かヘッドライトが点かない、なんてトラブルに見舞われました。電気周りが弱ってるなー、と痛感したのは、はじめて電圧計をメーター周りに設置したとき、電源取り出しをズボラして、ヘッドライトコネクターから取り出しました。そうしたら10Vいかないという、見事な劣化ぶりを示してくれました。VTRはちゃんと13Vくらい示していたと記憶しています。
 そのころから時間とお金があったらやりたいと思ってた、根本対策。
 メインハーネスの交換。もちろん新品へ。
 労力は計り知れないけど、効果も計り知れない?
 とりあえず、純正部品のハーネスの値段を調べると・・・、
 うっ・・・、廃番。
 車種専用性が高いメインハーネス。さすがに製作予定もなく、欠品じゃなくて廃番。
 中古ハーネスならまだまだオークションとかフリマに落ちてるけど、リフレッシュを目的にするなら中古じゃあ意味のない部品。
 サードパーティー製のリプレイスハーネスも昔は見かけたけど、今は1件ヒットするのみ。これも消えていくのかな。
 中古で買って、錆び取り、防錆液みたいなのに浸してリフレッシュ可能、とかなら中古でもいいけど、違うトラブルに遭いそうです。
 安くはないけど、すでに買えないとわかるとなんだか後悔。
 まあね、It happens.
 しばらくショップから連絡が来なかったら、夜、ニンジャで散歩に行ってみようかな、と。
 250ccなので夜のエンジン掛けも静かなはず。急に冬っぽいけど、楽しそうなところがあったら、無料レンタル?バイクなので遊んでみます。

banner.gif







最終更新日  2021.11.24 22:15:57
コメント(2) | コメントを書く
2021.11.21
カテゴリ:GSX-R1000・電装系
 不意に家にニンジャ。きれいなブルーです。
 いや、今日はGSXでツーリングに行くはずでした。
 正確には出発しようとしました。早く帰ってこないといけなかったので、5時過ぎにバイクを出しました。まだ空には月が浮かんでます。幸い、そんな寒くない感じ。
 エンジン始動。暖機します。ここで気になったこと。周りが暗い、いつもより暗い・・・。
 前に回り込むと、ヘッドライトが点いてない!
 あー、昨日は気づかなかった。夕方と言ってもまだ明るかったし、タイヤに空気を入れることだけ考えていました。無灯火で暗闇を走るのは怖いし、明るくなるまで待ってたら、交通量も増えるし、デイライト導入以降のバイクの灯火規制ってよくわからないし??そんなんで警察に捕まっても嫌、というかムダ。
 もう一度寝ようかな、と思ったけどせっかく早起きしたので、クルマで恵方参りに切り替え。バイクだったら恵那、木曽路方面を考えていたけど、クルマにしたので近場に変更です。
 行先は、松平東照宮に設定。
 ここに急遽変えたのは、近いってのもあったけど、最近嫁さんが、夢でこの神社を見たから。行くなら嫁さんが来るべきなんだろけど、たまたま今回の自分の方位上の神社なので、何かの縁かも、ってことでチョイスです。おめぇーじゃねーんだよ、って気もしますが便乗。
 そんな遠くないし、道も混んでないので日の出前に到着。まだ薄暗いです。
 街灯も点いていて、雰囲気はあります。明るかったら、見頃の紅葉もさぞ映えたことでしょう。
 薄暗い神社、境内は・・・、雰囲気ありすぎ。ちょっと、近寄るのが躊躇われる感じ?自分が禍々しいってこと??やっぱ、呼ばれてねーんだわ、きっと。家康も生まれたときに使われた、松平家産湯の井戸がある神社。オリジン。
 だーれもいないので、懇ろにお願い、お願い・・・。
 バイク、直りますようにー。
 7時には帰宅。外が暖かくなってきたので、さっそくGSXのライト周りを確認開始。まずはライトのヒューズを確認。ハイ、ローともOK。目視、テスターともに問題なさそう。
 じゃあ、バルブか?
 これも目視、テスタとも問題なし。嫌な感じ・・・。だいたい両目点かないのは変。バルブではない気はします。一応チェック。
 となると、どこかで断線してるのかも。ヒューズを抜いた端子間電圧。
 えっ、まさかの低電圧。低すぎる・・・。以前もライトが点かなかったことがあるけど、そのときはヒューズが焼け気味でした。ヒューズを交換したら点灯するようになったし、ここには12V以上きてました。これは嫌な予感。
 そもそもヘッドライトのコネクタには電気は来てるのかー。
 H4コネクターにテスタを当ててみます。
 ゼロ!
 H4コネクタのどこがアースで、どこがハイ、ローの組み合わせか忘れたので、総当たりでテスタを当ててみたけど感度なし。どこか断線等してる可能性が濃厚です。
 これ以上自分で調べるのはスマートじゃないと判断。ショップに見てもらうのが確実そう。
 ショップに連絡。
 今日はスケジュールがびっしりで持ち込みで特急修理、調査はできないようでした。自分もすぐには直らない気はしてるので、とりあえずしばらく入庫させることに。幸い代車はあるようだったので、昼前に持ち込む予約をしました。
 早く持って行くことだけ考えてたけど、ショップに持って行くなら痛い装具を外してノーマルに戻さないといけないことに気づきました。
 痛い装具は電圧計とサイレンサー。
 やる???
 まー、やるかー。クイックに電圧計を外して、サイレンサーの交換も。
 ノーマルサイレンサーに戻しました。次の車検時には戻さないといけないと思ってたので、いいきっかけではあります。
 そのままショップへ。無事、警察に停められず到着。
 いつもの工場長さんが出てきてくれて、ささっと症状を現認してくれました。ホーン含め、そのほかの灯火類はよさそう。自分は気づかなかったけど、ハイにしても、メーターの青いハイビームインジケーターランプは点きませんでした。これはどこから壊れてるかの切り分け情報にはなりそうです。
 工場長さんも、以前、それこそ納車直後にライトが死んで修理したことを覚えていました。その時はコネクターが焼けていたのでギボシ接続にしてもらいました。今回もそのあたりかもなー、と。
 今すごく忙しいようで、いずれいろいろ調べないといけないので2,3週間預かることになるかもー、とのことでしたが、まあお任せするしかないです。
 古いバイクだし、こんなことはIt happens.
 このあと運ばれきた代車がニンジャでした。スクーターを想像していたので、テンションあがる、あがる!
 でもスタートでエンストしそうに。クラッチミートが近すぎ。初めて乗るマシンなので、出足の感じが不明。探りながらクラッチミート。アクセル先行気味にしないと進まない感じです。
 恐る恐る合流して、すぐ目の前の左折交差点にー、届かない!いつもは1速で引っ張って、青ならクラッチを切って交差点出口で2速につなぐ感じだけど、すでに3速にしてました。
 まだまだマシンとコミュニケーションが取れないけど、だんだん分かってきた。ギアは特に意識しなくても回転が落ちることなくスパスパつながるのは小気味いいです。ただ、チェンジペダルのストロークは大きい気がします。蹴り上げるのに違和感。
 ハイブリッド車の出足について、60巡航までもっていくと、都合ぶん回すことに。常用で6,7千回転。これはツインだった?それとノーマルマフラーの特性か、振動は感じないけどやっぱり高回転型ではないフィールです。
 フィールというならポジションはかなり殿様のり。見かけこそセパハンだけど、かなり楽ちん。足つき性は言うことなし。かかとまでべた付きです。
 Anyway、想像以上に面白い代車を借りれたけど、まー、これで遠くにツーリングという訳にもいかないので、お飾りに。
 ツーリングに行けなくなったけど、神様がブログ更新ネタをくれたのかな。いえ、更新できないのはネタ切れというより、公私ちょいと忙しすぎるってだけです。持病のライト周りの不具合、騙しだましの修理じゃなくて、パーツ交換とかで可能な限り刷新してもらいたいところです。

banner.gif







最終更新日  2021.11.21 16:58:21
コメント(2) | コメントを書く
2021.11.20
カテゴリ:GSX-R1000
 明日は夕方から雨。午前中はまだ晴れそうなので、計画通りツーリング、というか散歩に出かけることに。その準備だけしておきます。
 羽咋ツーリングからもどって、エンジンに火を入れていないのでエンジン始動。出発前にバッテリー上がりとかドタバタしたくないので確認です。問題なくすんなり始動。久しぶりに目に染みる排気ガスがいい香り。
 最近流行りのSDGsとかカーボンニュートラルとかの切り口で見ると、大型バイクなんてヒールの象徴。
 空飛ぶバイクとかアップされてたけど、電動しかり、トルク変動のないパワートレインを積んだ乗り物って、スポーツ性皆無に思います。ただのコミューター。さて、こんな楽しい乗り物、いつまで乗れるのかな、と寂しくなります。
 ワイヤー伝達とか油圧機器とかアナログなコクピット。いつも通りのFI警告灯点灯。デバイスは動いていそうなので、ちょっと試したい対処方法はあるけどGWとか樹脂類が柔らかい頃に試してみます。今だと力が要りそうなところに目を付けてますが、多分直らないんだろうな・・・。再始動すると消えるので、ほんとのトラブルじゃない気もしてます。
 次に空気圧チェック。
 1月放置で1割くらい下がってたので補充。初冬の外気に変わってきたから、とかならいいけど、以前タイヤを持ち込みで替えてもらったとき、ホイールのリムが錆びてところがあるのでスローパンクとかに気をつけてください、って言われました。エアーバルブとかもそうそう換えるところじゃないので、次のタイヤ交換時には交換してもらいたい。覚えていればー。
 空気圧はOK。行先は、あんまりいいところがないので、近場にします。最近、土日いろいろやらないといけないことがあって、時間が・・・。明日も午後は片づけたい用事が。なかなかエネルギーを使うテーマ。そういうのも万難回避したいので、恵方ツーリング。まあ、神頼みも何も、こういうのは自分へコミットする儀式ではあります。じゃあ、あそこに。なかなか寒そうではあります。紅葉も少しは見れたらいいな、と思います。

banner.gif







最終更新日  2021.11.20 20:34:07
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.15
 今度の日曜日に、日帰りだけど北東方面に開運ツーリングに出かけようと思ってました。この前の白馬ツーリングではR19号で木曽方面を走ったので、そっち方面はパス。
 じゃあ、あっちにしようと、とある場所を決めてました。
 11月は峠付近でゲリラ雪にやられた記憶があるので、ちょっと心配してました。目指す場所は標高1900mほど。お昼時に通過すればなんとかなるかなー、と念のため調べてみたら、
 うぉー・・・、タッチの差で冬期閉鎖になってしまいました。
 まあ、12日早朝は積雪した、って書いてあったから、もう冬なんでしょうね。もっと標高の低い木曽見茶屋でも11月14日にツーリングに行って雪にやられました。
イラスト1
 それより高い標高にアプローチするのはさすがに。
 ふぅ・・・。
 他に考えていたルートも、道路陥没工事中で来年まで通行止め。ここも縁がないルート。走れるのはいつになることやら。下手な山間ルートには紅葉を見に来たクルマが多そうだし。
 リベンジで、あるスポットを再訪するか・・・。知らぬ間に機会を逸してたのが悔やまれます。

banner.gif







最終更新日  2021.11.15 21:32:48
コメント(2) | コメントを書く
2021.11.14
カテゴリ:英語
 今年の初めに、NHKの番組だったかな、それを見て知ったのがフィリピンのシャリース・ペンペンコ。幼いころから歌のコンテストに参加し、その賞金で家計を助けていたそうですが、その歌唱力をひっさげ、アメリカの歌番みたいなのに参加したときのYouTubeが下。

 これが・・・、その歌唱力に度肝を抜かれました。とてもこの小さな身体から、とは信じられないほどの声量。
 圧巻・・・。
 ホイットニーのI Have Nothingを歌う、歌う、しびれるー。番組をみてマジで開いた口がふさがらなかったのを覚えています。
 番組でシャリースが取り上げられたのは、その歌唱力ではなくて、性の多様性についての認識を深めるためだと思います。この辺りは、別途ネットで調べていただけるといろいろお分かりいただけると思うので、割愛。
 当人のインタビューからだと、このYouTubeのころのシャリースはまだ深い葛藤以前のころと思います。ぐー、15歳って書いてる。脱帽です。後半の番組ホストとの会話は、ほんと素直な心情が聞いて取れるいいシーンです。
 それで、久しぶりに本家、ホイットニー・ヒューストンの出てるボディガードが観たくなって、レンタルしてみました。


 これを観るのは二十数年ぶりかも。DVDなんてもんじゃなくて、LDを持ってました。
 すっかり忘れてるかと思ったけど、意外に細部まで覚えていることに驚き。まあ、王道のストーリーで各所裏切られることなく楽しめました。30年近く前の映画だけど、そんな古臭くなかったです。
 今日はもう1作借りてるので、それも楽しんでみようかな、と。多分サスペンスものです。集中してみるとは思わないので、観ながら来週のツーリングの行先でも検討しようかな、と。紅葉渋滞も嫌だし、なかなか日帰りだと難しいです。

banner.gif







最終更新日  2021.11.14 20:02:35
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.13
 10月末に吉良のビーチに家族でドライブで寄ったとき、海をみて下の子にポツリと言った、
「あの辺に見えてる島に行けるんだよ。」
 ってことから、晴れたら行ってみよう、ということになっていた島渡りに急遽行ってきました。
 といっても土曜日は、自分は午後から英語なので昼過ぎには家に戻ってないといけません。土曜日の朝は自分も子供も朝寝を楽しみたいですが・・・、下の子を早起きさせて船乗り場までスクランブルしました。早起きと言っても、学校に行くよりは遅いんですが。9時半の便をねらって乗り場に到着です。11月一番の冷え込みで、しかも早朝。寒い。
 それでも乗り場は盛況。土曜日はこんなものなのか、コロナの谷間で国内スポットに目が行ってるからなのか。9時半の便なのに次から次へとお客が来ます。
 大人往復1枚、小学生往復1枚でちょうど2500円です。
 待合にあったツアーガイドをひとつもらいます。乗船を待つ間、下の子は地図で行き場所を検討中。ひとつ見つけたようです。
 アートで有名な島ですが、そういうのはまだ興味ないようです。
 9時半少し前、乗船開始です。
 定刻で離岸。思えば下の子は初の乗船。島に行くよ、ってしか言ってないので、港に行くのも船に乗るのも思ってなかったはず。ぶっつけ本番、いい刺激です。
 海は穏やかで、ちょっと心配だった船酔いとかも大丈夫でした。外洋とかじゃないけど、船自体が初めてなので。
 20分ちょっとの乗船で佐久島西港に到着です。前に来たのはもう7年前です。
 ここで地図を確認。多くの人が自転車をレンタル。でも、思えばまだ自転車を教えてない下の子は乗れないので哀愁です。
 まあ、奥を巡らなければ徒歩で十分なはず。
 下の子が目指すのは、野良猫が寝ている絵が描かれている原っぱ。
(あちこちで寝てる、ってだけで、この挿絵のところに集まってるわけじゃないと思うけど・・・。)
 そうは思うけど、そんなことを言っても無粋なので二人で行ってみます。島内には至るところに看板があって、情報は豊富だけどそもそも道が入り組んでいて迷いがち。島全体が迷路っぽくて楽しくはあります。
 野良猫の絵が描いてあった方面に歩いていったら、下の子がなにか見つけました。
 逆光で見えないけど・・・、何か近づいてくる・・・。
 キャットでした。
 まだ小さいので生後数か月くらい?自分たちのそばで座ったので、相当人なれしてそうです。それかただ蓄熱中なのか。
 基本的に自然が多い島。道路の1歩脇は原野、原生林っぽい感じで、どこかトロピカルな感じがします。咲いてる花もちょっと近所じゃみかけないテイストです。
 あいかわらずおひるねハウスは人気です。
 おひるねハウスは行き止まりなので、もう一度西港乗り場に戻ります。途中、さっきのキャットが観光客のお姉さんたちに囲まれて、かわいがられてました。キャット冥利に尽きるでしょう。西港の待合室に戻って、下の子とおやつでエナジー補給。来る前にコンビニで買ったポテトが旨い!
 徒歩なので湾をぐるっと回って東港に行くことにします。
 お腹も少し落ち着いたので、フラワーロードを通って東へ移動します。
 途中、アメリカンなスクールバス。下の子が大好きなスクールバスなので寄りたそうだったけど、まだ開店準備中みたいでした。カフェっぽいです。白い砂地、青い空。どこかアメリカの砂漠っぽい。
 もう少し進むと、目の前の自転車に乗った女性が停まって、脇に入って行きました。なにかある?後ろについていってみると、ヤギ。
 これには下の子も喜んだけど、畜舎臭。
 名前もある。でも、見分けがつかないなー。のんびりが語源??
 ここでやっと内海が見えました。快晴、穏やかな海です。
 そんな付近にレア情報。
 484日の漂流は長すぎ!水とかどうやって確保したのかー。いつ頃の人?Wikiで調べごたえがありそうなネタ、ありがとうです。
 島内のアート作品でパチリ。前に来た時もあった気がするけど、3年ほど前に再築されたみたい。やっぱり傷むんでしょうか。インディゴブルーの空と白のコントラストが美しいです。
 ここでゴールの東港に到着。まだ時間があるので、さらに奥に。東港で買ったアイスを食べながら進んでいくと、急に下の子がストップ。
 ショウリョウバッタ?
 前は虫が大嫌いだったのに、今ではバッタが飼いたいみたいです。10月も公園で虫探しをしたんですが、コオロギ?しか見つけられませんでした。11月でまだ生きているバッタを見つけることができて、ラッキー、大喜びでした。
 ・・・。どうみてもロボット。エイリアンです。
 その奥にもオブジェ。秘密基地、アポロって言うらしいです。ここで写真を撮っていたら、奥からスーツ姿の男性が??さすがにこの場所でネクタイって、と思ったら、後ろからドレス姿の女性も。あれか、結婚式の前撮りっぽい。カメラマン2人も続いてたので多分そうでしょう。この島のこの辺りは恋人たちの聖地みたいな看板がちらほら。
 ウロウロしていたら12時近く。思ったより時間が経ってました。12時半の船で帰る予定だから、ここで昼ご飯を食べてる余裕がなくなりました。下の子もご飯よりは帰りたいらしいので、急いで東港に戻りました。
 乗り場でラスト放尿。
 ふぅ・・・。ひと息。
 待合のしのまり、いいねぇ・・・。
 もう船は待機中。定員になり次第、出航時刻を待たずに臨時便として出航してくれるらしいアナウンス。急いで列に並んだら、定刻10分前に満員となって出航となりました。
 なにしろ満員なので、西港に寄らずに対岸の一色港に直行となりました。これは予想外の時短。ラッキーでした。静かになった隣をみると、下の子は上を向いて爆睡。
 2時間以上歩いたから、相当疲れたんじゃないかな。
 自分も後半10分は寝てました。いやー、自分も疲れた、疲れた。2時前には家に着いたので少し仮眠。それでもこのあと英語とか・・・。
 ラストひと仕事は疲れましたが、午前中にしっかりアドベンチャーしてきました。なんだかんだコロナのせいで薄い週末が続いてますが、これはこれで濃い午前散歩になりました。

banner.gif







最終更新日  2021.11.14 08:56:34
コメント(4) | コメントを書く
2021.11.10
カテゴリ:パソコン
 今日帰ったら嫁さんのノートが起動できなくなった、見たことない画面になる、と泣きつかれました。
 旧いノートなので、いろんな不具合が考えられます。グラフィックか電源か、HDDのブートエラーみたいなやつか。それなら再インストール?時間かかりそう・・・。
 起動させてみると、一応Windowsロゴまでは表示されて、その後みたことのないエラーが表示されてストップです。
 うっ、ブルー画面とかでもない英語エラー表示。
 なになに・・・。
 冷却ファンが正しく動いてないって?
 そういえば嫁さんのノート、熱暴走で起動してこなかったことも。
 そのときも少し感じたけど、CPUファンに埃が溜まって蓄熱してるか、埃自体が溜まりすぎてファンの回転を妨げてるとか、そんな不具合を想像しました。
 パソコンをばらしたことがある人で、かつマメにパソコン内の掃除をしないズボラーなら想像に難くないと思いますが、CPUのファン、ヒートシンクは埃でみっちりです。
 デスクトップは分解が楽ですが、ノートは・・・。
 ってことで、ノートの外側から強制クリーニングしてみます。
 毎度登場の強力ブロワー。
 これでノート背面のスリットから強制的にブローしてみました。
 ノートの中の基盤の間には隙間があるのか、スリット間はつながっているか分からないけど、強制的に風を送り込めば、近くのスリットから風は抜け出るはず。埃もきっと一緒に排出されてくれると期待。
 流体なんだから流し続ければ、いつかは、いくらかは一緒にパソコン外へ出ていってくれるはずです。
 しばらくブローしていると、果たして、中で少しまとまって塊になったのか、隣のスリットから目視できる綿ゴミが飛び出していきました。
 きっとできた他の綿ゴミは、基盤素子の別の隙間に蓄積、蓄熱して、トラブル、発火の遠因になってるんだろうなー、とジワリ。
 もう目視できるゴミはでなくなったので、電源をいれてみたら、あっさり起動してきました。
 ふぅ・・・。買い換えとかにならなくてよかったぁ。ノートは基本的に分解メンテが大変なので、こんな間接的外科手術が成功してよかったです。
 パソコン掃除に電動ブロワー、かなり使えるアイテムです?音は爆音。深夜は使えません。

banner.gif







最終更新日  2021.11.10 23:08:47
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.07
カテゴリ:ゲーム
 先日もらったPS3がなかなか調子がいい感じ。今どきのスペックでは全然ないけど、300円でゲームソフトを買ってきて、十分遊べてます。
 現行モデルは深みのある描画なんでしょうが、別に並べて比べなければ気にならないレベル。
 意外に動くPS3。この辺はコンシューマーゲーム機の強みかも。開発も決まった仕様が相手なので、パフォーマンスもある意味開発陣の意図通りかと。パソコンだとどうしても、旧モデルの切り捨て対象がでます。
 気になって、PS3の仕様をネットで探してみると、当時は米軍がスパコン使用するため大量発注したとかいう記事。独自開発のCPUを積んでいたみたいです。
 PS3のCPUは9コアの3.2GHzらしいです。コア数の多さにびっくりだけど、メモリは256MB+V256MB。よくこんなゲームが動くなー、と感心です。
 ただ中古なので、コントローラーに違和感。Xボタンを押すと戻ってこないことがあります。押しっぱなし。これはゲームに支障がでます。特に下の子が遊ぶカーレースのアクセルがXボタン。踏みっぱなしになるとコーナーでアンダーに。
 ・・・。
 また下の子が寝ている間に少しだけメンテしてみます。分解クリーニングで直るかどうかはわからないけど、一応分解してみます。
 ボタン周りを分解してゴミやほこりが詰まっていないか確認してみます。
 特に目立った汚れの堆積はなさそう。
 ただ、ボタン本体、ホールの外周に白い帯が。なんだろう、手垢とかにも見えないけど、固い。硬化してます。これが擦れて、引っ掛かりになっているのかも。
 無水アルコールを綿棒に沁み込ませてクリーニングしてみます。
 ボタン外周とホールの外周をクリーニング。
 ぱっと見白い硬化した物体は落ちたので組み戻し。
 ボタンを押してみると非常にいい感じ。引っ掛かりは解消されました。
 今は、また下の子からアルバイト指令。新しいクルマをゲットするために、レースに参戦、ポイント集めをさせられてます。だけど、なかなか面白そう。
 ってことで、またまた自分用の中古コントローラーをポチりました。二人プレイでも遊べそうだし、なにか自分用にゲームを買っても良さそう。冬休みの夜伽にしたいけど、リビングの大画面、大音声で遊ぶのは気が引けるかも。FPSとかやるかもしれないので。教育上ひじょーによくないです。

banner.gif







最終更新日  2021.11.07 20:23:26
コメント(0) | コメントを書く
2021.11.06
 10月に羽咋にツーリングに行ってから、いろいろタイミングが悪くてバイクに触れてもいない状況。この11月は仕事は一瞬薄いけど、私事のほうでやらないといけないことがあるので、土日が空きません。そうは言っても、そろそろ晩秋。初冬も近いのでバイクに乗れるのは11月がいいところっぽい。
 なんとか日曜日1日工面して、日帰りでもいいからバイクでどっか行きたいな、と画策中。
 場所は決めてないけど、恵方参りを兼ねて北東?
 ちょうど嫁さんと合わないので、ソロで済ませないといけない方位です。
 北東がok、ってなかなか貴重。愛知から北東は開放ゾーン。でもまあ、月曜日は外せない会議が入りそうなので、有休は無理そう。日帰りかぁ。
 去年は12月初頭に琵琶湖に浮かぶ島、竹生島に渡りました。
 湖上の島、とか自分に発想がなかったので目からうろこ。わざわざバイクで行った、というのも大いなる無駄。初冬のショートツーリングのちょうどいいアクセントになりました。
 日帰りだと、こういうチャレンジは無理っぽいけど、実質の走り納めをしておきたいところです。
 それはそうと、最近の土曜日の楽しみが夕方の散歩。楽しみにしてるのは下の子。もうすっかり夕食前でも暗いです。暗い中を出歩くのが楽しいんだと思いますが、実はねらいがあります。そのお目当てのところに近づいたら、建物の間から閃光。
 みると花火があがってました。少し遅れて花火の音。あぁ、どっか夏っぽい。今年はコロナでこういうのも自粛だったんだと思います。
 ちょっとだけ下の子と花火を眺めて、お目当てのスポットに到着。
 自販機。
 ここに不二家ネクターが売ってます。これを買って帰って、家で飲むのが楽しみなんですが、残念。ホットメニューへの入れ替えのせいか、ネクターは消えてました。
 楽しみに遥々歩いてきたのに、ちょっと哀愁。
 それは残念。
 ということで、来週、天気と下の子のテンションが高ければ、別のスポットに潜入してみたいと思います。だけど・・・、忘れそう。覚えておくきっかけというか、手掛かりがなすぎ。朝起きて普通にスルーしてしまいそうです。

banner.gif







最終更新日  2021.11.06 23:44:10
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2847件 (2847件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.