000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のらねこ軍曹の日記

PR

X

Profile


のらねこ軍曹

Calendar

Recent Posts

Category

Archives

2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2008.07.12
XML
カテゴリ:音楽・ライブ
久しぶりのライブ音符は、
これまたもっと久しぶりの東京国際フォーラム

チケ.jpg

ちょ~昔、

HOUND DOGでやった時は、フォーラムのAホールだった。キャパは5,000くらい。

今回の大友康平ソロはCホールで、キャパ1,500。

それでも「果たして埋まるのか!?」と心配してましたが、3階席まで入ってました。ホッ…。


実は、行くかどうか、結構迷いました。

約四半世紀の間、DOGのライブで純粋培養されてきた私は、

『踊りまくり、叫びまくり、汗だくにならなけりゃ、ライブじゃない!』という、

妙な固定観念に縛られていたからです。

んで、今回のライブは、お座り必至のカバー曲ツアー。拳挙げなんて、絶対ナイでしょ~!


それでも行くことにしたのはナゼだ、と考えたら、出た答えが「つい、クセで」

今日一緒した友人は「親心で」だそうだ(笑)


小さなイベントはちょこちょこあったけど、ちゃんとしたツアーライブは2年ぶりくらい??

開場時間になって列に加わると、やっぱ自然と、胸が高鳴るんだな。

とにかく、せっかく来たんだから、楽しまなきゃ! って気分になる。

さて、こっから軽くライブレポネタバレ有り


例によって、7分押しで開演。

オープニングSEはなく、シースルーの緞帳が上がると、

ステージ右手にはストリングスが並ぶ。

それを見て、やっぱりお座りを確信オーケー ディナーショウのような、上質な雰囲気食事


でもやっぱ、唄はすごい。。。

顔を見るのもウザくなった人なのに(笑)、やっぱステージで唄うあの声を聴くと、

背筋に電気が走る。いなずま


3曲目(?)の『いちご白書をもう一度』の途中で、サプライズ・ゲスト登場!

康平の隣で、ハリのあるサックスを吹き鳴らすアノ人は、武田真治くん。おおお~っ!

彼のサックスは、以前にもイベントで聴いたことがある。

いやぁこれがカッチョええのよダブルハート (ちなみに、調べたら武田くんと軍曹は同い年でした(笑))

武田くんとストリングスが下がって、DOGのバラードナンバーから数曲と、

'95に、やはりDOGでリリースしたカバーアルバムから数曲。

間のMCは相変わらず、ウケたりスベったり(?)を繰り返す、不変の光景ウィンク


アンコールで再び武田くん登場して『あの鐘を鳴らすのはあなた』。

声もガンガン出てるし、サックスがガツンと効いてる。

ああ、この曲はめっちゃ気持ちいいよね晴れ (和田アキ子には興味ないが(笑))


たどりついたらいつも雨降り』では、思わず立ち上がって踊りたくなった。

踊っちゃえば良かったね~! と、終演後に友人たちも言ってました。


 懐かしくて、切なくて。 捨てたのに、捨てきれてなくて。

  迷って、行って、帰って来て、こう思う。


やっぱ、ライブっていいよ! うん、イイっ!

燻ってた火が、また燃え始めたカンジだ炎


こんだけ書いてもまだ喋り足りない…って大笑い

ビョーキ再発かいっ!?








Last updated  2008.07.13 01:50:52
コメント(6) | コメントを書く
[音楽・ライブ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.