022425 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のらねこ軍曹の日記

PR

X

Profile


のらねこ軍曹

Calendar

Recent Posts

Category

Archives

2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2009.01.19
XML
カテゴリ:ねこ生活

 -2009年1月17日 午前6:40-


昇る 朝陽と 一緒に

チィは 空へ 駆けて 行きました。


チィ仏前.jpg

                                チィ 享年11才

最後にいい声で呼んでくれて、ありがとうね。

私の腕の中で旅立ってくれて、ありがとうね。


ハルと仲良ししてくれて、ありがとう。


チィとハル99.jpg


毎朝起こしに来てくれて、ありがとう。

お腹の上でフカフカ・ペッタンコしてくれて、ありがとう。

帰りを待っていてくれて、ありがとう。

チューしてくれて、ありがとう。

私の子供になってくれて、ありがとう。


甘ったれチィ様!

いつも一緒にいてくれて、ありがとう!


チィ99-1.jpg


最後にひとつだけ、お願い。

チィ様どうか、チビと一緒に先に虹の橋を渡ってね。私を待たなくていいから。

そして私の家族や友達と、みんなで面白おかしく、幸せに暮らしてて欲しいんだ!


私が、そこへ行くから。

私がいつか、懐かしいその家に帰った時、

あのイイ声で「おかえり、ママちゃんっ!!」って、一番に駆けてきて欲しいんだ。

私はいつもみたいに、大好きチィ大好き~!! って、ギュッてするから!


チィ99-2.jpg


そしたら家族みんなで、ふわふわ空の上、永遠に一緒にいようね。





そして、もうひとつの命が、空へ。


  -2009年1月18日 午前6:00-


チィが旅立った 翌日

チビも 逝ってしまいました。


チビ.jpg

                                チビ 享年18才


チビは、私がまだ実家にいた頃に、父が貰ってきた子。


来た時は手のひらに収まるほど小さくて、オスメスの区別もつかなかったから、

どっちでも困らないように、私が“チビ”と名付けた。


それから数年で、10kg近い巨体になろうとは、想像もしなかったんだ。


チビ2.jpg


デブネコだったけどチビは、女の子らしくて優しい子。すごくカワイイ声をしてた。


父が亡くなり、もう一匹の“ニャンコ”が去年、逝ってからは、

チビは母と二人きり、静かに穏やかに暮らした。


ニャンコ.jpg

                              ニャンコ 享年17才


18才。 人間だったら、大往生。

だけどとくに病気もなく、食欲もあり、とても元気だった。

それが、嘘みたいに、あっけなく、逝った。


奇しくも、私の祖母の命日に、逝ってしまったチィ。

そのチィが逝った次の日に、今度はチビが。


有り得ない。

チィを見送ったばかりだと言うのに?


有り得ない、有り得ない。

チィの火葬をお願いした方も、続けざまの依頼に驚き、言葉を失っていた。


カラッカラに渇いたと思っていた涙が、チビのために、また、流れた。

なんで、なんで!? わけがワカラナイ。


気丈な母の、隠し切れない消沈。

二日続けて、骨を拾わなければならなかった、悔しさ。


悲しみと怒りが、津波みたいに激しくて、溺れそうだ。











Last updated  2009.08.28 21:55:40
コメント(27) | コメントを書く
[ねこ生活] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.