990853 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

できるところから一つずつ

畏れつつ待つ (2005)



畏れつつ待つ      (2004年8月作)

天気予報外れて今朝は晴れ渡り空にやはらか春の浮雲

blue sky.JPG

さくらさくら今まだ固き蕾にはモラトリアムの早春の日々

カレンダーの四月二日に丸をつけ孫の誕生畏れつつ待つ

祖母となる春の日近し窓際に小さき肌着をちくちくと縫ふ

「筒袖で前が開きて着せ易げ」和式産着はママの注文

縫ひ進むガーゼの産着の小さくてハンカチほどの嵩しか持たず

さくらさくら ちらりほらりと開きだすやつと心の決まりしやうに

film13.jpg


屈まりて妻の靴紐結びやる来月父とならむ息子は

生まれ来る孫が男と知らされてBABYのitがheに変はりぬ

星空の模様の布団が届きたり〈母方グランマ〉サラの手づくり

子の家を訪ねる度に増えてをりパステルカラーの乳児用品

哺乳瓶、ミルクの見本、紙おむつ、ベビーの存在日々に膨らむ

高年初産の危険数々見聞きして鬱になりがち臨月のアン

「その時を過ぎればまるで嘘のやう」出産近きアンを励ます

夕空に白き満月淡く浮きベビーの生まれる時が迫れり

陣痛が強くなりては弱まりぬ 入院したり帰宅をしたり

運転手、介護士、看護士、サポーター 大車輪にて〈産夫(さんぷ)〉がこなす

〈母方のグランマ〉サラの肩を抱き〈母の不安〉を少し引き取る

出産の知らせを待ちて夜を更かす今にも祖父母とならむふた二組

誰も見ぬつけつぱなしのテレビより時に拍手や笑ひ声する

コーヒーを何杯も飲み時を遣る 孫誕生の報せはまだか

期待より先に立ちくる〈老婆心〉払ひ退けつつカップを洗ふ  
  
父となる息子よ おまへを待ちし日の祖父母もきつとこんなだつたね

He was born とアンの掠れた声がする 産室よりの携帯電話

さくら さくら 夜の並木にほの白き下を急げり孫に会はむと

空色のタオルに包まれ眠りをりわたし私を祖母にせし小さき者

dim.jpg


「六ポンド」とベビーの体重教へられピンと来ぬまま頷きておく

唇を乳吸ふ形に動かして生まれたばかりのベビーが眠る

背を丸めしつかり目を閉ぢ母に寄るこの世を拒否するやうなあかんぼ

みどり児の待たれ待たれて生まれ来しこの世の桜明日は満開



sakura,sakura




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.