992721 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

できるところから一つずつ

ひらがな たち 〈2008〉


ひらがな たち  (2007年8月作)

半世紀前に習ひし先生につきて再び書法を学ぶ

雁皮紙と筆の穂先の擦れ合ひてピアニッシモの夕風の音

単純な字ほど手こずる筆運びいろはの〈い〉の字もう一度書く

〈り〉が少しメタボになりしやうな〈い〉は心の広き壮年の父

直線を途中でまろき線に変へ〈ろ〉の字あんがい世渡り上手

海よりの風に膨らむ鯉幟カナダの空を〈に〉の字に泳ぐ

ジェット機の窓に見下ろすロッキーは〈へ〉の字〈へ〉の字の山の連なり

口開き何かひとこと言ひたげに〈と〉の字わづかにその身乗り出す

風邪ひきの甘えん坊がぐづりつつママと「り」の字になりて寝に就く 

耳を立て背中をまるめ地に低く〈ぬ〉は野うさぎが餌を食む形 

岩木山(いわきやま)の蹲踞の姿(かたち)想はせて〈る〉の字どつしり腰を落とせり

(岩木山=境川部屋力士 19年7月場所では十両東筆頭)

足を止めふつとこちらを振り返る見返り美人やうな〈を〉の線

子を背負ひ〈か〉の字のやうに歩みし日背中はいつも暖かかりき

〈ね〉の字の背〈れ〉の字に伸ばし「うむむん」と黒猫タイガー目覚めの儀式

裏庭の畑の胡瓜根性のよろしくなくて〈つ〉の字にまがる

クッションに〈ね〉の字に憩ふ雌猫が胡散臭げに薄目を開ける

身をまるめ足も縮めて横を向く〈ゐ〉の字は少し自閉症気味

一服のおうすの仕上げに〈の〉を書きて茶筌をすつと茶碗より抜く

四股を踏む力士のごとく堂々と〈お〉は重心を低く保てり

手を上げる体操選手のフィニッシュに若き乳房が〈く〉の字に尖る

〈く〉のやうに身体を反らせ目を閉ぢてトランペッター高音のソロ

レジ袋左右に提げてスタスタと〈ふ〉の字の夫が店を出て来る

両側にしがらみありて危ふくも〈ふ〉の良心がバランスをとる

ややこしく迷路のやうな〈ゆ〉の一字温泉宿の暖簾に揺れる

朝採りをさつと湯掻けば〈し〉の形(かた)に旬の隠元みどりあざやか

しるこ屋のメニューの〈し〉の字書き出しが少し滲みてとろりと甘い

「グランマの〈し〉はJ(ジェイ)の字と同じだね」「そうかな?マーク、よく見てごらん」

やはらかに光る〈ひ〉の字にもぐりこみ浅き夢見るほろ酔ひ心地

いろはうたに付け足されたる〈ん〉のやうな夫と二人のコニャック・タイム

ひらがながそれぞれの表情(かほ)持ちはじめ光穏しも北の黄昏






               


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.