993215 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

できるところから一つずつ

題詠blog 2008

2008年の日程は以下の通り

2008年
2月1日~10月31日:参加受付
2月1日~2月15日:題の募集 ※くわしくはカテゴリの「お題リスト」をクリック
2月29日:題の最終発表   ※作業の都合上「011~100」は16日以降に随時発表
3月1日~10月31日:投稿(トラックバック)期間


題詠ブログ2008 参加作品一覧

001: おはよう
土井さんが「おはやうございます」と言ふ 第一日目のエンデバーより

002: 次
想ひ出の嵩が次第に増して来て時にキラリと光を放つ

003: 理由
「そんなのは理由になっていないよ」とはつきり言つてやらうか 君に

004:塩 
もぎたてのトマトに少し塩をつけ顔中口にして食べたつけ

005: 放
開け放す窓より入る春の風 草の香りもかすかに運ぶ

006: ドラマ
ヒロインが不安な顔をするときに連続ドラマは「明日に続く」

007:壁 
薄き壁を結界として住み分ける我がマンションの百余の家族

008:守
「ここだけの話」の約束守られず今は誰もの共通知識

009:会話
メールには何でも書ける友とゐて会話は何故か途切れがちなり

010:蝶 
蝶よ花よと育ちたるにはあらねども値切り交渉いまだに不得手

011:除 
「キミみたいな人が好きだよ」やんはりと私は除外の例をされたり

012:ダイヤ
嫁となる乙女の指にきらきらと小粒ダイヤの婚約指輪

013:優
躊躇はず優先席に座りたり 六十八歳資格十分

014:泉
温泉の素を入れたる浴槽に今日の疲れをすつぽり漬ける

015:アジア
「アジア系」とひと括りなり大勢のあまたな国のあまたな人種

016: %
恋愛は100%誤解だと夢の醒めたる六十五歳

017:頭
小節の頭の音が揃はない 少し疲れたシニアコーラス

018:集
キーを打つ指をしばしば止めながら想ひつつ編む母の遺歌集

019:豆腐
「湯豆腐か冷奴しか認めない」 正統派なる夫のこだわり

020:鳩
明け方の夢に入り来る鳩の声朝(あした)の浅き眠りを覚ます

021:サッカー
 雨はれて少年サッカー始まりぬ "One, Two, Three!" と気合ひ充分

022:低
低音にトランペットを支へつつベースが父のごとくに歌ふ

023:用紙
メモ用紙、ケイタイ、カメラ、眼鏡、辞書 バッグはだんだん重くなりたり

024:岸 
幼な日の我を知る人誰もなき此岸に青く朝顔ひらく

025:あられ
日本の春の光を想ひつつ色やはらかな雛あられ盛る

026:基
「基本線だけでも決める」と開きたる会議がまたも行き詰まりたり

027:消毒
退院の荷物と共に戻りくる消毒薬の強き匂ひが

028:供
子供用デジカメを持つ四歳と我がデジカメとで写真撮りあふ

029:杖
杖をつき「か」の字になりて辿りつく山小屋並ぶ富士の頂上

030:湯気
そこここに温泉の湯気白く立つ河津桜と菜の花の里

031:忍
頭より毛布をかぶり三歳児母の居ぬ夜を忍び泣きをり

032:ルージュ
口紅は仏語のルージュ朝焼けは独語のロート 欠損は赤

033:すいか
日本の夏の記憶は幼な日のすいかとほたると線香花火

034:岡
合歓の木が今年も花を咲かせたり街を見下ろす小高き岡に

035:過去
その心過去に閉じ込め病む人が松本かつじの塗り絵に遊ぶ

036:船
高齢になりて静かに語ります船でカナダに移住せし日を

037:V
発ち際に息子の見せしVサイン 独りごころを少しく癒す

038:有
「西方に浄土が有る」と若き日の母は夕陽を我に見せたり

039:王子
遺されし王子二人にダイアナの憂ひを含む面影を見る

040:粘
四歳と六十歳が笑ひあふ小麦粉粘土を共に捏ねつつ

041:存在
存在を主張するがに輝けり天空高き北斗七星

042:鱗
白雲の薄き鱗の一つとし透き通りさうな昼の月浮く

043:宝くじ
宝くじバッグに二枚常に持つ運がよいかもしれぬワタクシ

044:鈴
ご褒美の金の小鈴の音がするテルテル坊主お手柄の朝

045:楽譜
楽譜には記入しきれぬ哀感を読み取りて弾くジャズのブルース

046:設
設定のどこかが違ひフリーズすコンピューターも私の夢も

047:ひまわり
ぼつてりと重たき花をつけて立つ飼料用なる大きひまはり

048:凧
昨日子らと遊びし凧が電線にかかりたるまま雨に打たれる

049:礼
この辺で失礼しますと挨拶しスッと引きたし人生の幕

050:確率
確率は半々なれど君を待つ「くる、こない、くる、こない、くる、くる」

051:熊
熊の胆の黒き丸薬呑みてゐき病み勝ちなりし晩年の父

052:考
考えたことはなけれど「必要とされること」など嬉し

053:キヨスク
いつしかに数の減りをりキヨスクの隣にありし公衆電話

054:笛
少しずつ湿らせながらアンが吹く昔ながらの木の横笛を

055:乾燥
幼き日火鉢で祖母が焼きくれき白き粉ふく乾燥芋を

056:悩
宵越の悩みは持たぬらしき夫雪積もる夜を深く眠れり

057:パジャマ
四歳のパジャマの胸に大好きな機関車トーマス停車中なり

058:帽
白無垢の花嫁衣裳に綿帽子口引き結び嫁ぎたり 子は

059:ごはん
包丁の音に合はせてハミングし五目ごはんの具を刻みゆく

060:郎 
「いたしやうがござる」と膝をポンと打つ太郎冠者には不可能がない

061:@
夕空の虹の向かうの@Heaven母はどうしているのだらうか

062:浅
明け方の浅き眠りに入りくるどこかの鳩のくぐもり声が

063:スリッパ
ピヨピヨとわざと足踏みして見せるひよこスリッパ履く二歳児は

064:可憐
七十を過ぎてもどこか可憐なりふつとはにかみ目をそらす友

065:眩
母なれどつい目を逸らす 末の子の花嫁姿少し眩しく

066:ひとりごと
ひとりごと言ひては自分で答へをり 四歳児にはすべて新鮮

067:葱
日本に売れなくなりし中国の葱がカナダの店にならべり

068:踊
君の声聞けば心の踊りたる日もありたりき 杳かになりぬ

069:呼吸
「ひと呼吸してから子供を叱れ」など昔言はれしこと

070:籍
家族の名すべてに×がつけらるる除籍謄本愕然と見る

071:メール
友よりのメールに添えて送られてわがパソコンに彼岸花咲く

072:緑
まだ濡れて緑の雫落としたり 藍の染料吸ひたる絹が

073:寄
上げ潮の河口の水に浮かびつつカナダ雁たち岸に寄りくる

074:銀行
約束はM銀行のロビーとす また「サザエさん」読みて待つべく

075:量
推量で悩むなとだけ窘めて診断結果を待つ母に沿ふ

076:ジャンプ
その体をスキーに沿はせ伸ばしつつジャンプの選手空を切りゆく

077:横
横にある鉛筆メモの小さな字却つて強く本音を語る

078:合図
目に合図交はし合ひつつデュエットす 友はソプラノ

079:児
二歳児がつま先立ちをするときに少し近づく五歳への距離

080:Lサイズ
四歳の小さき体に宿りをりLLサイズの夢見る心

081:嵐
過ぎ行きし嵐の後の水溜り ぴちゃりぴちゃりと児の靴が踏む

082:研
研修の最終日なり 分かれればおそらくはもう逢はぬ同士で

083:名古屋
味噌汁は赤味噌仕立てと決めをりき名古屋育ちの父の場合は

084:球
沈みゆく夕陽を海に見送れば太陽やはり地球を巡る

085:うがい
「うがい、うがい!」と母に叱られ育ちたり 人の悪口言ひたるときは 

086:恵
天の恵み今年の夏は少なくて胡瓜もトマトも不作気味なり

087:天使
「天使にはまだ逢はないでいられさう」九十六歳につこり笑ふ

088:錯
「幸せも不幸も所詮錯覚」と少し寂しき夫の述懐

089:減 
体重を少し減らせと言はれたる今日は〈最後の〉ケーキ食べやう

090:メダル
金メダル獲れたる時の「君が代」は誰も不服を言はず聴きをり

091:渇
渇きたる心を少し潤して細かき雨が紅葉を濡らす

092:生い立ち
久々に逢ひても話がよく弾むその生い立ちが似たる優子と

093:周
芦ノ湖の周遊船に見下ろしぬ水に写れる富士の姿を

094:沈黙
沈黙は金でも銀でもない時代自分の言葉で自分を護る

095:しっぽ
カンガルーのしつぽのスープの缶詰をオーストラリアの土産に買ひき

096:複
複雑な計算はすべてお任せで確定申告ソフトが済ます

097:訴
訴へは皆まで聞かずレフリーはイエローカードをついと差し出す

098:地下
シャルドネの今年のワインが発酵すオークの樽の並ぶ地下室

099:勇
カナダまで移住して来ぬ 勇敢か無鉄砲かは結果次第で

100:おやすみ
をさな児に母が言ふ時「おやすみ」はほの暖かく夢をいざなふ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.