991622 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

できるところから一つずつ

題詠blog2011

001:初
初雪を盆に集めて作りたり明日は融けゆく小さなうさぎ

002:幸
新しき年の幸せ願ひつつ年賀状には子うさぎを描く

003:細
正月のお宮の露店にならびゐき しんこ細工の小さなうさぎ

004:まさか 
まさかまさか私が負ける筈はない歩みののろい亀とのレース

005:姿
塀の下のほんの少しのへこみより兎スルリと姿現はす

006:困 
ぴくぴくと耳を動かし黒うさぎ困つたやうに我を窺ふ

007:耕
耕せば野兎の来てまた荒らす おいかけつこの家庭菜園

008:下手
歌ふのが下手か苦手かできぬのか 兎の声をあまり聞かぬは 

009:寒 
あかはだかにされて因幡の白ウサギ蒲の穂綿に寒さをしのぐ(『因幡の白うさぎ』より)

010:駆
「ひとやすみ」があだとなりたり飛ぶやうに駆け登りたる山の五合目(『うさぎとかめ』より

011:ゲーム 
ゲームしてなかなか負けてやらぬゆゑオジイチャン少し嫌はれてをり

012:堅 
竪琴のアルペジオより湧きあがる泉のやうな歓びの声

013:故 
「故」の文字が母の名前につけられて短歌雑誌に遺歌が載りたり

014:残
福のある〈残り者〉なり四十まで独身でゐる我の娘は 

015:とりあえず
とりあへず謝るだけの智恵がつき会社勤めが軌道に乗りぬ

016:絹 
誰かまだ覚えてますか日本初のミスユニバース伊東絹子を

017:失 
失恋もうすむらさきの想ひ出となりて彩る老いの日頃を

018:準備  
入院の準備整へ夜を明かす 陣痛間隔せまくなる娘と

019:層 
ひつそりと時間の層に埋まりゆく逢ひしあの日も別れし時も

020:幻
幻のごとくかすかに瞬けり霧のむかうの町の灯りが

021:洗 
チロチロと朝日に光り緑(あを)深し昨夜の嵐に洗はれし葉が

022:でたらめ 
身を守る拙(つたな)き術(すべ)か四歳児すぐに見抜けるでたらめを言ふ

023:蜂 
穏やかな長女なりしが子を産みて女王蜂のやうな貫禄

024:謝 
口先で謝るだけ誠意なさ 夫の言ひたる「ごめんなさい」は

025:ミステリー
誰も誰も口をつぐみて結末はミステリーのまま次回へ「つづく」

026:震 
地震とは地が震へだすことならず 地面狂ひて暴れ騒げる

027:水 
まだ風の冷たき朝の水たまり鴨の雛たち散歩デビューす

028:説 
母われに説教ばかりして行けり 三年ぶりの帰省の長女

029:公式 
「あくまでも内定ですが」とことはりて非公式なる入賞通知

030:遅
門限に少し遅れて帰りたる娘は常より少しおしやべり

031:電
私が電話するたび「只今は電波の届かぬ場所にゐる」のね あなた
 
032:町 
なつかしき紙の匂ひに満ちてをり 神保町の古書店の奥

033:奇跡 
雨晴れて東の空にくつきりと奇跡のやうな大き虹立つ

034:掃
スイッチを入れるとピピッとガッテンし掃除ロボット動き始める

035:罪
罪のない笑顔でしらっと嘘をつく 四歳なりの智恵かもしれず

036:暑 
帰り来て窓を大きく明け放つ 昼の暑さの籠れる部屋に

037:ポーズ 
結婚し四十七年今のところプロポーズはまだされていません

038:抱 
新しき首相の抱負聴きながら誰にも厳しき時と思へり

039:庭
庭隅の桜の下に埋めたりき愛犬なりしマルの亡骸
 
040:伝
駅前に必ずありし伝言版ケータイ電話に駆逐されたり

041:さっぱり
「いやなことはさっぱり忘れて寝てしまへ」いつしか座右の銘としてをり
 
042:至 
山頂に至る最後の登り坂 覚悟を決めて一歩踏み出す

043:寿
てきぱきと働く女性増えてきて寿退社は死語となりたり
 
044:護 
湖の護岸工事が成りてより蛍の光みかけなくなる

045:幼稚
幼稚園のお遊戯会に踊る児の数より多きカメラがならぶ

046:奏 
フィナーレはやはり「じょんがら節」なりき吉田兄弟演奏会に

047:態 
服装も態度も急にピシリとす 就活開始かとなりの息子

048:束 
友が逝き反古となりたりヨー・ヨー・マを二人で聴きに行く約束は

049:方法
方法はまだ何かある 夕空を見上げてほつとため息をつく
 
050:酒
名月に誘はれるごと進みたりベランダに酌む清酒「白鷹」

051:漕 
ボート部が漕艇部なりし昭和には荒川の水清らかなりき

052:芯 
芯のある飯も笑ひて食べくれき新婚時代の若かりし夫

053:なう 
泣きさうなうちべんけいの三歳児やうやく小さな声で返事す

054:丼 
うな丼の〈たれめし〉が好きな五歳児がうなぎを皿にどけて食べをり

055:虚 
思ふほど心虚ろになりてゆく若く逝きたる友の葬りに

056:摘
「そこんとこテンポが違う」と指摘してコンダクターが手拍子を打つ

057:ライバル 
「ライバルは昨日の自分」と思ひゐき 若さあふれて元気な頃は

058:帆 
するすると綱を登りて帆をを畳む日本丸の練習生は

059:騒
失くしたと子の騒ぎゐし小銭入れ電話の横に置き忘れあり

060:直
真直ぐに前ばかり見て歩き来ぬ 花見ず実も見ず空も見上げず

061:有無  
財産の有無は問題外と言ふ しかし有るなら尚良かるべし

062:墓 
「墓などは不要」が夫の持論なり それでも父母の墓参欠かさず

063:丈 
丈夫なら不満を言ふのは贅沢と夫にまたまた諭されてをり

064:おやつ 
遠足のおやつを子らと買ひたりき 百円以内と決まりゐし頃

065:羽
悠々と羽ばたきながら白鷺が沼のほとりを飛び立ちてゆく

066:豚 
故里の夏には父母が使ひゐき豚の形のピンクの蚊遣り

067:励 
励ましになるか煩いだけかなど悩みつつ書く被災の見舞ひ

068:コットン 
コットンとポストの底に音をたて応募原稿手を離れたり

069:箸 
食べ初めに小さな赤き箸を買ふ「たくさん食べて大きくおなり

070:介
親切とお節介とを行き来して嫌はれてみたり好かれてみたり

071:謡 
声深き地謡ひに乗り仕手が舞ふ閉じたる扇右手(めて)にかざして

072:汚
「汚れなき」は嘘かも知れぬみどり児も親の気をひく嘘泣きをする
 
073:自然
人間は自然の中の生物と思へば小さし我の悩みも 

074:刃 
刃をねかせスッと削ぎとる生ハムの透き通りさうに薄きひとひら

075:朱
雪の舞ふ伏見稲荷の参道に朱の鮮やかな鳥居が続く

076:ツリー 
「七月のクリスマスツリー」と四歳が七夕飾りを風に靡かす

077:狂 
音程の狂ふところも(味)となるほろ酔ひ加減のあなたの歌は

078:卵 
ゆで卵のやうに黄色い芯を見せ白い睡蓮ほつかりと咲く

079:雑 
持ち主の興味が移りいつよりか古雑誌となるバックナンバー

080:結婚

送り出す父母の気持ちは知らざりき 結婚すると決めしあの頃

081:配 
配当を目当てに持ちゐし「堅実」な東電株が・・・オー・マイ・ゴッド!

082:万
さて次は私の出番プレゼンの準備万端整へて待つ
 
083:溝 
いつの間に出来たる溝か 親友が知人となりて数年が経つ

084:総 
人生の総仕上げ期に入りしか 七十歳は古来稀にて

85:フルーツ
フルーツのやうにかはゆきミニトマト今日のサラダを華やかにする

086:貴 
貴腐ワインのとろりと甘き舌触り我は好みて夫は好まず

087:閉 
飛び込みて値下げの刺身を買ひあさる閉店時間の迫るデパ地下

088:湧 
アイディアの湧かないままに時が経つ 言ひ訳さへも思ひつかない

089:成 
成分はやる気と元気とお節介 よき老後への特効薬の

090:そもそも
そもそもは他人に見せぬのが日記 公開ブログは日記に非ず

091:債 
杳き日に文化を発信せしギリシャ今は国債危機を拡げる

092:念
「あなたには一念がない」と叱られき 退職願をだしし若き日
 
093:迫 
迫力が桁違ひなるウオー・クライ 「カマテ、カマテ!」のニュージーランド
(ラグビー、ワールドカップ)

094:裂 
「口が裂けても言はない」はずの内緒事 あの人もまたこの人も知る

095:遠慮
後になつて残念がつてもだめですよ あなたのNOは時に遠慮で

096:取 
大風に足を取られて立ちすくむ バスから降りて踏みだしし時

097:毎 
題詠の100首毎年詠みあげてよくも悪くも九年目を終ふ

098:味 
ひと口をふふみてじつと味はへり友の作りし自慢のワイン

099:惑 
準惑星に格下げされし冥王星宇宙の闇にペース崩さず

100:完
古稀となりやつと悟れること一つ「この世に完璧・完全はなし」




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.