900233 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

できるところから一つずつ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


noriko5858

フリーページ

April 11, 2006
XML
日本を脱出したし 皇帝ペンギンも皇帝ペンギン飼育係も(塚本邦雄『日本人霊歌』)

「日本を脱出したい」と思った皇帝ペンギンと皇帝ペンギン飼育係が、もし本当に日本を脱出したらどうなっただろう。

飼育係の方は、人間同士、まあ、どこに行ってもやっていけるだろう。私だって日本の外でそれなりに暮しているのだもの。(とはいえ、日本を出たからといって、画期的なことは別にないけれども)

しかし、現状への不満と、新しい天地を求めて日本を脱出した皇帝ペンギンには、どんな暮らしが待っているのか・・・・

たとえば、ふるさと南極にずーっと住んでいる皇帝ペンギン達は、子孫を残すために、実に過酷な自然に耐えて暮しているのだ。 
脱出したいと思うこともあるだろうし、気温が高くて辛いと思うこともあるだろうが、でも、日本の動物園にいる皇帝ペンギンは楽ですよ~。

と、そんなことを突然考えているのは、今日,March of Penguins の映画を見たからである。(毎月一度、シニアのために、近所のショッピングセンターにある映画館で行われる無料の映画鑑賞会だ。)

日本でも「皇帝ペンギン」としてすでに公開もされ、DVDも出ているらしいが、すばらしい記録映画だった。
けなげで、哀しくて、むなしくて、寂しくて、美しくて、かなり泣いたけれども。

ストーリーの内容は、渡辺千賀さんの 1月11日の日記に詳しいので、こちらでは省略するけれども、かつて、Earnest ShackletonVoyage of Endurance でも十分に見たと同じ南極の自然の厳しさ、太陽のまったく出てこない真っ暗闇の中でのブリザードに耐えて、自然が与えたとしか思えない知恵で子孫を残していく様子。そして、時期が来ると、見事に子離れする親と、そのことを un-acceptable but un-negotiable
( 嫌だけれども、どうしようもないこと) として受け入れて独り立ちしていく子供たちのたくましさを見ると、「生きる」ということは、こういうことだったのか・・・と襟を正す思いがした。


また、画像がすばらしく美しいのにも心を打たれた。 

一年間を通して撮影した人たちも、同じブリザードにさらされて仕事をこなしていたのだと思うと、感動もひとしお。

そして、ストーリーの終了後、写された撮影の様子の中に、ペンギンがカメラを覗きに来ているところなどがあり、「人間」というものの存在を知らないペンギンが、恐れることも知らずに好奇心で近づいてくるのも興味深かった。

いろいろと感慨はあるので、この映画の感想は、連作にしようと思い、映画を見ながらたくさんのメモをとってきた。 
自分が雌ペンギンの一羽になって詠んでみるのも、一つの方法かと思っている。 
「人間としての自分」が通ってきた「子から母になり、やがて子供を手放した道」とも共通して、よい感情移入ができるかもしれない。






最終更新日  April 14, 2006 06:58:56 AM
コメント(2) | コメントを書く
[短歌に関するハナシ] カテゴリの最新記事

カレンダー

お気に入りブログ

madamkaseのトルコ行… madamkaseさん
瑠璃色の珠実 たまにゃん1203さん
うたのおけいこ 短歌… くまんパパさん
encantada norikofordaieiさん

コメント新着

noriko@ Re[1]:現代短歌大賞(10/20) 小塩卓哉さんへ はい、そう思っています。…
小塩卓哉@ Re:現代短歌大賞(10/20) 本当にうれしい知らせですね!
noriko5858@ Re[1]:A beautiful sunset !(09/30) 新サスケさんへ はげましていただき、あ…
新サスケ@ Re:A beautiful sunset !(09/30) 7月初めの拙首です。 いつしかに八十五…
noriko@ Re[1]:健身単車(08/03) 新サスケさんへ はげましていただいて、…

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.