1215374 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

できるところから一つずつ

できるところから一つずつ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

noriko5858

noriko5858

フリーページ

連作


喜劇なるべし  〈2003〉


コトバ、ことば、言葉 (2004)


畏れつつ待つ (2005)


慣れてゆくべし 〈2006〉


夏風、三十年 (2007)


ひらがな たち 〈2008〉


踏み切れば 風 (2009)


笹飾り (2010)


楷書の樹海(2011)


リトル・サトウ (2012)


吉野の筆(2013年)


時に苦笑(2013年予備)


突然に (2014年 予備)


半々となる(2014年)


パステルカラーの夏 (2015年予備)


ラ・マンチャの風 (2015年)


会ふ(2016年)


題詠マラソン


題詠マラソン2003


題詠マラソン2004


題詠マラソン2005


題詠blog 2006


題詠blog2007


題詠blog 2008


題詠blog 2009


題詠blog2010


題詠blog2011


題詠blog2012


題詠blog2013


題詠blog2014


題詠blog2015


題詠100*2017


題詠100*2018


題詠100*2021


トップページに使った写真


2011年


2012年


2013年 


2014年


2015年


2016年


2017 年


2018年


2019 年


2020年


2021年


2022年


第一歌集『極光 aurora borealis』


第一章 飛行機雲


第二章 紅(日本にて)


第三章 桜桃 (連作)


あとがき


発表歌


1985年ー1990年


1991年-1995年


1996年


1997年


1998年


1999年


2000年


2001年


2002年


2003年


2004年


2005年


2006年


2007年


2008年


2009年


2010年


2011年


2012年


2013年 


2014年


2015年


2016年


2017年


2018年


2019年


2020年


2021年


2022年(進行中)


第二歌集『カナダの桜』


コスモスその他に発表したエッセイなど


バンクーバー短歌会へ


コスモス武蔵野支部へ


コスモス本誌へ


June 26, 2013
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

今、書道の課題で書いているのは、室生犀星の「老いたるえびのうた」。


「考えて書いてごらんなさい」とだされた詩だが、字数が多いので、配置も、大きさも、なかなかむずかしい。

でも、そのむずかしさも吹き飛ぶほどの、内容の奇抜さが楽しい。

「えびのやうに悲しい」などという比喩は初めて聞いたけれども、どこが悲しいのかこんがらかっているところなど、身につまされる。

最後で、「生きてたたみを這うてゐるえせえび一疋」とあるので、どうも作者という人間のことらしいが・・・・

室生犀星の一生は、どんな風だったのだろうと、考えてしまった。



「老いたるえびのうた」室生犀星


けふはえびのように悲しい
角やらひげやら
とげやらいっぱい生やしてゐるが
どれが悲しがつてゐるのか判らない。

ひげにたづねて見れば
おれではないといふ。
尖つたとげに聞いてみたら
わしでもないといふ。
それでは一体誰が悲しがつてゐるのか
誰に聞いてみても
さっぱり判らない。

生きてたたみを這うてゐるえせえび一疋
からだじうが悲しいのだ。






最終更新日  June 26, 2013 12:01:50 PM
コメント(0) | コメントを書く


カレンダー

お気に入りブログ

encantada norikofordaieiさん

コメント新着

てぃー@ Re[3]:フィリップ殿下のご逝去(04/09) noriko5858さんへ ニュースのテロップや新…

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.