468613 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

心のポテトサラダ

2010/07/17
XML
カテゴリ:moter bike
今朝は、6時15分に目が覚めました。
窓を通して見える空は、晴れてるみたい。
「よし、行こう」。
「早朝バイク」を選択しました。
行き先は、能勢町「高山」。
どうも、前回見つけられなかった「高山マリアのお墓」が気になります。

それと、今週の大雨で土砂崩れを起こし通行止めになったと新聞に出ていたR477の妙見山ケーブル付近も。
もう開通したのかな?それとも、復旧に数週間掛かるほどの災害だったんだろうか?

池田から、R423で北上しました。
前回は、右折で直接r4に乗り、何かして「高山」に入ったけど、今回は逆ルートにしました。
「箕面グリーンロード」との交差点のところを、R423旧道に入ります。
グリーンロード脇の道を右折して池田五月山の奥の山に突入しました。

前回、リスと会えたので、ゆっくり目に走ります。
「また会えたらいいのになあ」
20100717Takayama001s
いい景色です

リスには会えませんでしたが、猿さん出会いました。
僕のバイクが近づくと、のっそりと道脇に寄り、こっちを注視しています。
僕もゆっくり・・・写真を撮ろうかなと思いましたが、箕面の猿も小豆島同様人に慣れてるので、「何かくれ」と迫ってきたら怖いので、僕が逃げるように猿から遠ざかりました。

ねむの木の花が、随分道に落ちていました。
20100717Takayama002s
この花もなかなか素敵です。
「箕面ダム方面」と「五月山方面」との分岐まで、上がってきました。
「五月山方面」は、ここから終日バイク進入禁止なので、箕面ダムに向かいます。

五月山の道も、箕面の滝の道も、「終日バイク通行禁止」指定されています。
川西市の知明湖周辺道路も「土日祝日バイク通行禁止」指定されており、川西警察に平日の通行のことを電話で問い合わせたことがあります。
担当警察官が対応してくださったが、その方でさえ、「え~と、何処ですか~。あ~あそこは・・・土日祝日だけですね」と、もう過去の遺物のような話しぶりでした。
過去、爆音を上げながら集団で折り返し走りまわるバイクがいたので指定されたが、特に問題にならないから、指定解除に積極的に動かないだけという感じを受けました。
「解除してもいいんですがねえ~」と言いながら、自ら声を上げたくない。

「箕面ダム」でr4と合流しました。
左折して、「高山」を目指します。
前回、親子鹿に会ったから、またゆっくり走ります。
まだ綺麗に咲いてるねむの木があったので、写真休憩。
ここで、ロードバイクに抜かれました。
この道は、「早朝ロードバイク」の濃い道です。
毎回複数のロードバイクに会います。

オープンにしてるマツダロードスターとすれ違いました。
「ん?前回も会った?」
バイクの峠カーブローリング族はいないけど、車の走り屋さんはいるようです。
このロードスター、後でまた会いました。
他に数台、それらしき高速軽量ロードスポーツ車が、走っていました。

「高山」の「高山マリアの墓」道標のところでバイクを置き、急坂を登って探索に向かいました。
電気柵で囲まれた畑の間の細い山道になり、山に突入し獣道に。
昨今のトレッキングブームの為か、自治体の道標が立ち、迷わず目的地に導かれました。
お墓は、小山の頂上にありました。
20100717Takayama007s
横に立っていた謂れを読むと、このへんを支配していた高山家の影響で、キリシタンの濃い土地だったけど、キリシタン禁止令後、立ち去ったり改宗したりしてキリシタンはいなくなったそうです。
最後のキリシタン夫婦2組の墓だとか。
小さな石標が4つ立っていました。
高山右近の母親のお墓ではなさそうです。

再びバイクに乗り、r4を「金石橋」まで下りました。
この途中、また猿に会いました。
こちらも逃げません。
僕が逃げました。

「金石橋」で、R423に乗り少し北上、「妙見口」で左折、ここからまたr4です。
「野間峠」のトンネルを抜け、前から気になっていた「本瀧寺」に寄りました。
木造の古刹をイメージしていましたが、霊園を経営し、コンクリート造りの大きな建物もある裕福そうなお寺でした。
謂れを読むと歴史は古く、室町時代に兵火で焼けたともありました。
妙見山の中腹ですが、急峻な谷筋に建ってるようで、立派な石垣や建物を眺めていると、この辺を支配していた清和源氏の末能勢氏の館としても使われていたんじゃないのかなあと、想像が膨らみました。
20100717Takayama015s
妙見山山頂にある妙見さんと、r4を隔てて北側にある妙見さん奥の院を結ぶ山道上にあるようで、道標が立っていました。
トレッキングな方が通るのでしょう。
20100717Takayama017s
ここは、まだまだ紫陽花の季節でした。

時刻は7時、帰らなければなりません。
ほんとは、もっと早く帰って、朝の庭手入れをするつもりだったのですが、ついつい・・・。
r4に出て西進、R477との「野間中」交差点に出ました。
左折して、崖崩れ現場を見に行こうと思っていたのですが、ガードマンさんがバリケード前でバツのマークを作っています。
様子を聞くと、数日で復旧する崖崩れではないらしいです。
正確な場所が特定できないのでよくわかりませんが、妙見ケーブルの所に行けるのだろうか心配になってきました。
家内とのトレッキングメニューとして、ケーブルまで車できて、ケーブルで山頂に上がり、歩いて下ってくるというのを考えていました。

R477で一気に帰ろうと思っていた目論見が外れ、仕方なくそのままr4を西進しました。
「野間の大ケヤキ」のところに、大型スクーターが停っていました。
R477がダメなら、r604で「知明湖」経由で南下するのが早いのですが、土曜日なので、バイク通行禁止です。
警察に見つかっても、R477の特殊事情があるからおまけしてくれそうですが、もう1本西の南北道R173まで西進することにしました。

ダート区間があり一度も通ったことのないr4「猪ノ子峠」にチャレンジです。
舗装路が終わり、ダート区間に入った途端、ここ数日の雨で、道路の真中に深いえぐれが出来ていました。
「こりゃアカン」と、あっさり撤退です。
一旦引き返し、r604で西進、そのまま行けば早いのに、「土日祝日バイク通行禁止」の看板を見ながら、泣く泣くr106で北上。
「猪ノ子峠」を越えたr4に再び合流して西進、やっとR173に出ました。
これで一気に南下。
この道、トラックも多く、乗用車はスピード出してるから走りたくないんだけど・・・。
そのまま池田まで南下して帰宅しました。

8時過ぎに帰宅と遅くなったけど、通勤にはまだ余裕です。
朝風呂に入って、仕事に向かいました。
猿に会えて、いい1日の幕開けになりました。

明日は、家内と通勤リード110に2人乗りして、淡路島一周しようと計画しています。
家内は、明石までの往復は電車で、淡路島一周途中でお尻が痛くなったら、最寄のバス停まで送って、バス&電車帰宅します。
でも僕は、全行程リードです。
VTR250なら平気なんだけど、リードはどうなんだろう?






Last updated  2010/07/17 06:15:40 PM
コメント(2) | コメントを書く
[moter bike] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:また高山 の巻(07/17)   mkd5569 さん
夕方のブログの更新おつかれさまです。
今日は晴れて暑くなりました。
いい週末をおすごしくださいませ。
(2010/07/17 07:13:46 PM)

Re[1]:また高山 の巻(07/17)   のりまきターボ さん
mkd5569さん
ありがとうございます。日曜日は夫婦で淡路島一周をやってきました、天気がよく、実に楽しい1日になりました。
>夕方のブログの更新おつかれさまです。
>今日は晴れて暑くなりました。
>いい週末をおすごしくださいませ。
-----
(2010/07/19 10:26:59 AM)

PR

Archives

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06

Category

Profile


のりまきターボ

Favorite Blog

「自分を変えたいの… New! 森の声さん

2019年9月に観た映画B New! KUMA0504さん

「かずさんの仲間た… New! かずさんYMさん

ランチは New! 岡田@隊長さん

クラゲの如くゆらゆ… しっぽ2さん

子供と共に育つ "共… モアイ2463さん
イワンノバックの回… 紅の豚8734さん
遥への手紙:かっこ… mon-pereさん
丸くとも一角あれや… 双葉学習院の村松さん

Comments

のりまき@ Re[1]:引越し の巻(06/10) ものぐさ父さん 日記の内容変化もあり、…
ものぐさ父@ Re:引越し の巻(06/10) いつの間にか、お引っ越しされていたので…
のりまきターボ@ Re[1]:引越し の巻(06/10) ハッピーサクセスゆみさん 長い間ありが…
ハッピーサクセスゆみ@ Re:引越し の巻(06/10) 久々に、訪問したら最後のご挨拶でびっく…
のりまきターボ@ Re[1]:引越し の巻(06/10) モアイ2463さん こちらこそ、長い間あり…

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.