名古屋B食倶楽部

全1249件 (1249件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

生活

2022年05月17日
XML
カテゴリ:生活


おじさん、ワクチン反対派でも、賛成派でもない。
おじさん、現在、三回目のコロナワクチンは接種していません。
自分で考えて、良いと思えば接種すれば良いし、判らなければ納得するまで考えれば良い。
別にワクチンに限った話ではありませんが。



おじさん、今、小学生のお孫ちゃんが居るんです。
十二歳の孫が、学校で子宮頸がんワクチンに対して、どこまで、聞いているのか、何処まで知っているのか。
現在、反抗期なんで会話が無いんです。
でも、心配はしてるんですよ、一応。



今回、読売新聞が6回シリーズで子宮頸がんとワクチンに対して、特集を組んでます。
6回分を一度に乗せても、読んでもらえないといけないので、二回に分けて紹介しようと思いました。

日本では、女性の75人に一人が子宮頸がんになり、300人に一人は死ぬ。
年間一万一千人が発症し、2900人が死んでいる。
治療のために、子宮が切除され、子供の産めない体になる15歳から39歳の女性が年間1000人いる事実。
それが、ワクチン接種により、かなり軽減することが、海外での接種から判ってきています。
でも、副作用もある。

子どもや孫のために、どんなアドバイスか出来るのでしょうか。






最終更新日  2022年05月17日 16時21分41秒
コメント(10) | コメントを書く


2022年04月30日
カテゴリ:生活



また一人、大好きな歌手がいなくなってしまった。
大学時代、良く聴いた小坂さん。



HORO、おんぼろぼろぐつが踊り出す~♪
ヴォンヴォヤージュ波止場も好きだった。さあ、あなたと夜をひとまたぎ~♪
おじさんにとっては、お洒落なロック歌手。
そんな小坂さんが、横浜だったか、どこかの福音協会で牧師をしてるって友人から聞いて、奥さんと教会まで会いに行ったことがありました。
おじさんは、浄土真宗だけどね。
そして、ゴスペルシンガーに。
名古屋に来た時は、楽屋にシャンパンを届けに行きました。
懐かしい。

今はキリストさん、本人の前で歌ってるのかな~







ドル、現金持ってますけど、売ったほうが良いでしょうか?

105円くらいで買ってるヤツなんです。



四月最後の体重は良好です。







最終更新日  2022年04月30日 11時29分22秒
コメント(6) | コメントを書く
2022年04月27日
カテゴリ:生活


上矢印去年10月の検査結果。

下矢印2022年最初の血液検査。



白血球の数も、赤血球の数もたいした変化は無さそうです。
血の赤い色素量(HGB)なんて、全く同じだ。



GOT,GPT,ガンマーGTも問題なし。
まだまだ酒が飲めるぞ。
飲酒量は、ワインなら奥さんと二人で一日一本。
ハイボールなら、大きなコップで3~4杯。
日本酒なら二~三合ってとこ。
休肝日は一切無し。
肉、チーズは意識してたんと食ってるのに、総蛋白とアルブミンが、いっつも最低ラインなのが寂しいな~。
HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪も、ゼチーアをクレストール2.5ミリに変えても変化なし。

コロナになって、ォミクロン株の拡大に伴って、ジムに四か月行ってません。
でも、体重は1キロ増えたかなぁって程度です。
糖質制限してれば運動しなくても、それほど体重の増加は無さそうです。
あっ、毎日の腕立て伏せ、スクワット、腹筋は欠かさずしてます。
5月からは、ジム再開しようかな。







最終更新日  2022年04月27日 14時15分52秒
コメント(4) | コメントを書く
2022年04月23日
カテゴリ:生活



ユージさんの広いお庭でBBQを。



料理は全てユージさんが作ってくれます。
右の端っこの建物はサウナ。
奥に水風呂とジャグジーがあります。



こんがり焼けた豚のスペアリブ、鶏の丸焼き、カリフラワー



サービスもユージさんが。
おじさんた~は、フォクとナイフを持って口を開けてるだけ。



予定表の終了時間を見てください。
お昼ご飯が終わるのが午後五時(笑)
これでお1人様、8000円しなかったような・・・
勿論、呑みもん付きね。
持ち込んでも、持ち込み料なし。



大きな砂肝なんですよ、これが。
柔らかくて、目を瞑って食べたら砂肝って気づかないかも。



ホワイトアスパラの季節に成りました。



焼きナスが良い味と香りを出してます。
蛤の旨味たっぷり。
奥に見えるのは、おじさんが昔、カリフォルニアのワイナリーで買ってきた2010年のワイン。
BBQには、カリフォルニアが合いそうじゃん?
12年経って、カリピノが力が抜けて美味しくなってました。



多分フィンランドのアラビアのお皿かな、ブルーが素敵だね。




チャックハンバーガーのチャックって、肩ロースの事みたい。
肩ロースの塊肉を細切れにしてパテを作って・・・



パンも焼いてあって香ばしい。
パテは一枚200g以上あり、ガッツリいけます。



レタスと自家製マヨネーズを乗せて・・・



トマトとアボカドをオンして・・・
奥にコロタンが持ってきたカリフォルニアワイン、オーパスワンのオーヴァチュアが。



ガブゥ~~~~~~~と。
旨い!!と思わず叫んじゃう。
そして、お腹がいっぱいに成ったら、サウナに入って・・・



ジャグジーでゆったり。
もう、お腹が満タンで、カレーは食べられません。
ジャグジーの後は、室内で大きなスクリーンで映画を楽しむ。
非日常世界で楽しい一日を過ごすことが出来ました。



今週は63キロ台前半で、イイ感じで体重が推移してます。











ジャグジーの後、水風呂に入るじゃないですか、あれって、冷たすぎるよね。
心臓が止まるかと思う。

この後、やせ細った年老いた野良犬がずぶ濡れになった図が出てきます。

不快感をもたらす危険性がありますから、心の狭い方は御覧にならないでください。





準備はよろしいですか?
知らんよ。












石は投げないでください。







最終更新日  2022年04月23日 12時34分27秒
コメント(4) | コメントを書く
2022年04月04日
テーマ:リフォーム(280)
カテゴリ:生活

ウッドデッキへの木製ガラス戸の取り付け時に、戸の周囲の板張りの外壁と、日よけのオーニングを取り外しました。
その修復作業です。



オーニングのケースは付いていますが、本体はブルーシートに包まれたまま。
ペンキ屋さんが、ガラス戸の周囲の新しい板壁を塗るのと同時に・・・



ウッドデッキとテーブルも塗ってくれました。



ペンキ屋さん、おじさんより年上ですが、とっても良い人。
すっかり仲良くなって、すみちゃんと呼んでます。



デッキの裏側も柱も、ちゃんと塗ってくれました。



茶色が薄い所に網戸のレールが入ります。



こんな感じね。
そしてガラス戸の大きさを採寸して網戸を作ってくれました。



網戸のストッパーになる縦の板。



真ん中のガラス戸をキッチリ覆う大きさの網戸。
今、網戸が真ん中に有りますが、そんなに気にならない。
オーニングも取り付けて試運転。



網戸と木製サッシとの密着性も問題なし。
これで、夏の虫も入って来ません。
この後、GW明けに、家じゅうの外壁の板の打ち直しと塗り直し。
板壁って、6~7年に一度、塗り直しが必要なんです。
それと、強風で板が浮いてくるので、一緒に板の打ち直し。
前回、切込みの入った釘を使ってくれたけどやっぱり浮いてきたので、今回はスクリュウで止め直す予定らしい。
でも、もう、これを最後に外壁のメンテはしません。
メンテ資金を老後の生活資金に充てないといけませんから、これが終わったら、この家は、おじさんた~と一緒に朽ち果てる予定です。



え~~~~~っ!!!???
なんでこんな数字?
嘘でしょ?



今朝はもとに戻っていた。
何だったんだろう、昨日の体重。
思い当たる出来事が無かったのに・・・。







最終更新日  2022年04月04日 16時20分32秒
コメント(6) | コメントを書く
2022年03月14日
カテゴリ:生活



お孫ちゃんと、年に一度のイチゴ狩り。
イチゴは糖質的に良いフルーツなんで、爺も楽しみにしてます。



いつもの、名古屋のストロベリーノ下田が予約がいっぱいで取れず、初めての半田の苺園へ。



ところが、鈴生りの真っ赤な苺なんですが、どれも小さいんです。
「わあっ、デカっ!!」って驚きが無いんです。
「わ~い、わ~い、デカいの見っけ!!」の感激が無い。
しかも、よく熟してるのか、品種のせいか、柔らかい。
噛んでる気がしないの。
ちょっと指に力が入ると、ぐず~~っとつぶれる柔らかさ。
45分の制限時間ですが、今年の我が家のイチゴ狩りは15分で終了。
長男が、途中、違うレーンの方が大きなイチゴがあったから、場所を変えてもらえないか、交渉してくるとスタッフの元に行きましたが、今年は全体に小さいから・・・って訳の分からん対応で断られた。と戻ってきました。

まっ、お腹は膨れたから良しとするか、と帰宅。



夕ご飯を買いに行った奥さんが、「大きくて美味しそうなのがあったから買ってきた~。」と。
確かにイチゴ狩りの苺より、大きくて酸味と甘さがあり、歯触りもよく美味しい。
これからは「ゆめのか」って品種を狙って行きましょうか。




500円で9ケ、イチゴ狩りの大人一人分の2000円出せば36ケ食べられます。
イチゴ狩り行かんでも良いんじゃないの?(笑)



去年は、こんなデッカイのを沢山食べられて楽しかったな~~~



イチゴダイエットで順調なスタートです。







最終更新日  2022年03月14日 16時51分40秒
コメント(8) | コメントを書く
2022年03月12日
カテゴリ:生活
偶然ですが、おじさん家の周り、新築ラッシュです。
その中で住友林業の家が半分以上です。
住友林業、儲かってます。



我が家は築25年くらいですが、色々痛んで来ました。
デッキに出るテラス戸、二重サッシですが・・・



二重ガラスの間の充填ガスが抜けて、中が結露するように成りました。保温、防音の意味がゼロだよね。
そして床面側が腐ってきた!!



木製サッシを作ってくれるところがなかなか見つからず、富山県の業者さんが作ってくれることに成りましたが、製作を始めたら、いろいろ不具合が生じ、12月搬入予定が今に。



まずは現行のサッシを取り外します。



日よけのオーニングも一旦取り外し・・・



クレーンを使うかと思ったら、六人がかりで人力でサッシを二階へ!!
きっと予算が合わないんだろうね。



二時間かけて・・・



なんとか先が見えてきました。
若い衆四人が力作業の中心ですが、見てて可哀想なくらい体をはって頑張ってくれました。



夕方までにはめ込み作業が済んでホッとしました。
この寒い季節に、サッシが嵌らなかったら、寒くて困ります。



以前のサッシより立派なものがつきました。



外側のアルミも丈夫そうです。
これなら、おじさんた~が死ぬまでもちそうです。
遮音性も高くて、これなら断熱効果も高いでしょう。

ただ、このサッシには網戸がついていません。
一緒に付けて欲しいとお願いしたんですが、外側には網戸がつけられないと断られてしまいました。

なので、地元の業者さんに頼んで網戸を内側で付けてもらうことにしました。






最終更新日  2022年03月12日 12時07分13秒
コメント(10) | コメントを書く
2022年02月03日
カテゴリ:生活


使用開始から5年目に入ったネスプレッソマシンが壊れた。
このマシンはよ~働いてくれました。
初代、二代は一年半くらいで壊れてました。
継続して使う人は定価の半額で買えるから、他のメーカーを買おうと成りにくい。
ネスプレッソも、うまい事考えてるよね。



ただし、どんなマシンも買える訳ではありません。
高級高機能機種は買えません。
今回は、高機能機種に欲しい機種が無かったので、これでイイや。と。
今までの物より、手動でやる動作が増えた。
コーヒーの抽出量が3種類から2種類に減りました。
うんと濃いのができないです。
でも、赤色は気に入りました。



水のタンクが大きくなりました。



濃いのは淹れられないけど、アメリカンのお湯割りが大盛りと小盛りの二種類出来るように成ってました。
しかも、お湯だけ200cc出るようになったから、カップスープ(飲んだことないけど)やお白湯さんがタイムリーに飲めるから便利です。
おじさん家、普段、鉄瓶で電熱器でお湯沸かすから時間かかるんです。

四代目、何年使えるかな~~~






最終更新日  2022年02月03日 11時46分34秒
コメント(4) | コメントを書く
2022年01月30日
カテゴリ:生活


ここ二年、外食を控えて、家飲みが増えてます。
今までは、奥さんと二人で、ワインやシャンパンを二人で一本で丁度良かったのが、そのあとにウイスキーや焼酎を飲むようになってしまった。



寒くなったので、焼酎は前割して冷蔵庫に常に用意。
飲みたいときはこれをお燗します。



今年の冬、どぶろくも飲むようになってしまった。
辛口のどぶろく、口当たりがよいので、飲みすぎ注意。
まだ、適量が判らない。



なぜか、どぶろくに、ほんのり甘いあずきを入れて、デザート感覚で飲んでみたり。



まあ、メインは燗酒ですが、その飲酒量が明らかに増えて、四回くらいで一升瓶が無くなる。




外でビールやワインを飲むとき、寒いからお茶やお白湯さんを一緒に頼むようになった。



酔った締めに、濃いのを飲んじゃうし・・・



以前は、家で、こんな飲み方は絶対しなかった!



新幹線に乗るたびに、家用に、こんなん集めるるようになったし。

日常に、体の一番近い所に、アルコールが常に存在してる生活に成ってしまった。
朝から飲みたいとは思わないけど、昼から飲めるなら飲みたいと思うのはアル中だよな~~






最終更新日  2022年01月30日 10時30分19秒
コメント(10) | コメントを書く
2022年01月23日
カテゴリ:生活


日曜日、奥さんが、仕事が終わったら、すぐ、これに行こう。とお達しが。
「お昼ご飯は、あなたが好きなB級を知立駅の構内で、一杯やりながらしましょう。」と飴をぶら下げられて、犬のように、ベロを出し、涎を垂らしながら、ウンウンと激しく頷くおじさん。

ところが、知立駅構内は現在高架への工事中のためか、立ち食いそばも、一杯飲み屋も無くなってました!!

「無いものはしかたないから、平戸橋駅で降りて、駅前で食堂でも入りましょう。」と新しい飴を貰う。



しかし、駅前には、案内の看板が立っているだけで、食堂はおろか、コンビニも喫茶店もな~んも無い!!
足先から冷たさが這い上がってくるような、おクソ寒い中を15分歩いて民芸館へ。
結局、朝、ミルクティーを飲んだだけで、昼飯抜きでお腹の芯まで冷え切って、民藝のお勉強。



柳宗悦、バーナード・リーチ、河井寛次郎、棟方志功は米粒程度は知っている。
濱田庄司、芹沢鮭介は、最近、偶然、奥さんがテレビで見ているのを横目でみた。
あとの人達は全く知らない。
そんな人たちの話を学芸員が、おじさんでも退屈しないよう、面白く話してくれました。



そんな話を聞きながら、おじさんが思ったことは、名も無き工人の作品の中に素晴らしいものがあることを世に伝えようとした人達の作品が有名になり、高値で売られるように成るってなんか変だな~~~。って事。



寒そうでしょ?
帰りには、すきっ腹の体を打ち砕くような、つべたい雨が降り始め、散々な一日でした。




昨日は、晩御飯一食だったのに、体重が増えていた。
せめて体重くらい減っていて欲しかった・・・。






最終更新日  2022年01月24日 10時37分42秒
コメント(2) | コメントを書く

全1249件 (1249件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


© Rakuten Group, Inc.