1148614 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

能登の手染め日記

全1655件 (1655件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Sep 18, 2021
XML
カテゴリ:染色
工房の畑のニホンアカネを大量に増やすために、来年用の苗を育てることにした。この種は1mmほどの大きさで、春先に蒔いても発芽までに時間と水やりに手間が掛かる。今年のように自生の芽が出て育った茎を使うのでは、挿し芽で増やすのに5月になってしまう。その茎も真夏には生育が止まったり枯れたりして、ようやく秋に育つという一年目の栽培の難しさを実感した。

昨年の秋に事前準備として自生しているニホンアカネの茎を切り取り、試験的に10本をポットに挿しておいた。それが根付いて今年の春先には色々な実験を行うことができた。結果としては、前年の秋に次の春の苗の準備をするのが良い!という話(^^

自生地の繁茂する土手へ行き太さ5mmほどの茎を採取

茎の十字型の外皮は枯れていても 中の芯が生きている


これを上下に2節残して切る 上の節だけ挿しても根付く茎もある(左)
下の節は根を出すために、上の節は新芽を残しておく


茎の逆トゲで上下を確認して活力剤入りの水に半日から1日浸して水揚げ


プランターやポットに鹿沼土と畑の土を入れて挿して半日陰に置く
土が乾かないように水遣り、 細い茎も・・・不確実だけど挿しておく(^^;


ニホンアカネは、南向きの湿り気のある藪に生えて、日中は陽当たり良好の場所に伸びる。

良く育った地面に近い部分は5mm以上の太さにもなるので、採取して増やす。群生していることが多いので2,3か所見つけて順番に茎を採取して、根元を残しておくと毎年伸びて使える(^^

この秋は来年の春のために、どんどん増やすぞ~‼ おぅぉぅ~!!!(笑)

ウルシチップが手に入らない場合・・・ウルシチップの作成と販売も行っています。先ず試し染めをしてみたい方はチップ200g送料込み1,100円で販売しています。ご希望の方はshigunaru16@gmail.comまで。染め方のプリントも同封します。チップ200gで繊維200g以上染めることが出来ます。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
紅の水絵日記
 M-Crimsonさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
染工房えむ
 koubou-mさん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん

ブログランキング・にほんブログ村へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト

能登の手へのメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ 







Last updated  Sep 19, 2021 02:48:56 PM
コメント(2) | コメントを書く


Sep 16, 2021
カテゴリ:染色
工房の畑の藍の花が咲いてきた。紅い花の丸葉と白花の長葉の2種類の藍を栽培しているが、両方を近くに植えると花の色の全てが赤くなる。敷地内で丘を挟んで南側と北側に離して植えることによって、なんとか2色の花を咲かし続けている・・・全て赤くなっても問題は無いと思うのだが、2色あったほうが楽しいかな(^^)


赤茎という紅い花の丸葉は生葉染めに使う


小上粉という白花の長い葉は乾燥させて使う


真夏の乾燥室でパリパリに乾かす


今日の乾燥室は室温39℃


すくも作成中 発酵中の温度は62℃ほど

若い頃は生活に追われて時間もお金も無くて、試したいことや実験ができなかった。老いても生活は苦しいが、実験する時間があるのは嬉しい。贅沢はできなくても、この日々は、けっこうお気に入り(笑)

ただ、染料植物の栽培は肉体労働・・・労力的には、かなり苦しい・・・若い時にしたかった!!!・・・(^^;

ウルシチップが手に入らない場合・・・ウルシチップの作成と販売も行っています。先ず試し染めをしてみたい方はチップ200g送料込み1,100円で販売しています。ご希望の方はshigunaru16@gmail.comまで。染め方のプリントも同封します。チップ200gで繊維200g以上染めることが出来ます。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
紅の水絵日記
 M-Crimsonさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
染工房えむ
 koubou-mさん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん

ブログランキング・にほんブログ村へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト

能登の手へのメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ 







Last updated  Sep 16, 2021 05:38:15 PM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 14, 2021
カテゴリ:染色
本日のウルシ染めストール、体験講習は女性お二人様。車で初めて工房を目指したけれど、どうやらナビは遠回りの道を教えてくれたらしい(^^;

これまでのナビのルート案内実績では、半数ほどの人が最短距離で来られている感じ。半数くらいの人が七尾以北で色々異なる道を通って来られるようだ。ちなみに、私の車のナビも、里山海道から奥は徳田大津で下道に降りるように指示してくれる(- -;

ナビの指示通りに走ると迷子になる可能性もあるという、能登の手の工房でウルシ染め体験。綿麻のストール約50㎝×180㎝、絞り染め。

ウルシの木と染めチップ


布に絞りを施す


媒染と染めを繰り返す


ウルシ染めに鉄媒染


紐の絞りの構図を変えてみる


アルミ媒染のストール

とても喜んでいただきました!(^^ 

どうやら車のナビとスマホのナビでは、異なるルートで案内してくれることもあるようだ。私には理由は分からないけど、ナビの無かった頃のことを、いつでも思い出させてくれる。今以上に迷った人が多かった(笑)

ブドウ畑とコガネ色の稲田を通り抜け・・・山中の一軒家ではありませんが・・・湖のように静かな海の風景と共に、ウルシ染め講習を楽しんでもらえたら幸いです(^^;

ウルシチップが手に入らない場合・・・ウルシチップの作成と販売も行っています。先ず試し染めをしてみたい方はチップ200g送料込み1,100円で販売しています。ご希望の方はshigunaru16@gmail.comまで。染め方のプリントも同封します。チップ200gで繊維200g以上染めることが出来ます。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
紅の水絵日記
 M-Crimsonさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
染工房えむ
 koubou-mさん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん

ブログランキング・にほんブログ村へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト

能登の手へのメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ 







Last updated  Sep 14, 2021 06:11:12 PM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 12, 2021
カテゴリ:染色
朝夕の風に少しの涼しさが出てきて、工房の周囲の染料植物にも変化が出てきた。5月に植えたニホンアカネは7月8月は水を求め息も絶え絶えだったけど、雨が多くなり気温が下がって9月になってスックと立ち上がってきた。

ニホンアカネの3~5mmほどの白い花が咲いてきた


4月の挿し芽が広がって新たな茎がツンツンと伸びている(^^


5月までの挿し芽は畑で育った


6月の畑の挿し芽も、水遣りで、かろうじて育った


7月はプランターの挿し芽は育ったが、畑は無理だった(--;

8月はプランターに毎日水遣りしても枯れた・・・右端(^^;


3年計画で増やすニホンアカネ、1年目の試験栽培の結果、畑の挿し芽は5月末まで。6月は日陰の苗のみ育った。7月8月は殆ど伸びないが9月には枝が勢い良く伸び始めた。挿し芽で増やした1年目の生育観察は、これから秋に育つ状態が楽しみ。そして秋の挿し芽を増やす!ということで、来年の栽培が楽しみになってきた(^^ 

経験上、こうした根の染色は乾燥品と生とでは染まり方が違うし、生育環境や栽培年数によって異なる色も出る。染色試験を何度か行うには豊富な根の量が必要だし、自家栽培によって多様な実験と観察を行うことができる。その異なる条件の染め布を試験場に出して、各種堅牢度を比較していきたい。

ウルシチップが手に入らない場合・・・ウルシチップの作成と販売も行っています。先ず試し染めをしてみたい方はチップ200g送料込み1,100円で販売しています。ご希望の方はshigunaru16@gmail.comまで。染め方のプリントも同封します。チップ200gで繊維200g以上染めることが出来ます。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
紅の水絵日記
 M-Crimsonさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
染工房えむ
 koubou-mさん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん

ブログランキング・にほんブログ村へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト

能登の手へのメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ 







Last updated  Sep 14, 2021 10:32:07 AM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 10, 2021
カテゴリ:染色
図案を描き始めた20代のころ。図案部に配属されてデザインガッシュで着物の模様を描いた。しかし、普通に花や風景を描くのは出来ても着物の模様の色に慣れるまで、少し時間が掛かった(^^;

色を使いこなすには経験も必要だし、手描きの図案の地色の変更や描きな直しの時間も大変だった。20年ほど前、そんな苦しみはパソコンソフトで図案を描くようになって、一挙に解決した(^^

適当な色を配置して、ワンクリックで比較する


画面だけで何度もやり直しが可能なので感覚を鍛えることができる


モニター上の光の色と印刷の色は少し異なるが


色替えの図案をプリントして並べて、好みを決めることができた


何度でもやり直しができることが有り難かった(^^

若い頃、色を学びたくて染色の仕事に進んだが、能登の田舎の環境で色彩が少ないところで育ったから、色彩感覚が良くないと思っていた(笑) 自分一人で学ぶことが難しいのが色でもあった。直感的に色使いの上手なメンバーの図案を見ると羨ましくて、上手に使いこなせない自分が悔しかった(^^;

結局、色彩感覚が優れている人も例外的に(個人的感覚では絵が好きな人の100人に1人くらい(笑))居るが、田舎では色の使い方をを教えてもらうことや、色彩について学ぶ機会が少ないことは事実だった。

私は小学校から高校卒業まで、学校の授業で美術(絵)の先生に習ったことが無かった。田舎の学校には、美術の先生が少なかった・・・ちなみに私は高校の授業では書道を選んでいた・・・そんな言い訳も不毛だ(^^; 

だが、努力次第で少しは色彩感覚は良くなるものだと思う。そういう意味ではCGで図案の色を使えるようになったのは、とてもありがたかった。嬉しかった・・・50歳のころだった・・・遅いっ!・・・遅いわ!!! (ー ー;

ウルシチップが手に入らない場合・・・ウルシチップの作成と販売も行っています。先ず試し染めをしてみたい方はチップ200g送料込み1,100円で販売しています。ご希望の方はshigunaru16@gmail.comまで。染め方のプリントも同封します。チップ200gで繊維200g以上染めることが出来ます。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
紅の水絵日記
 M-Crimsonさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
染工房えむ
 koubou-mさん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん

ブログランキング・にほんブログ村へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト

能登の手へのメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ 







Last updated  Sep 11, 2021 11:00:57 AM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 8, 2021
カテゴリ:染色
雨で畑ができない日が続いているので、工房に引きこもって着物の図案を描いている。・・・ちょっと反省して着物を染めようかと (^^; この指が自由に動いてくれるかは不確実だけど、草木染めのデータを採っているだけでは、私が仕事をしているように見えないらしい(笑)

着る人は30歳代、身長155㎝ほど、細身。好みの色や花などの模様は今のところ漠然としているので、ラフな図案を作りイメージを明確にしてもらう。

まずは図案紙に鉛筆で花模様の全体像を描してスキャン

作画ソフトを使って透明レイヤーに花の模様の色を塗っていく

葉の模様のレイヤーに適度に色を付けていく

作画ソフトの背景の裾模様に地色をボカシ(仮定)3色に塗ってみる

この段階では、非常にアバウトな描き方(変更されるのが前提にあるので)

好みの模様だろうか?似合う色かどうか?不明。こうして地色付きの図案を見ると、着る人の好みが絞られてくる。・・・この色は嫌い・・・とか(笑)

図案はこの段階では細部までは描いていないし、変更が自由になる。花や模様の入れ替えも地色の変更も気楽に行える。手描きのデザインガッシュで描いていた頃とは、隔世の感がある。

ここまでモニター画面上で作業するので、採用されなくても特に問題もない。ここ3年間、着物を1枚も染めなかったので、染料粉も固まって使えない色があるのが問題だ!・・・さらに私の腕も指も頭も・・・固まったままなのが、問題だ! (ー ー;

ウルシチップが手に入らない場合・・・ウルシチップの作成と販売も行っています。先ず試し染めをしてみたい方はチップ200g送料込み1,100円で販売しています。ご希望の方はshigunaru16@gmail.comまで。染め方のプリントも同封します。チップ200gで繊維200g以上染めることが出来ます。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
紅の水絵日記
 M-Crimsonさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
染工房えむ
 koubou-mさん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん

ブログランキング・にほんブログ村へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト

能登の手へのメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ 







Last updated  Sep 8, 2021 04:57:19 PM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 6, 2021
カテゴリ:染色
夏草の刈り取りに追われた8月も過ぎて、草木染めデータの整理もまとまってきた。朝晩には少しだけ涼しくなったきて、片付けをしながら金沢の展示を観てもらった同世代の染織家たちの言葉を思いだした。

50年前、京都の染色工房に勤めていた同期の女性は70歳になり、これからは販売する仕事はやめようと思うと言った。染めの作品は日展や県の美術展など3か所の公募展にだけ出展すると言う。あまり無理も利かない年齢になったからと。それには同感だけど彼女のパワーは異常なほどだから、減らしても尚、多いくらいだと思った(^^)

もう一人は親の介護をしながら染織作品を創作している女性で、私より少しだけ若いかな。私は網膜剥離と五十肩で引退だと話したら、こちらには叱られてしまった(^^;

「布に染めと絵を描けることができるって、恵まれていると思わないの?」と言われたが
「ん???」それは考えたことが無かった。
「引退して何をするの?」と聞かれたので、
「畑で染料植物を栽培して、染めの実験をするけど・・・」と言うと
「それもしたら良いじゃない」と返された。
「いやぁ~畑仕事だけでなくて、体験教室や講習会もあるし」言い訳気味に
「目が弱って前ほどの細かい仕事も出来なくなったし」
「年齢に応じた染めをやれば良いじゃないの」

年齢に応じた内容・・・染料植物の栽培と染色実験は、70歳くらいには・・・相応しいと思ったのだが・・・。描き直しの出来ない仕事は、ちょっと怖くなった(ーー;

2018年春の着物の仕事、生地に直接描く素描きだった


それ以降は網膜剥離で左目は今も歪んで見えるから、細かい染め作業は行っていない


腰が痛いから背筋を伸ばした作業を長時間続けられない


その図案(自作CG)裾模様の吹き寄せは無しにした

病気や怪我は止むを得ないけど、70歳前後で今のコロナの時代でも仕事を続けている人には共通点がある。それは、自分で仕事を作っている人たちだ。商品でも作品でも、自ら産みだそうという気持ちのある人だけに仕事がある。

創作する女性は強いな・・・最近の私の意識の低さはアカンなぁ~と思い知らされて・・・知り合いの友禅作家や染屋さんの男たちも同じようなもので、殆ど仕事していないようだし・・・という話だった(^^;


ウルシチップが手に入らない場合・・・ウルシチップの作成と販売も行っています。先ず試し染めをしてみたい方はチップ200g送料込み1,100円で販売しています。ご希望の方はshigunaru16@gmail.comまで。染め方のプリントも同封します。チップ200gで繊維200g以上染めることが出来ます。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
紅の水絵日記
 M-Crimsonさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
染工房えむ
 koubou-mさん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん

ブログランキング・にほんブログ村へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト

能登の手へのメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ 







Last updated  Sep 6, 2021 07:16:42 PM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 2, 2021
カテゴリ:染色
草木染めの色は自然のものだから魅力があるとか、染まった色がまったりして不思議とか、厄除けになるとか霊的だとか、ときには神様が宿っているような話にもなる。それは未知ゆえに、信仰にも近い物語になって崇められたりすることもある。たぶん、自然のことだから神がかりにすると楽なのだろう(^^)

草木染めの全てが今の科学で説明できるとは思わないけれど。色彩の光の科学と繊維組織の物理と色素のイオン反応という化学が、日常では説明しにくい世界であるために、作者の思いこみと想像で情緒的なお話になる。・・・工芸や芸術では、そういう物語が販売にも繋がるようだ(^^;

耐光堅牢度の話は、面倒なので少し嫌われる方の話

抽出80℃以上で60分+媒染30分∔常温から加熱80℃以上60分の工程
㏗7程度の上水道水を使い、染めと媒染を交互に4回から5回を行う

タマネギの絹(左)と木綿(右)は、アルミ、銅、鉄媒染すべてが耐光3級を越えた


インドアカネの絹の染めと木綿の染めも3種類の媒染すべてが耐光3級を越えた


ラックダイも全て3級以上、薄くしか染まらない木綿も5回の工程を行った

木綿は染まらないという先入観を捨てて、調べてみると分かった(^^

工房で使う主な天然染料の7種類(前述)の耐光堅牢度試験を本気で行った結果、絹にも木綿にも、ほとんどの色が3級から3級以上の結果が出た。(※3級以上というのは4級未満かもしれないし、ちょうど4級、もしくは4級以上という意味で、その内容は更に調べないと分からない)

タマネギの染め色は長持ちするという人と、色あせしやすいという両方のが聞かれる。染め方次第なので、全ての耐光堅牢度を保証するものではないが、3級は実用にする最低限の条件だと思う。

20年前に私が染めたアカネもタマネギの色も短時間(20~30分)の染め色を調べて、3級未満だったので残念に思っていた。本当は凄く良い色なのに、そこまで丁寧に染めないで調べた私、手抜きをしていただけの話だった(^^;

そうだ、20年前の私も、自然の掌の中で草木の恵みをいただくとか、染めは水のアートだとか、水の中に魔物がいるとか・・・無知なるがゆえの言葉を使っていた。自然という言葉に頼り、50年にもなる染色の仕事をしていながら、草木染めの色の問題に対して正面から向き合っていなかった、という反省がある。

そうだった・・・草木染めは染色の古典、とも私は言った。・・・いや、それはそうなのだけど、ファイルを紐解いて「古典を現在に生きている人の言葉に翻訳せよ!」と言われているような気がした・・・この気分も錯覚だけど(笑)

この先は耐光堅牢度4級を目指す!そのために私は次々と染め方を変えることになる。20年後、そのころ私は生きていないだろうけど、これから染める色たちから新たに語る言葉が出れば良いかなと思う(^^

ウルシチップが手に入らない場合・・・ウルシチップの作成と販売も行っています。先ず試し染めをしてみたい方はチップ200g送料込み1,100円で販売しています。ご希望の方はshigunaru16@gmail.comまで。染め方のプリントも同封します。チップ200gで繊維200g以上染めることが出来ます。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
紅の水絵日記
 M-Crimsonさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
染工房えむ
 koubou-mさん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん

ブログランキング・にほんブログ村へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト

能登の手へのメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ 







Last updated  Sep 4, 2021 09:36:32 AM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 30, 2021
カテゴリ:染色
仕事には使えないと思っていた草木染めだったが、ヤシャブシの鉄媒染のグレーやゴバイシの重ね染めによる黒は工業試験場の耐光堅牢度4級から5級の結果が出た。すると絹ストールが全国通販のカタログに掲載出来るという話になり、同じく大手のデパートでも販売できることになった。

黒とグレーの4級~5級以上の耐光堅牢度試験結果


20年前も今も30分の染めや媒染を1回では3級未満の結果しか出なかったが


染めの時間も媒染剤の分量も、3級が出た内容を基準にした


コガネバナ、タマネギ、ウルシ、ラックダイ、アカネ、ゴバイシ、ヤシャブシの試験



国内で使われる天然染料の代表的な色、絹にも木綿にも3級以上の成績を求めた

作者の主観ではない、JIS規格の試験や公的な機関の試験結果は一つの基準になり、作り手と販売と使う人の共通認識になる。

2013年のカタログ掲載を機に、曖昧だった草木染めの耐光堅牢度や摩擦堅牢度の3級の結果を基準として、工房で染める方法を変えてきた。染液は常温から加熱し80℃以上で60分以上抽出→媒染は30分→染めは常温から加熱80℃上60分、この繰り返しを2回以上行うと銅媒染と鉄媒染の色は殆どが耐光堅牢度3級以上になった。アルミ媒染でもアカネやコガネバナは耐光堅牢度3級になる。

「草木染めは自然の色だから化学染料の基準で判断するのは不自然」だという人もいる。・・・金沢に暮らす友人の染織家が「草木染めが、いつまでも趣味の世界のままなのは、堅牢度を調べないから」だと言う。まさに色々だ(^^;・・・以下次回・・・

ウルシチップが手に入らない場合・・・ウルシチップの作成と販売も行っています。先ず試し染めをしてみたい方はチップ200g送料込み1,100円で販売しています。ご希望の方はshigunaru16@gmail.comまで。染め方のプリントも同封します。チップ200gで繊維200g以上染めることが出来ます。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
紅の水絵日記
 M-Crimsonさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
染工房えむ
 koubou-mさん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん

ブログランキング・にほんブログ村へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト

能登の手へのメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ 







Last updated  Aug 30, 2021 07:29:58 PM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 26, 2021
カテゴリ:染色
1990年から2000年のころ、工房では着物の一仕事を終えて休みができると身近な植物を採集し、絹布に試験染めを行っていた。工房の周囲には染まる植物が生えていたから、試してみたら良く染まる色もあって、データを採っておけば使える時が来る?かもしれないと思っていた。

良く染まる植物もあったが、殆ど染まらない草や枝、染まっても洗うと流れる色、臭いが酷かったり湯気で涙が出た草もあった。正直、初めのころは手間がかかるばかりで、仕事に使うのは難しいとも思っていた。

それから20年以上の時が過ぎて、このところ染色データファイルを再確認している。クサギの実のように変退色する色もあるが、中には染めた20年前と殆ど変わらない色もある(^^


アメリカセンダングサ  木綿にも良く染まる色もあった

カワラケツメイ  意外な草が染まっていた

カツラ  もう一度、今の方法で染めたい

ズミ  20数年経っても変色や色褪せもない色もある(保存ファイルの中)

当時は試験的に調べていたので染めも媒染も20分、染め時間も20~30分(時々2回染め)という、当時のマニュアル的なものに従っていた。

地域のお婆さんたちと趣味の草木染め教室を続けていたが5年も続けると色あせの問題が現実化し、商品や作品にするのに適した色と適さない色と分けるようになった。

工房で出来る試験として染めた色を半分隠して窓辺において陽を当てて色あせを調べたり、酸やアルカリに通して変色を観察したりしたが、主観だけの説明では他の人や対外的な説得はできなかった。

本業の着物では化学染料で染めた色の耐光堅牢度3級は最低条件で、4級5級が当たり前といわれるようになった。草木染めで耐光堅牢度3級で良いのか?書店に並ぶ草木染めの本を見ても、そんなデータを載せている資料も本も皆無だった。・・・今でも殆ど無いが。

草木染めは仕事に使えない、趣味の教室で行うものだ・・・変退色の現実が、そう語っているように思えた・・・以下次回・・・(^^

ウルシチップが手に入らない場合・・・ウルシチップの作成と販売も行っています。先ず試し染めをしてみたい方はチップ200g送料込み1,100円で販売しています。ご希望の方はshigunaru16@gmail.comまで。染め方のプリントも同封します。チップ200gで繊維200g以上染めることが出来ます。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
紅の水絵日記
 M-Crimsonさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
染工房えむ
 koubou-mさん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん

ブログランキング・にほんブログ村へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト

能登の手へのメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ 







Last updated  Aug 26, 2021 04:09:16 PM
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1655件 (1655件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.