469868 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

能登の手染め日記

全483件 (483件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >

染色

Aug 15, 2017
XML
カテゴリ:染色
お盆がやって来た。35年前の8月15日、父のお骨の前で、私は能登に帰って染めをすると決心していた。

それから月日を重ねて・・・能登での染色生活が35年になった。長いことは自慢にもならないが、この仕事のほかに就くべき事が無かったのだと納得できる(^^

そうしてお盆に17年ほど前の素描きの追加がやってきた。縁あって18年前から能登上布に描くことになったが、初期の頃のテッセン花模様の帯。何種類か描いたものの一つだけど、写真資料が残してあるので同じように描いた。


染色を始めた京都の工房で46年前に習った付け立て運筆の描き方、先生の描く前に正座して教わっていた。

長い間のうちに自分流の空間を仕込むようになっていたが。まぁ、若いころ漠然と描いていたら、「上手く描こうとするな!濃淡だけに頼るな!」と上司に厳しく叱られた記憶が蘇ってくる(^^;

手のひらに乗るように花が開いている姿を描く。葉の奥に指が入るように空間を描く。手前の葉から遠くの葉までの距離を描く。生命感が伝わるように描く。花と葉の茎の性質を踏まえて描く・・・他にも細かいことはあるが、こうした幾つかを意識して描いていた。

今観ると構図にバランスの単調さがあったけど、今回は、あまり直さなかった。追加として、17年前の自分に従った(^^

17年前の描く姿勢は、今も変らない。自然であること、不自然にならないこと。人の手は不自然になりやすい。

自然の中に咲く花を描く自分も自然の中にある。見る人も着る人も自然の中に居る。自然のものを描く自然な取り組み方で、私の立つ位置は、そこにある。

17年前も今も、17年先も。私の自然観は、それで良いのだと思う。描く私が不自然を作り出さないようにすることだ。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト


能登の手へのメール


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ







Last updated  Aug 15, 2017 11:01:05 AM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 3, 2017
カテゴリ:染色
しばらくブログを書くことができませんでした。というのは、急遽出店が決まって香林坊大和8階、キルト展と手しごと展(7月27日~8月1日)でウルシ染めを展示販売してきました。

結論から言うと、ウルシ染め25点のうち20点販売。ただしオーガニックコットンと綿、麻に染めたストールは売れました。絹は時節柄売れません・・・予想どおりですが(^^;

今回、急な出展だったので知人や親戚にはDMを一枚も出さないまま臨みました。・・・無謀(笑


手前4点がウルシ染めストール

そして集客に手描き実演

ウルシ染めの綿ストールや麻の白ストールにヤマブドウやノブドウの絵を描いて販売しました。

展示だけや言葉だけでウルシ染めを買ってもらえるほど、大和のお客様は甘くないです。むしろ全国に数あるデパートの中でも、私の知る限りでは催事場に来て貰えるお客様の少ない場所のひとつ(ーー;

今回出展していた県内外の手作りショップの中には、一日販売額0円、合計経費赤字というお店も何店かあるほどの厳しい催事場です。

それでもウルシの廃材チップを煮出して染めた話は興味を持ってもらえました。単に珍しいだけではなく、輪島に国産ウルシが少ない話も聞いてもらえます。なんで?もっと植えないの?と聞かれます。ウルシ新参者で漆業界の人間ではない私には、詳しく答えることができないですが(--;

私が言えるのは、ウルシ廃材を使って良い染物ができるということ。ウルシ染めは木綿にピンクグレーやレンガ色、カラシ色やグレーなど数色を染めることができ、一部の色は工業試験場で耐光堅牢度3級を越える結果が出たので販売しています、ということです。

ウルシ染め関係者の皆様、ご購入していただいた皆様、ありがとうございました。お盆以降になりますが、更に染めを続けて9月12日からの草木染め教室20周年記念展には、新作も発表したいと思っています。

私は漆業界の人間ではありませんが、縁あってウルシを染めることになりました。漆の苗から廃材までの循環の中で、ほんの少しでもお手伝いができれば良いと思っています。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト


能登の手へのメール


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ







Last updated  Aug 3, 2017 09:57:04 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jul 22, 2017
カテゴリ:染色
忙しい一日だった。午前は染料抽出、午後はウルシ染め体験教室、夜は絵画教室・・・真夏にこのスケジュールが続くとダウンするだろうな(^^;

今日のウルシ染め教室レポート。参加者は子ども2人含めて13人予定だったが、暑さとイベントでキャンセル2人。暑い日の染めは冷房が無いところでは無理だし、火力はIHが良いわ~。

さて、本題。染めるたびにウルシは濃く鮮やかなピンクになる。草木染めは実験を重ねないと、よく分からないことが多い。・・・重ねても分からないことが多いが(笑





ピンク、黄色、グレーの3色を木綿布に染めることができるのは魅力的。また水道水でも地下水でも確実に染めることが可能になった。これは私の工房だけでなく、公共施設などでも体験ができるということになる。

後日にあらためてレポートを行うけれど、渋味のピンク、ベージュ、グレーなどでは工業試験場で耐光堅牢度3級~3級以上という結果が出ている。これは、化学染料の基準だけれど商品として大手百貨店や通販に扱って貰える条件に達している。木綿布の草木染めで、この条件を満たしている色は非常に少ないのが現実だ。

更に実験を重ねると、より美しい色を増やすことができると思う。ウルシで美しいピンクを染めているところは全国で他に無いようだから、更に確実に染められるよう地味に実験を続けていきたい(^^

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト


能登の手へのメール


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ







Last updated  Jul 23, 2017 12:44:59 AM
コメント(4) | コメントを書く
Jul 13, 2017
カテゴリ:染色
今年の草木染め教室は熱い!秋の20周年活動記念展が迫ってきたから、頑張って・・・ん~そうでもない雰囲気かな?(笑)

今日は真夏のような暑さの午後。60歳以上の高齢者ばかりだが、それでも参加者は意欲を持って取り組んでいるのに違いない(^^;)


コガネバナを2回染めた木綿布 絞りが施してある

ウルシの染色データと木綿布

一般参加もできる『ウルシ染め』教室は、
7月22日(土)午後1時30分~穴水町諸橋公民館2階研修室
44×196cmオーガニックコットンのウルシ染め3000円、木綿ハンカチ800円の実費負担(入会金や会費は不要)で参加できます。

ウルシのピンクは染め液の状態によって、濃くも重ねられるし鮮やかにもなる。ちょっと不思議ピンク色だけど、たぶん、日本のどこでも行われていないウルシ染め(調べてないけど・・・笑)

今回は希望者が自由に参加できる教室です。作業着、エプロン、手袋を持参してください。ご希望の方はご連絡ください。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト


能登の手へのメール


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ







Last updated  Jul 13, 2017 05:59:56 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jul 2, 2017
カテゴリ:染色
神奈川県から金沢へ仕事に来た若いご夫婦が、能登半島まで足を伸ばした旅。昨日は輪島で『蒔絵体験』を行い、今日はウチの工房で『ウルシ染め』。

能登へ『ウルシ体験の旅』というテーマの旅になったようだ。

ウルシ染めはツアーコースには入ってません(^^ゞ まだ実験段階ですが、予約すれば状況によって可能で、場合によっては無理です(^^;


ちょうど実験中だったのでOK!

綿ローンハンカチにウルシピンクが良く染まった!

オーガニックコットンの200cmストール

今回、ウルシピンクの実験中だったので、お二人には体験と同時にお手伝いをして貰いました。まだまだ改良中。こうしたデータをまとめて、次のレポートを作ります(^^

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト


能登の手へのメール


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ







Last updated  Jul 2, 2017 03:16:04 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jun 6, 2017
カテゴリ:染色
6月4日(日)の北陸中日新聞『のと群像』に掲載していただきました。ありがとうございました。

ここ数年というもの他団体の事業のコーナーで仕事をすることが多くなった。私個人や工房が主催するイベントが少ないので、あまり新聞やテレビなどの取材を受けて来なかったが、今回は輪島産のウルシを使った染めをアピールできるのでお受けした。

見たよ~、と電話やメールなど連絡を戴いて、古い知人からの声が懐かしかった。「私も老けたけど、アンタも年いったね」と(笑)
なんとか元気で仕事しています、と話をすることができた(^^ゞ




ウルシ染めの木綿手ぬぐい。下2枚が銅媒染の色違い発色

染色関係者からの問い合わせもあるので、もう少し実験を重ねたら、まとめのデータを公表する予定。ウルシ染めを行う木材乾燥チップは500gを1500円で分けて貰っているけど、こちらも輪島市内の業者が販売に向けて準備を進めているところです。

新聞を見た方から「教室はしてないですか?」という問い合わせがあった。「第2、第4木曜日の午後2時から、もろはし草木染め教室があります」と答えたのだけど、勤めている人にとっては難しい時間帯だった。今のところ一般募集の講習会はないし他の教室も予定がないし・・・あまり営業してない・・・(^^;

予約で講習会を行っていますが、一人では代金が高額になります。4人以上集まって車で工房へ来て貰えると割安です。ブログなどで草木染めの絞りの画像を見て、染めてみたいものがあったら新谷工芸までご連絡ください、と説明した。

また公民館やサークルなど10人以上の教室や講習の場合は、県内どこへでも行きます。県外も行きますが、+旅費&宿泊費をお願いします(^^

秋には地域の人と一緒に活動している草木染め教室20周年記念の展覧会を予定しているので、ウルシ染めの絞りやロウケツ染め作品も発表します。なんとか、もう少しは健康管理に気をつけて仕事します(^^ゞ

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト


能登の手へのメール


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ







Last updated  Jun 6, 2017 10:29:45 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jun 1, 2017
カテゴリ:染色
夜半、久しぶりの雨。ありがたい・・・が、ちょっと強めの降り方だった(^^;

日中は晴れて午後、農家民宿群『春蘭の里』の応援に行ってきた。と言っても我が家から車で3分の農家民宿『ふるきみ』さんへ、修学旅行女子中学生6人の藍染め体験。

この季節、全国から多くの修学旅行生が春蘭の里に田舎暮らしの体験に来る。中学生が『春蘭の宿』グループ40数軒に分宿し、農業体験や魚釣り、キリコ担ぎなど能登の田舎の暮らしを体験する。

今回は生徒さんが300名近くということもあり、人数が多いので沢山の体験メニューが必要になる。そこで県の農林水産部の里山振興室に登録されている『石川県ふるさとの匠連絡協議会』のメンバー(何らかの技能技術を持っている人々)が体験指導のサポートをする仕組みができている。今回は竹とんぼや藁細工、葉細工、貝細工などの体験。


農家民宿『ふるきみ』さん『藍染め体験』

このところ雨が降らなかったので藍の生育が悪く今年の生葉は見せられなかったけど、昨年作った泥藍を使って木綿の手ぬぐいに割り箸と輪ゴムで絞りを施して染めた。それぞれに楽しんでもらえたと思う。

手ぬぐいの藍染めは『おしめ』のように見えやすいので、ちょっと楽しいデザインに工夫した。・・・『おしめ』に見えるだろうか?今の時代の中学生に『おしめ』の説明は難しかった(笑

追記:藍染めなので水を多く使ったけど、準備から片づけまで手伝ってくれました。そして、挨拶も良くできる女子中学生たちで、私も楽しい時間を過ごすことができました(^^

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト


能登の手へのメール


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ







Last updated  Jun 2, 2017 05:56:42 AM
コメント(2) | コメントを書く
May 29, 2017
カテゴリ:染色
創作の仕事に就いて長くなると、感動が少なくなってしまいそうになる。感動のない創作は、創作と言えないかもしれない。すでに出来上がっている価値観で仕事をする気はない。まぁ、生活の為に同じような仕事はするけれど(^^

このところ草木染めの実験が面白い。ウルシ染めでは銅媒染で赤褐色系が染まるのだが、木綿布の染めでは条件によってピンク味が強くなる。多くの草木染めで絹は良く染まり、木綿や麻の植物繊維には染まり付きが悪い。ウルシ染めの木綿にもその傾向はあるが、工業試験場の耐光堅牢度試験では木綿に染めたピンク味のグレーが3級以上と出た。

この結果には驚いた。そして実験を重ねてみるとピンクローズ、更に赤味が多くピンク色と言えるような彩度の色が染まってきた。ウルシピンクとでも言おうか(^^


全て同じ銅媒染だが抽出水のPHや染めに使用する水が異なる

黄色味のウルシ乾燥チップからピンクが染まるとは想像しなかった。意外性と感動と、そして次のテーマが見えてきた。

堅牢度を高いままに、彩度を上げること。そして再現性を高めること。これらができると新たな商品ができる。作品も創ることができる。

だが、この色の再現が・・・難しい。まだ、同じ色と言えるピンクが染まりにくい。同じピンク色の染色条件を見つけること。・・・う~ん、どの程度で同じような色と言えるのか?(^^;

天然染料の実体は、全てが分かっているわけではない。むしろ、ほんの一部しか知らない私は、入り口をウロウロしている気がする。自然の懐は多岐にわたり大きすぎる程あるのだから、コントロールできるわけもない。

既成概念にとらわれていないか?既存のマニュアルに無い染め方はないのか?

もっと、あるはず。きっと新しい色が見つけられるはず。もっともっと魅力的な染色方法があるはずだ。と信じて無駄かも知れない実験を続けていく(^^ゞ

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト


能登の手へのメール


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ







Last updated  May 29, 2017 05:57:42 PM
コメント(2) | コメントを書く
May 24, 2017
カテゴリ:染色
輪島塗で使うウルシの木から採った乾燥チップは黄色味を帯びていた。黄色が染まる、誰もがそう思った。予想通り確かに黄色は染まった。

しかし、誰がウルシ木材のチップを使ってピンクローズを染めることができると思っただろうか?そして、その色が耐光堅牢度3級という試験結果の良い染料だと、誰が想像しただろうか?(^^)


中央が現在染めた中で最も明るいピンクローズ(銅媒染:国産木綿布)
ピンクローズという表現は暫定だけど該当する色名が見当たらない

草木染めの色を染めるとき、多くの場合(1)古くから使われていて良い染料というのを使ってみる。これらは染料店から買うことが多い。そして(2)染色のテキストを参考にする。そのマニュアルに従って色を染めていく。更に(3)自分で新たな植物を染めてみる。

というのが一般的な進み方になり染め液を加熱20分ほど染める方法が多いが、その根拠は示されていない。上のウルシ色はフラボン系なので、木材学会の資料では沸騰状態で30分間染めるのが良いというデータが示されている・・・室温から染めて沸騰するだけでも長い!(笑

だが、そこから染めを進めると、もっと楽しくなる。新しい色に出会うと、もっと嬉しい。もっと工夫して(4)新しい染め方を見つけると凄く楽しい。更に、(5)染めた色を工業試験場などで調べて貰うと、ものすごく面白い・・・いや、落ち込むこともあるが(^^;)今回のウルシは「ものすごく嬉しい」に該当する!(笑)

実際、マニュアルに良いと書いてあった染料が、試験を受けてみると耐光堅牢度3級未満と出ることがある。この耐光堅牢度というのは染められた繊維の色褪せを等級化する試験で、一般的に使用する衣服の光への耐性が低いものを3級未満、そして3級より堅牢な程度を4~7級と検査し表示する。

摩擦や汗、洗濯や酸やアルカリへの耐性も試験し、衣服などの品質基準とされている・・・ これを知ると、え?どういうこと?その染め方で良いのだろうか?という疑問を持つことになる。

単純に言うと、昔は20回や40回の染色工程を繰り返し、何度も色を染め重ねて長持ちする色を出していた。生地が傷むまで染め直しも行った。今は、短時間で染める方法もあるし、インスタントで濃くする方法もある。体験コースのそれも、自然の楽しみ方だと言えるかもしれない。

自然とは便利な言葉だし価値観は色々だから、それで良いとも言う。趣味で楽しむことを否定するものではない。確かに、自然というイメージは豊かで良い。

そして一方で自然から今回のウルシのように今まで染めることのなかった色を、工夫次第で見つけることも出来る。こうして楽しむだけではなく、偶然ではなく、探し続けると手に入れられることもある。

創作の魅力は、ここにある。そして、ものづくりの面白さが、その先にある。どこにもなかった染めを行い、品質を高めて魅力的な模様を表現することができるなら、染めものを創作する者として、この上ない喜びになるのだと信じて進むことができる。

ウルシ木材のピンクローズの染め色の先に、未知の世界を拓く何かがある・・・かもしれない(^^

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト


能登の手へのメール


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ







Last updated  May 24, 2017 07:42:19 PM
コメント(2) | コメントを書く
May 22, 2017
カテゴリ:染色
昨日は上布に注文でトンボを素描き、合計4枚の帯を能登上布会館へ納品してきた。16日納品の予定が1週間ほど遅れて申し訳なかったけど、最近は遅れるのが当然のようになってしまった(^^;)

これを年齢のせいにしてしまう(笑・・・目が見えない、指が荒れている、腰が痛い、集中力が続かない)で、若い描き手を募集する話になった。

始める人には帯の模様寸法などの基本を私が説明するけれど、生地を買う必要はないので初期費用は電気コンロと水墨画用品が必要なだけ。机ひとつ、畳2枚ほどの広さがあると描くことができる。問い合わせは能登上布会館へ






鉄仙花、夏椿、トンボ

墨絵や水彩画を描いた経験のある人ならば大丈夫。できれば納期を守ってくる人が良い(^^;

ということで今回の納品3点の帯を格安販売!上布会館は中能登町の役所管轄なので原価販売。たぶん、仕立て上げて市販価格の半値くらいだと思う。

係りの人に話を聞くと業者さんが転売目的で買う場合もあるようだが??? (^^; 他にはノレンやタペストリーも墨濃淡で描けば良い。以前に描いたそれらは完売していたが、帯の実物を見たい方は、能登上布会館の展示コーナーへ(月曜休館)

この3点が売れた後は、次の人が描いた帯が並ぶかもしれない。私は70歳までに引退、仙人になる予定だから(^^ゞ

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん
にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト


能登の手へのメール


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ







Last updated  May 22, 2017 03:24:41 PM
コメント(2) | コメントを書く

全483件 (483件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.