000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Let's create BVE

November 16, 2008
XML
それでは、ソリューションエクスプローラからAts.hをダブルクリックして開きます。
ats_04_1.jpg

----------------------------------------------------------------------
20行目、”int g_emgBrake; // 非常ノッチ”と書いてあります。
これはint型の変数g_emgBrakeを定義(作成)する文です。
【変数とは】値を入れておく箱だと思ってください。
【intとは】整数のみを入れることのできる箱です。
g_emgBrakeは変数の名前です。
つまり、この1文で”g_emgBrakeという名前の整数を入れる箱を作る”わけです。
----------------------------------------------------------------------
分かりましたか?これが分からないという人にはまだATSプラグインの作成は無理かもしれません。
最低でも変数を理解し、足し算のプログラムが書けるくらいの知識は必要です。
しかしそれほど難しいことではありません。1日もあれば覚えられるでしょう。


<< 03:初めてのビルド  05 作成したプラグインの使い方 >>






Last updated  November 16, 2008 04:05:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ATSプラグイン作成講座] カテゴリの最新記事


PR

Recent Posts

Category

Comments

にそん@ Re:ATS-Pの距離情報(06/05) I.A.さん このサイトとは全く関係ないんで…
I.A.@ ATS-Pの距離情報 はじめまして、I.A.と申します。 現在,A…
ノ付@ Re:質問です(03/10) This version is not supportedというメッ…
オカT@ 質問です  管理人様、初めまして。 講座とは関係…
(G)@ ありがとうございます なんだか難しそうですね…。頑張ってみます…

Calendar

Archives

January , 2021
December , 2020
November , 2020
October , 2020
September , 2020

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.