000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Let's create BVE

December 5, 2008
XML
45行目、SetVehicleSpecをみてみます。
この関数は車両を読み込んだとき(ゲームを始めるときや、F5で再読み込みしたとき)に呼ばれます。
この関数は、引数で車両諸元の構造体が渡されてきます。(構造体の内容は公式ページの解説で確認してください。)

サンプルプログラムでは、渡ってきた値をグローバル変数にセットしています。
ここで一つ注意する所は、非常ブレーキノッチについてです。
構造体で渡されてくるブレーキノッチ数は常用最大ノッチ数です。
非常ブレーキの定義は、常用最大ブレーキノッチ+1となります。(48行目)

<< 06 関数の解説(第1回)  08 関数の解説(第3回) >>






Last updated  December 17, 2008 11:47:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ATSプラグイン作成講座] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

Recent Posts

Category

Comments

にそん@ Re:ATS-Pの距離情報(06/05) I.A.さん このサイトとは全く関係ないんで…
I.A.@ ATS-Pの距離情報 はじめまして、I.A.と申します。 現在,A…
ノ付@ Re:質問です(03/10) This version is not supportedというメッ…
オカT@ 質問です  管理人様、初めまして。 講座とは関係…
(G)@ ありがとうございます なんだか難しそうですね…。頑張ってみます…

Calendar

Archives

January , 2021
December , 2020
November , 2020
October , 2020
September , 2020

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.