071977 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Let's create BVE

January 30, 2009
XML
108行目、「サウンド出力」とあります。
ここから113行目までは画像の表示/非表示を設定する処理です。
sound[0]~sound[7]まで処理が書かれており、この数字部分(配列)0~7は、Sound.cfgで設定する[Ats]の0~7と対応しています。

sound[0]を例に見てみます。
このsound[0]はATS-SN警報音です。
soundに設定できる値は定数:ATS_SOUND_STOP(-10000)、ATS_SOUND_PLAY(1)、ATS_SOUND_PLAYLOOPING(0)、ATS_SOUND_CONTINUE(2)です。

ATS_SOUND_STOPを設定すると、そのサウンドは停止します。
ATS_SOUND_PLAYを設定すると、サウンドが再生されます。
ATS_SOUND_PLAYLOOPINGを設定すると、サウンドがループ再生されます。
ATS_SOUND_CONTINUEを設定すると、前回の状態を維持します。

ここで注意する点は、ATS_SOUND_PLAYの使い方です。
ATS_SOUND_PLAYはサウンドを1回再生しますが、sound[]にATS_SOUND_PLAYを設定したままだと
Elapse関数が実行されるたびに(この関数内で設定しているから)サウンドを再生しようとします。
そのため、警笛キーをずっと押している時のように、連続して再生されてしまいます。
そこで登場するのがATS_SOUND_COTINUEです。
ATS_SOUND_PLAYを1度実行してサウンドが再生されたら、次のループで再生されるまでにATS_SOUND_CONTINUEを設定しておきます。
すると、サウンドは1度再生されるだけで連続再生にはなりません。
(プログラム例)
//ATSベルの状態がPLAYの場合
if (atsBell == ATS_SOUND_PLAY) {
  //ATSベルの状態をCONTINUEに設定
  atsBell = ATS_SOUND_CONTINUE;
}


ひよこまめ知識ひよこ
soundに-9999~-1までの値を設定すれば、音量指定でループ再生が出来ます。
0が通常のループ再生の音量で、値が小さくなるにつれて音量も小さくなります。


<< 10 Panelの設定  12 関数の解説(第5回) >>






Last updated  January 30, 2009 11:07:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ATSプラグイン作成講座] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

Recent Posts

Category

Comments

にそん@ Re:ATS-Pの距離情報(06/05) I.A.さん このサイトとは全く関係ないんで…
I.A.@ ATS-Pの距離情報 はじめまして、I.A.と申します。 現在,A…
ノ付@ Re:質問です(03/10) This version is not supportedというメッ…
オカT@ 質問です  管理人様、初めまして。 講座とは関係…
(G)@ ありがとうございます なんだか難しそうですね…。頑張ってみます…

Calendar

Archives

January , 2021
December , 2020
November , 2020
October , 2020
September , 2020

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.