256800 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

農業経営ドットコム

PR

Profile


karico1998

Calendar

Favorite Blog

熊親父と夢来鳥さん

経営者に絶対必要な… テツ0711さん

プリンを食べたいぞ prizebonbonさん
沖縄久米島 グラン… 沖縄久米島・花龍さん
・・・・・・・・半… 塩見直紀(半農半X研究所)さん

Free Space

設定されていません。

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Headline News

2008年10月29日
XML
カテゴリ:農業時事

「農林水産省改革チーム」とは、
事故米の不正規流通問題を受け、農水省が自ら作った
農水省の業務・組織の見直し検討組織です。

 「国民の視点から」という一文が設立趣旨にあり、
有識者から意見を聴取するなどの活動をしているようです。

********************************************

「事故米」の不正転売問題を受けて、
業務や組織の見直しに取り組む農水省改革チームは27日、
東京都の猪瀬直樹副知事と
経済同友会農業改革委員会の委員長を務める
JFEホールディングスの數土文夫社長を招き意見を聞いた。

 猪瀬、數土両氏はいずれも監査の在り方について言及。

 また猪瀬氏は地方分権の立場から、
 地方農政局や農政事務所の廃止または分離など
踏み込んだ政策を示す必要性を指摘する声もあった。 

 今回の問題について、猪瀬副知事は
検査に複数回入ったのにもかかわらず
不正を見抜けなかった点について、
「インセンティブ(動機付け)のない組織に驚きとともに怖ささえ感じた」
と強調した。

(日本農業新聞 08-10-28)

********************************************

 個人的に現東京都副知事の猪瀬直樹氏の発言には
同感することが多くあります。
 最近TVに出られることも少なくなりましたが、
コメンテーターの中では
かなり真実をついた鋭い発言をされる方だな
と思っていました。

「インセンティブ(動機付け)のない組織に驚きとともに怖ささえ感じた」 

 この台詞は、多くの公的機関に当てはまると思います。
 
 年金問題から社会保険庁が解体することになりました。
健保部門はすでに分離しています。

 地方農政局や農政事務所も
同様の道をたどらざるを得ないかもしれません。


 にほんブログ村ランキングに参加しています。
 下のバナーをクリックしていただくと、このブログにポイントがあがります。
 現在「企業」カテゴリで6位です (^^)v
 
 応援のワンクリックをポチッとお願いいたします。

 にほんブログ村 企業ブログへ







Last updated  2008年10月29日 12時26分02秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.