243496 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

身近な街の法律家「司法書士」

PR

Calendar

Archives

2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

ウェーブロックHD(7… hijiri21さん

思わず読みたくなる… aimyyさん
法律なんて怖くない! 法律伝達人max-asayuさん
AVENSIS D… エヴァーラスティング・ドリームさん
人の行く 裏に道あ… 行政書士大魔神さん
社会保険労務士たま… たまちゃんSRさん
司法書士 新たな旅… とろ0188さん
Hiro's Review hirohiro38さん
工藤幸太郎税理士事… 税理士(゜д゜) [福岡市]...さん
司法書士つるぴかは… くじらのだんすさん

Comments

 まりもらっこ@ Re[1]:ご無沙汰しております!(09/03) シン先生! 書き込みありがとうござ…
 司法書士ヨコスカシン@ Re:ご無沙汰しております! まりもらっこさん こちらこそご無沙汰…
 まりもらっこ@ ご無沙汰しております! シン先生!お久し振りです! ご挨拶…
 司法書士ヨコスカシン@ Re:おめでとうございます(03/16) >きくりんさん 先日はお疲れ様でした…
 司法書士ヨコスカシン@ ゴブサタしております >たまちゃんSRさん コメントありが…
 きくりん@ おめでとうございます 先日はお疲れ様でした。ワシも自分の子ど…
 たまちゃんSR@ Re:コドモが生まれました(03/16) お久しぶりです。 そして、誕生おめでと…
 司法書士試験ガイド管理人じん@ 相互リンクのお願いです。 はじめまして。私は、「司法書士試験ガイ…
 エーデルlichtfreude@ お久しぶりです 新人研修から帰って早々、予備校講師にな…
 司法書士ヨコスカシン@ Re:ご無沙汰です! >えりりん(^^)さん ホントにご無…

Recent Posts

Category


●ご来訪有難うございます●


よこすか総合司法書士事務所

栃木県小山市駅南町3丁目31番12号
0285-27-7997


事務所アクセス(google map)

ご来訪くださり誠にありがとうごさいます。
こちらは栃木県小山市にて開業の司法書士事務所です。

相続手続、遺言や生前贈与、遺産分割についてのご相談・ご質問は、当事務所までお気軽にお声掛けください。

司法書士、というと「登記手続の専門家」という事の他にどうしても「堅い・とっつきにくい・何をするひとかが分からない」というイメージを持たれてしまいがちですが、もっと親しみやすく、身近な存在でありたい、と考えています。どうぞお気軽にご相談ください。

もしかしたら、私たちが関わらないで済ませたいような相談事もあるかもしれません。


しかし、だからこそ当事務所にお越しの際は、
なるべく親身になってご相談に応じる事を心掛けています

もしものとき、お気軽にご相談ください。


身体のご不自由な方への出張相談も無料にてお受けしております。

出張無料相談サポート地域:
【栃木県】小山市、栃木市、佐野市、足利市、野木町、岩舟町、下野市、
上三川町、壬生町、真岡市、益子町、宇都宮市
【茨城県】結城市、筑西市、古河市、下妻市、堺町、坂東市
【群馬県】館林市、板倉町、邑楽町、太田市
【埼玉県】羽生市、加須市、久喜市、熊谷市


このページおよびブログを通して「街の法律家」ならではの、身近で役に立つ情報を提供していけたらと考えておりますので、宜しくお願い致します。


業務に関するご質問、ご依頼に関して、詳しくはこちらをご覧くださいませ。

当事務所の業務内容について:

よこすか司法書士事務所

横須賀総合司法書士事務所

(栃木県小山市)




登記手続とは?  債務(借金)整理とは?




Facebook始めました。アカウント:facebook




法律・法学系ブログ
banner






●おしらせ●
(最終更新13.8.5)



土塔商店街+の新たなプロジェクト!
「土塔のがっこう」がスタート!7月から各店舗で随時開催致します。

当事務所も、「知らなかったでは遅すぎる!?相続のトラブルにいまから備える方法」というテーマで、セミナーおよびワークショップを開催致しております!

9月は18日(水)にて、会場は同じ土塔商店街+加盟の「子どもアプリ教室イーヴァ」(小山市土塔234-1 ロータスビル1階)をお借り致します。

会場地図(google map)→

時間は午後2時から1.5~2時間程度(質問タイム含む)
参加費用は無料です。

想定参加人数は5人~10人程度ですが、ひとりでも参加者があれば実施致します。

参加希望の方は、よこすか司法書士事務所(0285-27-7997)までお電話、またはメールにて参加希望日をお伝えください。

難しく構えず、カルチャースクールのような感覚で、楽しく参加して貰える内容ですので、業界や年齢層を問わず、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら



------------------------------------

過去のお知らせはこちら

2013.10.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

前回から随分と時間が開いてしまいました...m(_ _)m

嫡出子であるCと婚姻外子であるEがいる状況で、Bが亡くなった場合に、誰が相続人となるか、ですが...

早速前回のクイズ答えから。


正解は...





1)A(妻)とC(嫡出子)

のみ、となります。
婚姻外子のEは相続人に含まれません。


ninti2 


え!? ∑(゚Д゚)
...という方も居たと思います。

「え、だってEも相続人で、でも貰える持分が違うって話じゃ...」

確かにそうです。
ただEが相続人となるには、ある前提が必要となります。

EはBの相続人に自動的になるのではなく、前提として、BがEは自分の子供であるという「認知」の届出をして、初めてEはBの子(但し婚姻外子)として相続人としての権利を得るのです。

ちなみに、その効果は出生時にさかのぼります。(民法784条)

メディアによってはここの部分の説明が抜けている事があるので、敢えてちょっとイジワルな出題をしてみました。

ちなみに、認知というのはその子に対する父親が行うもので、母親は認知の必要はありません。子は母親の身体から生まれてくるので、母親が出生届を出せば、当然に戸籍上も子供として(但し非嫡出子として)認められる事になります。

では、EがBから認知されていた、ということを前提として次回に続きます。


この内容は、相続遺言セミナーにおいてもお話しております。
詳細はこちら
http://plaza.rakuten.co.jp/nouveau72/2005/



 

よこすか司法書士事務所 TEL0285-27-7997
栃木県小山市土塔222番地47
相続・遺言・贈与・借金問題などの疑問や相談に、「身近な暮らしの相談室」としてお気軽にご利用ください。
(対応地域:小山市・栃木市・下野市・壬生町・鹿沼市・宇都宮市・上三川町・真岡市・佐野市・足利市・結城市・古河市・筑西市)

 







Last updated  2013.10.02 16:31:47
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.