000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

医療費節約!ありがとう、微量ミネラル

免疫は体内システム全体に関っている

免疫は体内システム全体に関っている

免疫について一般的によく知られているのは、体外からの抗原の侵入によって産生さ
れる抗体が、一度かかった病気を再びかからないように予防するというものですが、
実はこれは免疫の一面を見ているに過ぎません。
免疫の本当のすごさは、人間の体の全体に張り巡らされているさまざまなシステムと
深い相関関係にあり、体内システム全体に関っているところにあります。

人間の生命維持活動を営む上で必要な体内システムはさまざまありますが、中でも代
表的なものは
  (1)代謝エネルギーのシステム
  (2)自律神経系のシステム
  (3)白血球のシステム
などで、これらの体内システムは、互いに常に微妙なバランスの上に成り立っていま
す。それぞれのシステムは、「体のここにある」といったそれぞれに特定できる明確
な器官があるわけではありませんが、互いに有機的に結びついています。

(1)代謝エネルギーシステムは体内システムのすべての基本です。それは一口で言う
と、人間が生きていくためのエネルギーを消費・蓄積するシステムのことです。つま
り食物を食べることによって、体全体の細胞のレベルにいたるまでありとあらゆる活
動に必要な栄養・エネルギーを供給し、運動する、考えるといった日常生活を営む上
でなくてはならないものです。
食べれない(栄養不足)、何を食べているか(発がん物質など)、どのくらい食べている
か(過食)といったことの結果として、免疫が低下し栄養失調だったり、がんの誘発
だったり、肥満、糖尿病だったりと生活習慣病を患うことになるのです。

(2)自律神経系のシステムは、交感神経と副交感神経の2種類の神経系統から成り立
ち、「自律」とあるように、私たちの意志ではコントロールできないという特徴があ
ります。心臓を動かす(血液の循環)、無意識の呼吸、胃腸での消化など体全体の、意
思がおよばない運動を司っています。
自律神経の交感神経と副交感神経は、交感神経→興奮させる(職場でのミス、全力運
動、夫婦喧嘩などのストレス)、副交感神経→リラックスさせる(音楽を聴きながらく
つろぐ、お風呂でゆったり、歩く)、という具合にそれぞれ相反する方向に働き、健
康なときには常にバランスを保っています。ところが強いストレスなどでこの2種類
の神経のバランスが崩れ、片方に極端に持続的に偏ると、顆粒球とリンパ球のバラン
スも偏りさまざまな病気をもたらします。

※体の生命活動すべてをコントロールしているこの自律神経システムが、実は白血球
のシステムもコントロールしています。

(3)白血球のシステムは免疫を司り、免疫に関るのは「マクロファージ」「顆粒球」
「リンパ球」です。
ご存知の通り成人の血液は、赤血球(酸素や栄養を全身に運ぶ)、白血球(血管内部を
自由に動き回り抗原・変質自己細胞を攻撃し体を守る)、血小板(出血時に血液を凝固
させる)からなり、体重の約13分の1、約5リットルでほとんど骨髄で作られますが、白血球
の一部は脾臓やリンパ節など別の場所でも作られます。
免疫を司る白血球は、血球全体の1000分の1の量ですが、健康な状態の時には
  マクロファージ  5%
  顆粒球      60%
  リンパ球     35%
の割合を保っています。

マクロファージは白血球の基本細胞で、免疫のおおもとです。
リンパ球はマクロファージの指令で小さな異物を処理します。
顆粒球は大きな細菌を自らに取り込んで処理します。

※マクロファージが産生する免疫物質であるサイトカインは、近年、免疫系だけでは
なく、
神経系(運動神経系、知覚神経系、自律神経系)、内分泌系(脳下垂体、甲状腺、生殖
腺、副腎などから分泌されるホルモン)の生体の重要な機能も調節している、生理活
性因子であることも判ってきました。


よろしかったら、他の健康情報を探しに行ってみてください。 気になる今の健康プログ!←ポチッとな
一つ前にもどる
次に進む
毎日、更新中! 画面上の「Diary」をクリックして、たえず新しい日記をご覧下さい。

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.