330178 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Photo is Nownau

「努力の壷」の話です。私は好きですね。

どりょくのつぼ

 「お母さん,どりょくのつぼの話,また,して!」
 「うん,いいよ。こんどは なーに?」
 「さかあがり!」
 「あらら,まだいっぱいになっていなかったのね。ずいぶん大きいのね。」といいながら,お母さんは いすをひいて私の前にすわりました。
 そして,もうなんかいもしてくれた「どりょくのつぼの話」を また ゆっくりとはじめました。それは こんな話です。

 人は何かをはじめようとか,今までできなかったことをやろう思ったとき,かみさまから「どりょくのつぼ」をもらいます。そのつぼは,いろんな大きさがあって,人によって,ときには大きいのやら,小さいのやらいろいろあります。
 そして,そのつぼはその人の目には見えないのです。でも,その人がつぼの中にどりょくをいっしょうけんめいいれていくと,それがすこしずつたまって,いつか,どりょくがつぼからあふれるとき,つぼの大きさがわかるというものです。

 だから,休まずにつぼの中にどりょくを入れていけば,いつかかならずできるときがくるのです。私は この話がだいすきです。

 ようちえんのとき,はじめてお母さんからききました。そのときは,いちりんしゃをやっているときでした。それから,とびばこ,てつぼうのまえまわり,たけうまなど,なんでもがんばってやっているとき,お母さんにたのんでこの話をしてもらいます。くじけそうになったときでも,この話を聞いていると心の中に大きなつぼがみえてくるようなきがします。そして,私のどりょくがもうすこしであふれそうに見えるのです。

 だから,まだがんばる気持ちになれるのです。お母さんのいうとおり,こんどのさかあがりのつぼは,ずいぶん大きいみたいです。さかあがりをはじめてから,もう2回もこの話をしてもらいました。でも,こんどこそ,あとすこしであふれそうな気がします。だから,あしたから またがんばろうと思います。
 お母さんは,「つぼが大きいと,とてもたいへんだけど,なかみはいっぱいあるから,あなたのためになるのよ」といってくれます。
 こんどかみさまにもらうときは,もうすこし小さいつぼがいいなあと思います。


© Rakuten Group, Inc.