020804 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

NPO法人 福岡気功の会

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


NPO法人 福岡気功の会

Freepage List

2008年08月01日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日から八月。そして今夜は新月、陰暦では七月一日です。陰暦七月は秋。そう、ちょうど一週間で立秋です。…が、お暑うゴザイマス。
きょうは気脈の会合宿開催地策定のための下見という予定をキャンセルして終日オフ、つまり休日にして、のーんびりしてすごしました。
わたしの《のーんびり》というのは、以下のごとし。
朝、8時すぎ起床(30分寝坊)、新聞を読む。どちらかというとつまらん紙面。9時前にノルディックウォーク開始、炎天下40分、小公園で練功して帰宅、入浴、洗面。あっというまに正午。読書。急に肉体労働したくなって、やおら砥石をトイレの貯水槽の中から取り出し、外のコンクリートのたたきで汗をかいてこすって平らにして、包丁3本と、安い鋏1本を研ぐ。それから鼻緒の切れた八つ割りを下駄箱から出してすげ治し。汗ダララで入浴。明後日には若い客人が訪れるので、LDK(実質書斎)のデスク周辺の雑然を何とかしようと整理整頓に着手、3ヶ月ぶりか。テレビの部屋の書庫から持ち出してきて参照しっぱなしでパソコン周辺に野積み状態になっていた書籍数十冊を、元の書庫に再収納。ついでに、棚整理。本が…古本臭い。ずっと曝書してないからなあ。で、またまた汗だくで三度目の入浴、着替え。お茶。
本日は大潮(満月&新月)なので、断食の日なのです。といっても、食事を作らないというだけのことで、お茶は呑むし、茶菓子もつまみ、果物も食べる。休胃日ならぬ休台所日であります。
包丁研ぎなんかすると、25年前までやっていた、修理屋稼業をあざやかに思い出す。7月8月は稼ぎ時で、昼ごろ出掛けて、日没まで炎天下で傘直し、刃研ぎ、靴修理などをやっていた。日銭2万円になるかならないか。月収40万、ガソリン代が月3万、材料費などの原価が1~2万か。毎日ぐったり疲れて帰って来て。それが真冬だと日は短いし寒いしで、夏場の半分も稼げなかった。きつい商売だなあと思っていたけど、ホントに自由気ままな、晴耕雨読の精神衛生上最高の生活。それに、子供たちがいた。1980年代のわたし。
今、先生なんて呼ばれているけど、月収18万くらいで、毎月、赤字。でも、子供たちは独立してくれたし、すきな?仕事をマイペースでしているわけだし、妻は全然文句は言わずにつきあってくれるし、気軽だ。
何か、ずーっと幸せつづきなんじゃないかって気がする。
また、夜半に近づいてしまったけれど、これから通信教育のテキストを書いて、またパソコンの熱で汗かいて、疲れたら、寝るってことになります。また、風呂に入って。






Last updated  2008年08月01日 23時42分57秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.