377088 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

特定非営利活動(NPO)法人 前橋中央硬式野球倶楽部

平成22年

     前橋中央ボーイズ守り勝って8強…日本少年野球東日本選抜大会

 第21回日本少年野球東日本選抜大会(10~12日・栃木県総合運動公園野球場ほか)▽中学生の部準々決勝 小山ボーイズ1―0前橋中央ボーイズ

 前橋中央ボーイズは埼玉杉戸、千葉中央と初出場組に守り勝って、8強入り。主将の小須田創は全3試合に登板して、計12イニング1失点。「四球が多かったが、球が低めに投げられたことがよかった」とマウンドを振り返った。堅い守りに対して不振だったのは打線。千葉中央戦では2回に、杉山秀平が中越ランニング本塁打を放ったが、準々決勝では小山に3安打完封負け。「3試合で3失点と守りはよかったが、今後の課題は打撃」と植栗一夫監督(38)は打線に奮起を促した。

(2009年10月15日14時57分 スポーツ報知)




     前橋クレインボーイズ公式戦1勝…群馬ダイヤモンドペガサス杯秋季大会


◆日本少年野球群馬県支部 第2回群馬ダイヤモンドペガサス杯秋季大会 ▽1回戦 群馬西毛ボーイズ2―3前橋中央クレインボーイズ(25日・前橋市民球場)

 初陣1勝だ。今年9月に設立されたばかりの前橋クレインボーイズが、初の公式戦で勝利を挙げる快挙を達成した。

 見事な逆転だった。初回に2点を先取されたが、2回に高橋尚暉の適時打で1点差。そして5回。敵失で同点とすると、2死満塁から吉田諒の中前適時打で勝ち越した。投げても吉田が8安打2失点で完投。「立ち上がりがしっかりできなかったけど、低めにボールを集めた。打撃は自分のスイングを心がけたら打てた」と左腕は笑顔を見せた。

 「よくしのいだ。力はないけど、まじめな子たちで集中力がある。本当にこのチームをやってよかった」と春原太一監督(35)は表情を崩す。前橋中央ボーイズの“兄弟チーム”として設立。普段の練習は一緒に行っている。「クレインは体力的にまだ、成長しきれていない選手のチーム。そのぶん、伸びしろがある。全員に試合の経験を積ませたかった」と指揮官は設立の経緯を説明した。

 主将の棚橋勇介は「1勝はとてもうれしい。みんなでよく声も出せた」と興奮する。2回戦で今大会準優勝の高崎ボーイズに5―7と惜敗したが、実力は証明できた。11月の全国予選でも戦いぶりに注目が集まる。

(2009年10月29日11時37分 スポーツ報知)




     前橋中央クレインボーイズが強豪を連破!…関東ボーイズリーグ大会


1、2回戦で好投が光った前橋中央クレイン・吉田 ◆報知新聞社主催 パナソニックカップ第13回関東ボーイズリーグ大会▽中学生の部1回戦 大田シャークボーイズ2―3前橋中央クレインボーイズ▽2回戦 前橋中央クレインボーイズ9―1神奈川ボーイズクラブ=5回コールド=(24、25日・本庄市民球場ほか) 中学生の部は4回戦までが行われ、創部2年目の前橋中央クレインボーイズ(群馬)は2勝を挙げる快進撃となっている。

 群馬の前橋中央クレインボーイズが強豪の大田シャークボーイズ、神奈川ボーイズクラブを連破、大健闘している。

 07年ジャイアンツカップベスト8の実績を誇る前橋中央ボーイズの“弟分”として昨年9月に設立されたセカンドチーム。「個人差で体の成長が遅い3年と早熟の2年でチームをつくっています」と春原太一監督(35)が説明する通り、体格で目立つ大型選手はいない。だが、基本に忠実な守備と非力ながら簡単に三振しない、しぶとい打撃は基礎練習の豊富さをうかがわせる。

 投手は身長165センチの技巧派左腕・吉田諒が大活躍。強打で知られる大田との1回戦は2失点で完投勝利、神奈川戦も4回1死まで1失点と好投した。「一番自信のある球」のカーブに直球、チェンジアップを織り交ぜ、緩急自在の投球で打者を翻ろうする。配球に細心の注意を払う捕手・高橋尚輝の好リードも投手陣を支えている。

 「あと2つ勝って、前橋中央と対戦したい」。吉田と高橋尚は口をそろえ、先にベスト16入りを決めた“兄貴”との公式戦初対決を熱望した。ゆっくりだが、地道な一歩を積み重ねて、前橋クレイン・ナインはいつか必ず“兄貴”を超える。

(2010年4月29日13時11分 スポーツ報知)


     前橋中央ボーイズ、攻守でミス サヨナラ負け…中学硬式野球大会


◆第9回群馬テレビ 中学硬式野球大会 ▽準決勝 行田リトルシニア6x―5前橋中央ボーイズ(4月29日・藤岡市民球場)

 前橋中央ボーイズは先手を取って、優位に進めたが、攻守でミスが重なり、悔しい逆転サヨナラ負けとなった。1回に3番・山本竜生の豪快な2ランで先行、3、4回にも、山本が適時打を放つなど、主砲の活躍で追加点を奪い、序盤は前橋ペースだった。だが、3回に内野陣のタイムリーエラーが連発、与えずもがなの2失点が痛かった。6回に三塁打の宮沢宏輝を手島光将が適時打でかえし、勝ち越したが、7回にエースの林が、先頭打者を四球で歩かせたのがひびき、力尽きた。「攻撃ではもっと点が取れたのに、走塁ミスでつぶし、守りも乱れた。勝てた試合だった」と植栗一夫監督(39)は歯がゆい戦いに悔しそうだった。

(2010年5月14日12時51分 スポーツ報知)


前橋中央ボーイズ3年連続関東大会出場!…群馬県支部予選


3年連続の関東大会出場を決めた前橋中央ボーイズ ◆報知新聞社主催第35回日本少年野球関東大会 群馬県支部予選 ▽代表決定戦 群馬西毛ボーイズ1―2前橋中央ボーイズ ▽決勝 北毛ボーイズ1―8前橋中央ボーイズ=5回コールド=(15、16日・渋川市民球場)

 前橋中央ボーイズが貫禄の3年連続関東大会出場を決めた。群馬西毛との代表決定戦。先発の塚越優太がキレのある変化球を武器に快投をみせる。5回までわずか2安打に抑え、三塁を踏ませない投球。「リズムよく、自信を持って投げられました」。両軍無得点が続く、緊迫した展開にも動じなかった。

 打線も塚越優の力投に応える。6回に山本竜生、贄田大亮、栗原啓輔の3連打で1点を先制する。同点とされた7回には、2死二塁から手島光将が左前へ決勝適時打を放った。「自分がいままでやってきたことを信じて振りました。結果が出てよかった」と笑顔をはじけさせた。

 最終回は塚越優が3者凡退に抑え、1失点完投勝ちで関東大会出場を決めた。対戦した群馬西毛は、兄弟チームの前橋中央クレインボーイズが2回戦で敗れた相手。ナインは“弟分”の敵討ちの思いで戦った。塚越優の好投もさることながら、バックも無失策で右腕をもり立てた。

 続く北毛ボーイズとの決勝は、2回から毎回得点で5回コールド勝ち。大会3連覇となった。植栗一夫監督(39)は「柱の投手が出てきてくれることを期待していたが、塚越優がよく投げてくれた」と最優秀選手に耀いたエースを褒めたたえた。主将の林翔平は「1試合でも多く勝てるように頑張りたい」と、8月の大会を早くも見据えた。

(2010年5月20日13時54分 スポーツ報知)


前橋中央ボーイズ「浮足立った」逆転負け…群馬県支部予選

◆報知新聞社主催第41回日本少年野球選手権 群馬県支部予選 ▽中学生の部・準決勝 前橋SAKURAボーイズ6―8前橋中央ボーイズ=6回時間切れ= ▽同・決勝 富岡ボーイズ5―4前橋中央ボーイズ(12、13日・寺間球場ほか) 硬式少年野球、ボーイズリーグの全国大会、第41回日本少年野球選手権大会(報知新聞社主催、8月2~5日、大阪・南港中央球場ほか)の予選が各支部で行われた。群馬では春の全国大会4強の富岡ボーイズが逆転サヨナラ勝ちで、夏は初めての全国切符を手に入れた。

 前橋中央ボーイズは先発の小須田創が6回まで3失点の好投。しかし、最終回、2死から連続四球を許してしまったのが響き、逆転サヨナラ負け。6回には富田恭輔が逆転となる中前打を放つが、この1点を守ることができなかった。植栗一夫監督(39)は「いい試合だった。逆転してから、選手に浮足立った感じがあった」と肩を落としていた。


前橋中央クレインボーイズ4強入り、吉田が準々決勝完投…日本少年野球東北大会

◆第8回日本少年野球東北大会 ▽中学生の部・準々決勝 前橋中央クレインボーイズ5―4仙台ボーイズ ▽準決勝 横浜瀬谷ボーイズ8―1前橋中央クレインボーイズ=5回コールド= ▽3位決定戦 いわきボーイズ9―3前橋中央クレインボーイズ(24、25日・仙台市南蒲生海岸公園野球場) 第8回日本少年野球東北大会が24、25両日、仙台市南蒲生海岸公園野球場で行われた。

 前橋中央クレインボーイズは創立2年目で見事4強入りを果たした。1回戦で逆転勝ちして波に乗る。1点を追う最終回に同点に追いつき、なおも1死二、三塁で星亮貴が左前適時打を放ち勝ち越した。「点を取らないと負けると思って思い切り打ちました」と星。準々決勝では先発の吉田諒が4失点完投で、全国大会出場の仙台ボーイズに競り勝った。春原太一監督(36)は「選手はよくやりました」と選手の成長に目を細めていた。

(2010年7月30日13時52分 スポーツ報知)


前橋中央ボーイズ、大逆転初V…関東大会

◆報知新聞社主催 第35回日本少年野球関東大会 ▽準決勝 武蔵狭山ボーイズ0―8前橋中央ボーイズ=5回コールド= ▽決勝 城南ドリームボーイズ4―8前橋中央ボーイズ=延長9回=(8月28、29日・本圧市民球場ほか) 大逆転で初の栄冠を勝ち取った。各支部の代表24チームが参加した中学生の部では、決勝で前橋中央ボーイズ(群馬)が城南ドリームボーイズ(東京都東)を下して初優勝。序盤に4点のリードを許したが、7回に同点とすると、延長9回に4点を奪って勝ち越した。3年生最後の大きな大会で、群馬県に初の優勝旗をもたらした。

 5回を終えて4点のビハインド。それでも前橋中央にあきらめる選手は一人もいなかった。「追う立場の方が得意。まだまだ、いけると思っていた」と話す林翔平主将の言葉通り、反撃は6回に始まった。

 先頭の宮沢宏輝から小須田創、手島光将、山本竜生の4連打で1点を返す。「みんなでつないだ場面。僕もつないで点を取ろうとしか考えてなかった」と山本。さらに併殺の間に1点、塚越優太の適時打で1点差に迫った。

 最終回。先頭の林が左前打。「チームを引っ張るキャプテンだし、先頭で出るしかないと思った」と林は振り返る。暴投と宮沢の中前打で1死一、三塁から小須田が打席に入った。「いままでやってきたことを出し切ろう」と振り抜いた打球は左前適時打になった。



胴上げされる林主将 土壇場での同点。7、8回と4回から3番手として登板した塚越優が、3人で切って取りリズムをつくる。そして、延長9回。相手の守備の乱れに乗じて4点を奪った。

 その裏も塚越優が3者凡退に仕留め、歓喜の瞬間が訪れた。「使ってくれた監督の期待に応えたかった。同点に追いついてから、気持ちも入って、絶対に抑えてやると思いました」と6イニングを無失点に抑えた右腕。全国4強の城南ドリームボーイズを倒し、前橋中央が関東の頂点に立った。


昨秋から選手の出場機会を増やすため、前橋中央に加えて前橋中央クレインの2チーム体制となった。前橋中央の方が現時点で体力、技術の優れた選手が在籍。植栗一夫監督(39)は「勝たなければいけないという思いの中、なかなか勝てなかったけど、最後に大きな大会を取れてよかった」。9イニングの死闘を制した選手たちを、誇らしげに見つめていた。

(2010年9月2日13時01分 スポーツ報知)



前橋中央クレインボーイズ「兄貴」に負けない!…前橋中央の分身、ユニーク育成法で将来の選択肢広げる


続々と新チームが加入しているボーイズリーグ。群馬にも昨年、前橋中央クレインボーイズが創立された。強豪・前橋中央ボーイズの兄弟チームとして誕生した同チームは、多くの部員を抱えるチームに新たな形を示していく。

 昨年9月、群馬県支部に新加入、公式戦デビューで初勝利を飾った前橋中央クレインボーイズが、さらなる飛躍を目指して、2年目のシーズンをスタートした。

 チームは前橋中央ボーイズの分身。「経験値重視の観点から、中学期にベンチやスタンドに控える選手は必要ない。多くの選手を、多くの大会に出場させたい」。中央ボーイズの監督だった春原太一氏(35)が就任して、昨年6月、新チームを立ち上げた。

 練習は兄貴分の前橋中央ボーイズと合同で行う。月曜日を除いた週6日、利根川の河川敷にある前橋中央緑地公園内のグラウンドと、球団事務所に隣接した室内練習場で汗を流し、練習後には英語、数学の補習授業も行っている。2年生25人、1年生29人、2チーム合計54人の大所帯。チーム編成は「中央ボーイズは早熟型のほぼできあがった選手、クレインはこれから伸びてくる晩成型の選手」との基本線で、新チームが構成された。

 選手の育成法はユニークだ。全員が参加する内野守備練習は、一、二、三塁、遊撃と4か所に分かれ、流れ作業のように無駄なく行われる。ポジションは固定せず、好きな守備位置についていい。「将来の選択肢を広げてあげたい」との指揮官の方針だ。打撃でも左右両打ちを推奨、可能性を引き出す。クレイン18人のメンバー中、15人が両打ちだ。07年、前橋中央硬式野球倶楽部として、NPO法人の活動が認可された。地域と密着した活動の一環として、最終学年で野球活動を終えた小学6年生や、中学3年生が練習に合流し、グラウンドは活気に満ちている。普通は約2年半のボーイズリーグ活動を、ブランクを置かず3年半体験できるのが魅力で、部員は年々、増え続けている。

 「みんながゲームを経験し、そのうえで結果がついてくれば最高」と指揮官。「兄貴チームには力では劣るかもしれないが、気持ちでは負けない。今年はもっと上を目指したい」と主将の棚橋勇介。昨秋、打球を受け、頭部陥没の重傷を負いながら、奇跡とも思える早期復活を遂げたエース左腕、吉田諒も「入院中にみんなに励まされた。感謝の気持ちを強く持って、全国を目指したい」と躍進を誓った。

 ◆前橋中央クレインボーイズ(群馬県支部=前橋市)
▽創立 2009年。
▽活動日 火、水、木、金、土、日、祝日。
▽主な活動場所 前橋市中央緑地公園北グラウンド。
▽問い合わせ HP=http://plaza.rakuten.co.jp/npomaebashichuo/

(2010年2月4日13時21分 スポーツ報知)






平 成 2 2 年 度




平成22年度 入部式 於前橋シティーホール

nyuubu.JPG



中学1年生・中学2年生 部員募集中




平 成 2 2 年 度  選 手 募 集 中 中 学 1 年 生 ・ 中 学 2 年 生  随 時 選 手 募 集 中 !!


選 手 募 集 ご 参 照 下 さ い



lin2-2.gif




第21回日本少年野球東日本選抜大会


前橋中央・東日本選抜大会8強! 報知新聞




前橋中央クレインボーイズ 公式戦初勝利



クレインズ公式戦初勝利・報知新聞記事





前橋中央クレインボーイズ 関東ボーイズリーグ大会



クレインズ躍進! 報知新聞記事






前橋中央ボーイズ 第9回 群馬テレビ杯 ベスト4




前橋中央・攻守でミス サヨナラ負け 4強 報知新聞



前橋中央ボーイズ 第35回 関東大会
群馬県支部予選 優勝!!




前橋中央 関東大会予選 三連覇  三連覇 報知新聞



kanto.jpg



gunei.ac.jp.jpg





前橋中央ボーイズ 第41回 全国大会
群馬県支部予選 準優勝



  「浮足立った」逆転負け 報知新聞記事




前 橋 中 央 ク レ イ ン ボ ー イ ズ  第 8 回  東 北 大 会  ベ ス ト 4 !!


  報知新聞記事




前 橋 中 央 ボ ー イ ズ  第 3 5 回  関 東 大 会  優 勝 !!



  関東ブロックHP  報知新聞




kanto1.JPG


kanto2.JPG




lin2-2.gif




前橋中央が紹介されました












home


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.