5451721 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小さな幸せ集め時々猫

2021年11月28日
XML
カテゴリ:何げない日常


娘婿の事業が倒産して4年目かしら。
家族で東京に引っ越して来る
娘と子供二人は母が居る実家に帰る
娘と子供二人は青森に残り、婿は東京に出稼ぎに

​​いろんな選択があって、自己破産して住む場所も無いなら
東京に一家で出て来る事も可能だったけど、青森のマンシ
ョンが残り、長男の嫁の務めもあるし、何よりも青森の教
育環境が子供に合っているので転向させたくなかったみた
い。

娘が「学校は青森で続けさせたい」と言ったら婿は喜んで
くれたみたい。義両親は高齢ではないけれど、嫁が側に居
てくれれば自分は安心して東京で働けるものね。

夫婦の話し合いなので私は結果を聞くだけで何かを言う立
場にはないですからね。

想像ですが、表向きは青森では負債を返済出来るほど賃金
の高い企業がないから東京に行くと言ってますが、それも
一つの理由でしょう。

     

父親の代から経営者として県内では少しは名の知られた家
庭だったので知人に落ちぶれた姿を見せたくなかった事も
地元を離れる理由だったと想像します。
(私は落ちぶれた…とは思ってませんよ)

どのくらいの負債があるのかは娘も知らないらしいけど、
(聞いても仕方ないから)
自己破産を回避して、東京で自分の生活を支え、娘に送
金して生活を支えてくれて4年。

そうとう疲労がたまっているのではないかと心配ですが…
倒産間際に実の両親からも融資してもらえなくなっていた
ので、私が頼まれて3~4回お金を貸しました。

私はお金を貸す時は返してもらえない事を想定して貸すの
で、娘には「生前贈与にするから解さなくても良いと言っ
てね」と言いました。
(勿論、借用書なんてもらいませんよ。ラインのやり取り
 だけで…機種変更したので消えました)

     
       2006年の青森で娘と孫
    この写真は二人が健気に生きているので
     大好きな写真(これが青森って感じ)

     婿の事業は順調で生活は安泰だったけど
      350日休みなしで働いていたので
    母子家庭みたいだったけど、今は完全母子家庭


返してもらう気はないのですが本人は「そんな訳にいきま
せん」と頑なですが、どう考えても返済は無理でしょう。

娘も働いて生活は出来ているけれど、嫁いでから貧乏にな
るなんて、全く想定してなかったわ。

   
 青森はいつも雪って印象 

 
  そして、いつでも父親はいませんでした。


私が浪費する分があるなら孫に注ぎ込みたいと思ってるの。
甘い祖母だと非難されるかも知れないけど、高校2と小4の
孫達には不自由はさせたくないもの。

で、月謝とお小遣いは毎月振り込んでるわ。
娘には20年前に嫁ぐ時に「クレジットカード」を渡してあ
るの。困った時は使いなさいネ…と。

でも、使用した形跡はゼロよ(お守りだって)


 

青森では車と灯油が無ければ生きていけませんから。
(ガソリン・灯油の値が沸騰してるので)




どんなに非難されても私が生きてるうちは守ってあげたい!
知人の少ない地方で働きながら一生懸命子育てしてるから…
高校2年の難しいお年頃だけど

「お母さん、大好き」
「お母さん、誰よりも綺麗」
そう言葉に出す孫男が可愛い。

来年は運転免許を取得するけど
教習所のお金は
うん!出してあげるよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【 42段ギア搭載 ★ 1億円 座椅子 】 低反発 座いす リクライニン...
価格:6990円(税込、送料別) (2021/11/27時点)


​​


ポチっと押してくれると
  喜びます

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ 




小さな幸せ集め時々猫 - にほんブログ村​​






最終更新日  2021年11月28日 10時35分43秒
コメント(4) | コメントを書く


PR

プロフィール


夢 みるこ

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.