4727753 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小さな幸せ集め時々猫

全122件 (122件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

夫の食道がん闘病生活

2019年03月02日
XML
​​ 

2006年に幼稚な私のブログが始まりました。

写真の添付も出来なくて、淋しいブログでし

たが
一番最初に「迷い猫」さんがコメント

をくれて
とても嬉しかったのを鮮明に覚えて

います。


そして、長~い休眠に入って、復活したキッ

カケは放棄
犬「やえちゃん」を保護して下さ

ったボランティ
アさんに近況をお知らせした

かったからで
……



やえ



更新してみると、何だか楽しくなって現在に

至ってる
のですが…

年寄りは同じ話を何度もするよ~残さず言うよ~

と良く言われますが、ブログにもこの現象が

表れて来て、
以前に書いた事とダブってしまう

事が多々あるよう
ですが、お許し下さいね。

決して「前に読んだよ」とは言わないように

お願い
​しますね(本人は凹みます)




そんな中で以前のブログを読み返してみると

亡くなった
夫の「食道がん」の病状が最悪の

状態だった事を
改めて思いだしました。


早期のがんは治る時代になりましたが、やっぱ

転移してると難しい場合もあるんですね。

   





夫が胃の調子が悪いと言って近所の病院に行った

のが
2008年5月で「胃炎」の薬を飲んでいまし

たが治らず
7月にCT検査をした直後に夫と私も

病院に呼ばれ
かなり進行した食道がんだと知ら

されました。



直ぐに、御茶ノ水にある大学病院の名医と噂の先生に

紹介してもらって診察の結果は、食道がんの他に舌に

も転移があり
喉のリンパに6個、大腸に2個…胸に

も…と言われました。



放射線も抗がん剤治療も効き目がなくて「手術は無理」

となり、私は「今日にも、何が起きてもおかしくない

状態ですよ」と医者から言われました。

余りに我慢強い男も考えものですよ。







今、私は幸せに生活出来ていますが、当時の夫の苦しみ

や悲しみをどの程度理解してあげられたのか?心が痛み

ます。

最後の6か月を在宅で過ごし、1日も寝込む事がなく

友人と・兄弟とキチンとお別れが出来た事が救いだっ

たかな~と思うしかありません。

没後10年~懐かしく・恋しくて、逢いたいです。

   





にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

  
​​
↑押していただけると喜びます。


​​






最終更新日  2019年03月02日 20時48分51秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年02月28日


2007年2月…足腰が弱って来た15歳頃のももちゃん
​​​​

2008年の10月頃、余命は次の年の早くて梅、遅くても

桜までと言われていた末期ガン患者
の夫が、足腰の弱く

なった愛犬「もも」に
ウッドデッキから庭に降りる階段

をスロープに
してあげたいからホームセンターに行って

人工芝
を買いに行くと言い出しました。




そして↓このスロープを作ってあげたんです。

ももちゃんはこのスロープを降りてシッコに行き

ました。

夫が亡くなる3か月前ですよ





↓そしてこれはお台所の上がりがまちですが

ここから散歩に行くのに、この高さが降りれない

ももちゃんの為に一段踏み段を作りました。






そして、この頃でした。


私に自転車のタイヤに空気を入れるために、空気

入れの
使い方を教えてくれました。

それまで、電動自転車のメンテナンスはすべて夫

点検してくれていてライト・ブレーキ・タイヤ

の空気
そして車体はピッカピカでした。



「もうやってあげられないからな~」と私を呼ん

空気入れの実習をしてくれました。

夫は亡くなるその日まで昼間にパジャマで居る

事は
なく「病人だからパジャマでいたら?」と

言ってもパジャマで
いたり、昼寝をする事もあ

りませんでした。

苦しかったり、痛かったりは隠してたと思います。




亡くなったその日でさえ、パジャマを着替え、髭

をそり
身綺麗にして、歯を磨いて…

そのまま、朝8時過ぎに亡くなったのです。

​​​​


夫が心から愛した女の子「ももちゃん」





 福寿草が咲きました

写真が出てきて思わず夫の思い出話になってしまいました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

  
​​
↑押していただけると喜びます。







最終更新日  2019年03月01日 11時14分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年07月21日
​​​​​​​​​​​​​​​​​​

​2018年7月8日のやえちゃん!   

しわもシミもないしお若いわね~(うらやましい)

ちょっと白髪が増えたけどね。​





​ 

前の駐車場にこんな車が止まってたけど

まさか、私を迎えにきてくれたのでは?(夢みるみるこでした)​




   

現実の自分(身がなるものって大好き)

お金がなる木があったら……

みんなが作ちゃうわね。





     2009年9月

そして、夫が入院先の病院から抜け出して

逢いに来てもらった愛犬もも。

玄関に腰かけたまま「逢いたくてさ~」って。

5分も居ないでタクシーで帰って行ったわ​(切なかった~)​

​​
この介護ベストは超便利でしたよ。

背中の取っ手を持てば立ち上がれる。

又、色が​ももちゃん​に似合ったて可愛かったのよ~~
               (ほんとに!)

​​




​そして・そして、歩いての散歩は無理になって。

​今は無き旧国立競技場横の散歩コース​






ほとんど寝たきりでしたが…

シッコは知らせました。





2009年11月

​​同じ頃、夫が愛してやまなかった愛猫も

介護される生活に。

強気な男でしたが、最後は猫被ったように

大人しくなって可愛い猫でした。

去勢手術したのに最後まで家中にマーキング

してました

(なに様のつもりだったの?私毎日カーテン洗濯してたわよね)


​​




誰も居なくなって…1年後
 
​2011年1月   この子がやって来ました。​​

前年の10月26日にブリーダー遺棄で保健所から

​助け出されたやえちゃん!

↑上の写真は甘えて抱かれてるのではありません。

恐怖で動けないんです。





次の日   こんなにはしゃいだ姿も見せてくれました。

終の棲家って感じてくれたのかもね。






でも、人間は信じてないわよオーラを出しまくり​​​​​​​​​​​​​​​​。

そんなやえちゃんとの生活も7年目。

だんだん、厳しい状況に………
​​






最終更新日  2018年07月22日 21時49分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月20日
​​

  いわさきちひろさんの絵



私は腎臓がんで右腎臓を全摘したけど​


​担当医は言った「残った腎臓が頑張るよ」

​​​​​​​​​​退院の日担当医に「帰ったら直ぐにビール飲んでいい?」

「やっていけない事は何にもないよ!」

   これは余命も長くない私へのいたわり」だったのかも


担当医は退院の日まで「癌です」とは一度も言ってない。

私がカルテを覗いたら「腎臓がん」と書いてあったから

あ~私は癌だったんだ!…と知っただけ。



娘が19歳の時、渋谷で遊んでた夜。

「救急車で病院に運ばれた」と連絡が…

勿論、すぐに病院へ。

相変わらず夫は家に居なかったな~



腹痛だったけど「婦人科系ですので明日は専門の

病院に移動します」

案外元気で明るかった娘。

翌日、専門病院で診察を受けると、すでに

卵巣が破裂していて緊急手術になったわ。

手術後、巨大になった(1キロありました)摘出した

卵巣を見せられたけど……言葉なし



その時先生が全摘でなくてほんの少しだけど

残せましたって。


その時は卵巣が女性にとってどれほど大切臓器より

少し残せたって事が有難い事だったのかよりも

生きててくれて良かった~

そんな感想でした。



ところが、結婚して子供を望んだ時、ほんの少し

残してくれた卵巣がきちんと機能してくれて

卵巣って左右変わりばんこに卵を出すらしいのね。

で、娘は何度かの流産を乗り越えて二人の子供に恵まれました。

物凄く可愛いです(女の子は私そっくり)
                     
​​私の腎臓も二つあった(今は一つ)​​

娘の卵巣も二つあった(今は1つ半)

やえちゃんの心臓は何故一つしかないの?


一つが動かなくなったら………

終わりなの?

神様、やえちゃんにもう一つ心臓を頂戴!!​​​​​​​​​​
​​
​​












最終更新日  2018年07月21日 09時34分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月18日
​​​​​


夫が余命を知らされたのは10年前の5月でした。

御茶ノ水にある大学病院の日本でも指折りの

食道がんの権威の先生が
主治医になってくださった。


これで手術は成功ね!と二人で喜んだのもつかの間。


今後の方針をお二人に説明したいと主治医の部下の

先生から
夫に話があった。


夫は私に夜8時に病院に来て」と言ったが

でも、私は先生から「ご主人に話す前に奥さんに

話したい事があるので
7時に来て下さい」

と電話をもらっていた。


良くあるパターンでしょ?



完治は出来ない


手術も進行が早くて出来ない。

抗がん剤・放射線治療はするけれど期待は持てない。

ご主人にはどこまで真実を話しますか?


私は夫はどんな事でも受け止められる強い人と

信じていました。


目先の甘い話は「人間の尊厳を踏みにじる」

と怒ると思いました。


先生に真実を話して下さい…とお願いして





8時から二人で余命宣告をききました。

夫は淡々と話しを聞き「わかりました」と返事をした

…と
思います。



今でも、その時の夫の本心はわかりません。

ただ、そのあとの終活が本当に素晴らしかったんです。



最後の6か月が素晴らしく楽しい時間を作れたので

いろいろあった夫でしたが

今は大好き!って言えるのです。​​

​​​​​






最終更新日  2018年07月18日 00時10分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月16日
​​​​​​​​​​​


末っ子の娘が小学生だった頃ですから

25年ぐらい前の話です。

部屋の隅にダンボールの空き箱が日に日に多くなった時


​それは女の感でした。​


​「夫は家を出て行くのかな?」​


薄々異変を感じはじめたある日の夜、不動産屋さんから電話がありました。

「○○不動産ですがご主人をお願いします」

言いにくそうにしています。

多分夫は、今日も午前様。


「夫から聞いてますのでお話お聞きします」

​「ご希望のお部屋が見つかりましたのでお伝えください」​
 

私の感が大当たり。



普段から自分の考えを話さない人ですが

流石に今回は理由を話すだろうと思ってました。


​ところが​

「生活費はこの通帳に振り込むよ」

「キャッシュカードの暗証番号は○○○○だからな」


これは女関係しかありませんよね(執行猶予付き前科あり)

でも私は必ず帰って来ると思いました。

で、一言の恨みも愚痴も言わずに黙って送りだしました。


生活費は給料日に必ず振り込まれ(もちろん全額ではありません)

ボーナスも振り込まれました(これも一部です)

さすがに、期末手当はくれませんでした。


私がせめてもの嫌がらせで子供にかこつけて

お金たりないから〇〇円振り込んでって言うと

振り込んでくれました。


最初の頃は嫉妬もありました。

説明もしないで出て行く事にも腹がたちました。

子煩悩で良い父親だったのに何で…



そんな毎日ですが生活の心配が無かったのと

居れば気難しくて気を使う人。


その人の居ない生活に
すっかり慣れてしまた2年半後





​​「帰っていいかな~」と、電話が。​

正直、一人でもいいかな~と思い始めていたので

​「え~」何で今頃?​と言う思いもありました。


夫は割りと平気な顔で引っ越してきました。

私も平気な顔で迎えました。


ほんと、2年半でトラックで引っ越してくるほど

荷物が増えていて、それが嫌でしたね  (置いてこいよ~)


人間って良く出来ているもので

​​居ない生活にも慣れるし​​

​​居る生活にも慣れちゃうんですね。​​

あれから25年以上、年下の夫が先に死んじゃうなんて。

​​​こればかりは晴天の霹靂でしたね。​​​​​​​​​​

あっ!

言い忘れましたが、夫が大好きでした。

そしてその時の話は一度もしないまま夫は

亡くなって
いきました(ずるいぞ~)​


​別れたくなかったら黙って待つ  「辛いわよ~」

別れても良いんだったらバンバン言いたい事を言うべきよね。

貴方はどっち派?​


     ​​​


   夫の最後の愛人 柴犬もも 享年17歳






最終更新日  2018年07月16日 08時56分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月12日

 

                       三色すみれのコピー.jpg

 日常の夫は一人で

行動するのが好きな人でしたので

 

一緒に旅行に行ったりとか散歩に行ったりという事は

あまり無かったのですが・・・

 

記念日などはキチンと覚えていて

早くからプレゼントを用意しとくタイプの人でした。

 

結婚生活が40年にもなると

私もプレゼントで宝飾品を頂いても

気にいった物とはかぎらないので

身に付けない事が多くなったのを

夫も気づいて

 

最後の方はプレゼントというよりも

食事に行く事が多くなったのよね。

普段はあまり行かないような、少し高級なお店に

予約を入れて私を誘ってくれたものでした。

 

そんな時に二人で飲んだのが冷酒です。

美味しいお酒が数多く置いてないお店は

とても嫌がりました。

 

              

   青森の幻の酒「田酒」       四国の「土佐鶴」

   

カッコ良く飲む人で女性のエスコートもバッチリで

私は食べて・飲んで・喋っていれば。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚良い!

そんな夫だったわ。

             
こんな銘柄も好んでいたわ

若い頃はいろいろあってネ

別れたいと思った事もあったし

泣かされた事もあったけど・・・

 

亡くなる2年ほど前から

やっと、私との生活を楽しんでくれるようになって

楽しい老後が待ってると思ったんだけどな~

 

芸能人の方で食道がんを克服した方は

沢山いらしゃるのに、(?_?)なぜ夫は

たった6ヶ月で逝ちゃったの?

 

お一人様を存分に楽しもうと思って張り切って暮らしていたけど

亡くなって四年、日に日に懐かしくて・・・

 

そんな事言っててもしょうがないわよね。

4月の22日~1泊だけど

京都に行く事も決まったし・・・

気分を入れ替えて楽しく暮らしましょっと。



DSC_0178

      やえちゃん、(*^-^*)ノ~~マタネー
     ペットホテルに3泊させてごめんね~


   
  
 DSC_0130

          青森には一緒に行こうね~



            cats.gif       


にほんブログ村 シニア日記ブログへ    ← 励みになるので
                           ポチっとお願いネ
                      
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ     ← こちらも お願いネ
                      スイマセンヽ(´Д`;)ノ
    
                  

  
     







最終更新日  2013年04月13日 18時32分20秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年03月20日

      夫が亡くなって三年経つんです。

    片付け魔で捨てるの大好き(*´∀`*)な私は

  夫の遺品は見事に片付けてしまったわ(捨てたって事よ)

 

   今は身につけていた思い出になる品を40センチ四方の箱に

     ちんまりと収まるぐらいしかないのですが・・・

        その中に携帯電話があります。

 

       その携帯の中には、私とのメールのやり取りや

         余命が分かってから友人などに送った

       今までのお礼や思いを書いたメールが残されて

             いるんですよ。

 

          孫の動画なども入っていて・・・

    使っていた携帯番号はこれからも夫の名義にしときたいので

          解約するつもりはありません。

 

       そんな訳で、夫の携帯電話は保管しときますが

           番号は借りるとして

          スマホを買ったのが2年前。

 

       楽しかったけどタブレットが欲しくなって、購入。

     液晶画面が10インチのタブレットを使ってみたら

        外出時に持ち歩くのはちょっと重いのよ。

 


DSC_0182

          これが10インチタブレット


 

 

・・・でね、液晶画面が7インチのタブレットを購入。

これは軽いし普通のスマホが5インチ弱にくらべると

おばちゃんには凄っごく見やすいわけ。

 




  DSC_0186
                7インチタブレット



DSC_0190

             ついでに電子書籍も・・・

        電子書籍専用だから操作が早いので重宝してるわ。




DSC_0193


          私のスマホ達と電子書籍

     あっ!ドコモカードを入れ替えれば(自分で)

          何台も使えるの知ってます?

       カードの大きさが違っても2000円ちょっとで

          共通して使い分けられるのよ。


DSC_0197

       電話とメール専用に使ってるのは

              らくらくほん6

       発売日に購入したんだけど、こんなに

            ボロボロになちゃって・・・

 

        新しいもの(*´∀`*)大好き


←長続きしない私をはげましてくれると

                  ヾ(*´∀`*)ノうれしいな~







最終更新日  2013年03月20日 08時14分37秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年07月17日

夫が亡くなって3度目のお盆の時期です

枯れないお花.jpg

                                                    

病名(食道がん)が分かって6か月

余命を知らされて3か月

明るく送り出してあげたつもりだったけど

気がついてみると私の体重は5キロ減

けっして太ってる体質ではなかったので

人相が変わるほどの激減だったのよ。

 

夫は男らしい男で、自分の生きたいように

生きられたんじゃないか?と、思ってます。

「女は男が守るもの」

って思っているから物凄く優しいし、骨身を惜しまずに

世話を焼いてくれたわ。

 

私、荷物なんて持った事ないし

子供を抱くのも夫だったわよ。

 

だけど、自分の考えが間違っていても「俺に着いて来る女」

じゃあないとダメだったの。

だから夫婦喧嘩もした事が無かったな~

でも・だって・そうじゃ無くて・・の言葉が大っ嫌いで

怒ると黙り込んでしまって、何を怒ってるのかも言わない人だった。

 

もう20年前になるけど

夫が家を出て行って2年半。

ある日突然「帰っていいかな?」って電話があって

私は「帰ってらっしゃいな」の一言で

「どうして出て行ったのか?」

「何故帰って来るのか?」も聞かずに・・

何事も無かったように普通の生活がはじまったの。

 

いろいろな事があって離婚を考えた事も何度かあったけど

「夫より好きになれる男はいなかった」わ。

今私が、生活の不安も無く暮らせるのも・・

母屋は長男家族に譲って、私の住宅を新築出来たのも

夫のお陰だもん。

 

  キャッシュカード.jpg

夫にね「銀行の暗証番号を教えてよ?」って聞いたら

「まだ、まだ~」って、笑っていたけど

私、知ってたのよ。

だって「ニコニコ」&「コイコイ」にしてるんだよって言ってたじゃない。

     (2525)  (5151)

 

亡くなった当日の朝

「お前の口座に俺の金を移しに銀行に行くよ」って言ってたけど

とうとう銀行には行かれなかったわね。

夫が「引退後の盲導犬を引き取ろうか?」って言ってたけど

 盲導犬.jpg貴方が居なくては大型犬は無理。

やえを引き取って幸せに暮らしてる私を天国で見てるの?

生きてる時と同じように自由にして下さいませな

送り火お盆の送り火.jpg

 


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
元捨て犬・元保護犬  ← 励みになるのでポチっとして  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ   ← こちらもお願いね
 
女性シニア







最終更新日  2011年07月17日 08時10分59秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年04月10日

電話があったわ。

大好きな次男から・・・

幼稚園の頃から、お寺などの建築物・仏像などを見るのが

大好きで、ディズニーランドでデートしてる同級生を尻目に

お寺回りをしていた次男ちゃん。

宮大工を目指して工業高校の建築科で学び

全寮制の建築会社に入って木造建築をみっちり

叩き込まれて19年。今や一人前の大工です。

去年、独立して仕事は順風満帆って言ってます。

 37歳。一戸建住宅も手に入れ、可愛い嫁も来てくれて。

 

その次男が車で寝泊りするのを覚悟で宮城県に行って

「仮設住宅建設現場に行くからゴールデンウィークには

帰れないよ」って言うのよ。

1ヶ月ほど、休みなしでボランティアをするらしいわ。

 

何故?こんな良い子に育ったの?

ボランティアから帰ってきたら次男夫婦が望んで・望んで

望んでも出来ない赤ちゃんを授けて上げてね。

じゃなければ私、神様なんか信じないわよ!

あっ!もう信じてないけどネ。

 

「ちょっと、感じる所があって」って言ってたけど

自分の息子も東北復興のために立ち上がってくれた事。

母としてこんな嬉しい事はありません。

 

私、本当に幸せな人間です(涙 ・ 涙)                    
   
       にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ  励みになるのでポチっとして~(汗)

         

                                                           







最終更新日  2011年04月10日 13時27分53秒
コメント(8) | コメントを書く

全122件 (122件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.