4727850 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小さな幸せ集め時々猫

全55件 (55件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

生かされている

2019年02月12日
XML
カテゴリ:生かされている

私は​​亡くなった人の冥福は祈りますが

僧侶にお願いしての法事はしません。

理由は無宗教だからです。





葬式・初七日・一周忌ぐらいは仕方ありません。

親戚も居ますし、友人・会社関係がありました

から、世間一般の事はしましたが…

自分の考えで、角を立てる事もないと大人として

の対応かしら?


母が「私の葬儀に僧侶は呼ばないでクラシックを

流して欲しい」と言うので会場にクラッシックを

流してお焼香してもらいましたが…

まぁ~皆さん手持無沙汰で…


葬儀としては菊の花はやめて、洋花で飾り、料理

も奮発したので、金銭的に安く済ませたのでは無い

のに「お坊さん呼ばないで安く済ませたわね」なん

て言う人もいたのよ。

そんな経験から、父も夫も僧侶にお願いをしました。

そして、三回忌までは。

   

                              
その後の命日は家族だけで食事会&カラオケと

大騒ぎして故人を偲びます。

父も夫も喪主は私でした。

緊張しました。

それも思い出ですが、今度は私が送られる番で

すから余裕ですね。寝てればいいんだもん。

友人にも葬儀に来ないように言ってあるし…

娘が「綺麗にお化粧してあげるからね!」って。

僧侶はどうしようかな?


それは生きてる人が考えれば良い事。

息子達は会社の手前もあるでしょうしね…


その話を新人未亡人にしたら「三回忌を家族だけ

でして良かったわ~お墓参りの後食事をしただけ

だけど家族は喜んでくれたわ」だって。


勿論、仏教でもキリスト教でもイスラム教でも信

じてるものがあれば幸せな人だと思うけど、私は

今だに見つけられないのよね~

神様を…

   

こんな事書く気は無かったのに…

夫を思いでしたのかな。

気持ちの良い話題でなくて御免なさい。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ


​​
↑押していただけると喜びます。



























最終更新日  2019年02月12日 16時54分33秒
コメント(0) | コメントを書く


2018年11月29日
カテゴリ:生かされている









いろいろな人生があります。

ブログからの情報だったり

ラジオのテレフォン人生相談も録音していま

すし
yuutyuubuで聞きながら寝る事もあり

ます。


「幸せです」と言う相談者に「幸せじゃない

人こそ
幸せです」って言うのよと諭す回答者。



自分勝手で高飛車な相談者に、優しく子供の

頃の
話を聞きだすと、とんでもなく不幸だっ

たり
無視されたり、暴力があったりの話を聞

きだして
「辛かったね~」と慰める回答者。


たった一言で優しさを取り戻す相談者。

皆、淋しいのよね。

幸せは錯覚かも?


人生って平等では無い気もします。

どんなに不幸な生い立ちでも幸せに向か

って道を切り開く人もいます。

シニアのブログからはいろいろな「あがき」

が伝わってきます。


私もやっぱり淋しいです。

「お前が一番」って言ってくれる人は居な

いし子供達は愛を見つけて巣立って行って

からは愛が増殖して、私はいつも5番目。



娘は4番目って言ってくれるけど(婿が5番目?)


夫が生きていたって2番目じゃあ、無い気が

するし…



最後は全て自分の責任…と、言い切って

人生を終わりにしたいです。



NHKのドキュメンタリーを参考に〇〇歳過

ぎたら救急車を呼ばないでね!

と、週末ノートに書きました。

(あくまでも、助からないと思う時の

延命治療はしない場合ですよ)



注 はっきり年齢を書くと気を悪くする方がいるかも

  知れませんからね。

 






​ 6号 4680円   

​​​

  5号 2480円​​​






最終更新日  2018年11月30日 15時25分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月25日
カテゴリ:生かされている
​​




終末期の患者をケアする看護師として働く彼。

患者たちに必要とされ彼自身も患者との濃密な

率先して育む中、








末期がんに苦しむマーサから

「手伝って欲しい」と言われた。

それは、「安楽死」

彼は断っていたけど…

場面から想像して「手伝ってあげた」と思います。



彼がジョギング中に車にひかれますが

信号は赤でした。

そこで、エンドロールになります。

後は観た人が考える事になります。










患者が建築家だと知ったら本屋で建築関係の本を

買いあさり、患者が泣き出せば家族のように抱き

しめて
あげる。









人は必ず死にます。

人生の終わりに彼にお世話されたらどんなに

穏やかな日々が送れるでしょうか?


私も自分の最後の事は毎日のように考えます。

一人で出来る所までは何としても頑張るけど

誰かに世話されなくてはならなくなった時

どうしよう~



「安楽死」が許される時が来る時のでしょうか?

本当にいろいろな事を考えさせる映画でした。

シニアなら、いいえ、生きている人なら考えら

れずにはいられない事かも。






最終更新日  2018年10月25日 08時54分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月08日
カテゴリ:生かされている




「  歳を重ねると生への執着が誰でも増す」

って言う方がいます。


そう思う方もいるかも知れません。

人間はいろいろな考え・性格・生き方があります。

お金に執着する人もいるでしょう~

子供に孫に執着する人もいるでしょうね。






ただ、一把一絡げで言われると凄っく悲しい。

恥ずかしいって言うのかも。

75歳はもう生に執着してないつもり。

だからと言って死にたい訳じゃない。

死ぬまで生きていたいわ。



75年も生きてると、いろいろな人とお別れして来ました。

両親は順番だから驚かなかったわ。

夫が63歳で亡くなった時は年下だっただけに計算外

だった。

それ以上に打ちのめされたのは生後11か月で亡くなった

我が子の時でした(40年も前の事ですが今もあきらめ

られません)

そして、周りでもボツボツ欠けてきていますね。

死は誰にでも必ず来ます。

私は50代は若い人…と思っていますが

その50代だってわかりませんよ、明日の事は。



執着しない…と言っても現実になればどうするか?

結構、ジタバタしたりして。


私は夫の最後が理想です。

家で大量吐血して意識が遠のく中でコタツの布団を

汚さないように手でどけていたって娘が言ってました。

手にはコップを持って…

吐血もそのコップに入れようと思っていたんでしょうけど

とても間に合う量ではなかったのに。

夫は常に気を使う人でした(最後まで)


   



余命告知を受けてから大量吐血か窒息が死因になる事も

知っていて…

普通の生活をしていた夫を見習います。

執着は心の中に仕舞って!


                








最終更新日  2018年10月08日 20時35分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月29日
カテゴリ:生かされている
​​​

本木雅弘さんのプロポーズの言葉は

「私には白髪のあなたが想像できるし、そういう

あなたが
いとおしい、と思える気がする。

今すぐじゃなくても、いつか結婚という選択肢が

現れた
ちき、私もそこに入れて下さい」

と、プロポーズしたそうです。




樹木希林さんの娘さんの内田也哉子さんの

17歳の時です。


このプロポーズの言葉を、本人もそして回りにも

マスコミに
話すような人は居ないように

思えるのですが…




事実であっても、世間一般のプロポーズの言葉ぐらい

信用できない言葉は無いような気がしています。

たとえそれが、その時は真実であっても

話、半分近くは盛ってますよね。






樹木希林さんの娘さんと結婚する時に、内田裕也さんが

婿養子を希望して、樹木希林さんも内田を名乗って欲し

かったみたいですね。



結婚して本木雅弘さんが妻の姓を名乗るばかりでなく

婿養子にするって言う事は遺産相続の権利も発生する

ので
よほど信用されたのだと想像します。

勿論、本木さんはとても良いお仕事をしていますし

遺産の事などは考えていなかったと思います。





そう言えば


本木雅弘さんに関してのゴシップも聞きませんよね。

完璧な二所帯住宅だったとはいえ、希林さんの自分流

な生活、歯に衣着せぬ言動、世の中の重石は

内田裕也だけ!だった人との同居ですから!



最後の遺言のようなものも本木さんに託されたそうで…

懐のでっかい、素敵なのは顔だけでなく​男性

としても立派みたいですね (想像ですよ!)



上記はいろいろな報道から知ったので、

事実はわかりません。

私が見、聞きした訳じゃありませんから…



どこの家庭だって、まったく波風の立た無い

家庭なんて存在しないと
思います。

それでも、樹木希林さんご夫婦が、一見 幸せに溢れた

娘さん
一家と、付かず離れずの生活をなさっていた事

は多くの
年配者たちの望む事かもね。

(あくまでも、皆が望んでるとは思ってませんが…)


(世間の評価は亡くなると良い人に変わります)



​​​






最終更新日  2018年09月29日 13時47分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月28日
カテゴリ:生かされている
​​​​



樹木希林さん特集をいろいろ見ましたが…

自分流に生きて、素敵な人生だったと思いますが

周りの近しい方は大変だったと想像しちゃいます。




樹木希林さんのお母様は銀座でカフェやアパート経営

仕立屋、料理店などに次々と乗り出す女性企業家だった

のね。

NHK「樹木希林を生きる」でも自分も不動産収入が

あるので、お金で困った事は無かったと言っていた

ように…



娘さんの内田 也哉子さんの教育も独自の子育て感

で育てていたようです。

それにしてもですよ…






小学校は都内のインターナショナルスクールに通い

9歳で1年間ニューヨークにホームスティの後、都立

高校2年で再びスイス、ジュネーブのインターナショナルスクールへ

留学。




孫さんに至っては国際感覚を身につけさせるためにスイスの

セレブたちが行く寄宿学校に入学したそうです。

以前、この学校のドキュメンタリーをNHKで放映してましたが

世の中にこれほどの環境の差がある事は想像以上で

学費は年間1650万円だそうです。



その事をとやかく言うつもりもないし…

​そういう世界もこの世には

あるのを知ったと言う感想です。​​


人と比べない世間とくらべない…

と、樹木希林さんに言われても比べる世界が違って

くらべる気にもなりません。





それにしても独自の世界をつくった

比べる人の居ない良い女優さん​​だったと思います。

そして良い人生でしたね。


​​
ご冥福をお祈りもうしあげます。
​​






最終更新日  2018年09月28日 19時55分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月23日
カテゴリ:生かされている
​​​​​​​​
この年齢になっても

まだ生き方に迷いがあって

時々、生きているのが辛くなる事もあるの。


生きる希望をくれるのも

落ち込む時も

​​そのほとんどが人間関係かも知れません。


なるべく整理して、今の友人たちと

付かず離れずの家族関係がベストと思っているけど

時々ややこしい事が起きて…

生きずらい事になったりする。


​​​



そんな時に先日亡くなった樹木希林さんのインタビューで

人生を楽しむ秘訣があったらお聞きしたいんですが…?

と言う質問に

人と比較しない世間と比較しないこと

と答えていました。


 

   

分かってはいるけど

出来そうで出来ないこと



人にどう思われるか?

あの人が羨ましい!

ついつい、思ってしまう。




生活出来る年金も頂いてるし

老後の預金もチョッピリだけど貯めたわ。

三人の子供達はを見つけて巣立って行った。

この前まで増殖中だった孫も6人目で最後になる。

(多分!)




何だか使命が終わったようで淋しいんだけど

友人が言ったわ。

「いつまで動けるか判らないんだから楽しみましょう?

要らない事は考えないでのんびり生きて行きましょう」…と。




私は70代。

50代・60台と違って疲れが取れないわ。


若いって良いな~

私だって若かったんだもん。



いけない・いけない。

「は~い」わかりました。

   


​​​​​​​






最終更新日  2018年09月24日 12時27分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月08日
カテゴリ:生かされている
​​
15年前に腎臓がんの摘出手術を受けて、1か月後、

3か月後、1年後
と転移してないかの検診を受けた以外は

風邪も引かないので
病院に行く事が無かったのよね。



幸せな事なんだけど、やっぱりこの年齢になると

ちょっとした事を相談する主治医が欲しいんだけど…


血圧も高くないのよ。

ここ2~3年は年に1度ぐらいは風邪を引いた時に

新しく開業した
綺麗なクリニックに行くんだけど、内科の

先生も年に1回くるか来ないかの
患者の顔なんか覚えて

ないのよね。



あっちが痛いの・こっちが痒いのって言っても

「お年だから!」
で、済まされちゃう訳よ。



そう言えばこの頃、一人寝の寂しさからか?眠れないの。

それでコマーシャルで有名な食品会社の



↑こう言うのをネットから買って飲んでみましたが…

粉で飲みにくいし値段の割には効いてるのか疑問なの!


と言う話を旅友に言ったら「病院で入眠導入剤を貰って

もう7年も毎日飲んでるわよ」って。


主治医が欲しかったので近所の個人病院に行ってみました。

先生は中年…いいえ!老年かも知れないから凄っごく話し

やすくて
小さな事から、どうでもいい事まで聴いてくれて

理想的な主治医
になってくれそうなの。



ただね、何でもパソコンに打ち込むのよ。

病気をしないから主治医も居ないで困ってた事を!

言ったら、一字一句そのままパソコンに打ってたわ。







それで、「眠れないんです」と訴えたら

0・5ミリの精神安定剤(入眠導入剤と同じ)をくれました。

一番軽い薬ですが「昼間でもイライラしたら飲んでいいですよ」って。


優しいでしょ?

これで月に1度は先生に会っていろいろ相談できるわ。

私の話は全部パソコンに残こちゃいますけどね。

余計な事まで言う事クセがあるので気をつけなくちゃね。







​​






最終更新日  2018年09月08日 00時00分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月06日
カテゴリ:生かされている
​​​​​​​​​​​​​

この頃の日本、いえ地球はちょっとおかしいわね。

いつの時代でもこのような自然災害はあったのでしょうが

何しろ人間は自然を破壊して、昔だったら住まなかった場所に

家を建て、恐ろしいほどの高いビルディングも建てちゃうし。



​​​​​​何かあればこんな光景になちゃいますよね。



大規模な土砂崩れですが、土砂が青々とした畑に…涙



こんなになったら私は頑張れないわ!

私は良いから子供達は生き抜いてね

(優先順位5番目の母ですから)




どうよ!



これって!

(テレビよりお借りした写真です)


そして大阪空港に続いて千歳空港も被害が出てますね。
​​​​​​​​








今現在(AM8時半)北海道全域で

停電してるそうです(295万所帯)

あ~

困りますよね。

それでも生きてるだけ幸運なんでしょうか?



それなのに…

自宅付近は今日も平和な生活が始まっています。

ゴメンナサイ!




表参道ブランド通り



こんなお洒落な街も何かがあればど~なるか?

​わかりませんよね。​

テレビを見れば大規模な土砂崩れの場面が…

以前はお金持ちは高い場所・高い場所にと流れましたが、

これってどうよ!



タワーマンションの最上階も何にもなければ快適で

優越感に
浸れるでしょうけど…

停電してエレベーターが動かなくなったら大変よ!

(自家発電がありますよ~って、言われちゃうのかしら)



友人がマンションを購入する時に年配者は

「なるべく3階までが良いですよ」


​​と言われて3階に住んでるけど快適だと言ってたわ。


階段を上がるのは健康に良いしね(あくまでも足が悪く

ない人の話ですよ)

夫の居ない私は自分の身は自分で守り…

適当な所で潔く天寿をまっとうしようかな?

あと10年(贅沢かな?)いけるかな?
​​






最終更新日  2018年09月06日 12時00分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月01日
カテゴリ:生かされている
 ​​



私は養女で一人っ子なので、子供の頃から

「結婚しても同居をして最後まで面倒を見る事」と​

言われて育ってきました。


若い頃は幾つかの恋愛をしましたが不思議と長男の方との

お付き合いばかりで結婚まではいきませんでした。


結婚相手の第一条件が​「私の両親と同居してくれる人」​

でしたから探すのが大変でした。

私の頃は、25歳がお肌も曲がり角でしたが

結婚も25歳頃がそろそろ最終段階にさしかかります。

今なら自由なのにね。


出産でさえ27・28歳ぐらいで母子手帳の表紙に

高齢出産のハンコを押されちゃう時代ですからね。
   

夫は結婚の条件には合ってましたが外見は好み

じゃないんですが男らしくて良い人でした。

もう、贅沢は言ってられない年齢でしたし…


父が「お父さんが紹介するから誰でもいいだろ~」と

言い出したので「それは勘弁してよ~」と

少し、慌ててもいたんです。



夫には私からアプローチして、プロポーズをして

もらうために、
あの手この手で売り込みました。

​苦節2年、やっと結婚生活が始まりました。


結婚生活で夫ともいろいろありましたが

親との同居も大変でした。

長~い、私の苦労の始まりだったのですが…


途中から、一家に大黒柱は二本はいらないと

言い出す父を黙って我慢してくれた夫。

  


夫の余命が半年もない…と宣告されてから

「なぜ、最後まで私と一緒にいてくれたの?」

と聞いたら

「お前を守るためだよ」と言われたのが

嬉しくて、嬉しくて…


最後の頃は酒乱気味の父は毎日、大暴れして

いました。

今になって父の気持ちが少し理解できます。

それは、


私が実子でないので家を出て行かれてしまう不安から

お酒におぼれていった所があるようです。
(母は亡くなっていました)

私達、最後まで両親の介護をしました。

当たり前ですよね。

実子でもない私を7歳から育ててくれた

恩人ですものね。​

            


​​






最終更新日  2018年09月01日 02時47分25秒
コメント(0) | コメントを書く

全55件 (55件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.