003503 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

♪ Nonのレビュー ♪

PR

X

プロフィール


☆☆Non☆☆

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.09.24
XML
テーマ:お勧めの本(5678)
カテゴリ:本の紹介
​こんにちは。Nonのレビューへようこそ♪

​本「ジョハリの窓」の「ジョハリの窓」とは、ジョセフ・ルフトとハリー・インガムの二人の心理学者が提案した「人間には4つの窓があると想定する」考え方のことです。

「ジョハリの窓」はウィキペディアの解説では、「自己には「公開されている自己」(open self) と「隠されている自己」(hidden self) があると共に、「自分は知らないが他人は知っている自己」(blind self) や「誰にも知られていない自己」(unknown self) もあると考えられる。」とあります。

この本は、1人の主人公を巡る小説のようなストーリーによって、ジョハリの窓が解説され、最後に主人公は自分の未知の窓を開きます。

メンタルトレーナーである著者のメッセージは「「心の在り方」が変われば人生は変わっていくのです。そこで必要なことは一つ。未来の自分を信じ、変えていこうとする「勇気」です。」

ご興味のある方は、一度読んでみてくださいね。​

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 盲点の窓(人生への疑問/見えない束縛/あなたの心にある四つの窓)
第2章 秘密の窓(母という存在/恋愛逃避症)
第3章 開放の窓(他人と自分の距離感/私はここにいる)
第4章 未知の窓(私の居場所/新しい自分との出会い/ずっと言えなかった言葉)

******************************
この記事を気に入っていただけたら、下記ボタンをクリックしていただけると嬉しいです♪。
にほんブログ村 本ブログへ  







最終更新日  2021.09.24 07:30:07
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.