000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

♪ Nonのレビュー ♪

PR

X

プロフィール


☆☆Non☆☆

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.10.25
XML
カテゴリ:DVDの紹介
こんにちは。Nonのレビューへようこそ♪

映画「眉山」を見てみました。アメリカ人男性の知人のお気に入りとのことで、見てみることに。

なるほど、外国人(特に男性)は、こういう映画好きそうだな~、という感想。。阿波踊りや着物姿等の、日本風エキゾチックな要素も多くて。

私としては、母親役の宮本信子さんの(若くなくても)女優的な目を引く美しさに感心させられました。(病気で死が間近かという役の設定を考えると、この点は少々微妙ではあるのですが。。)

ご興味のある方は、一度視聴してみてくださいね。

ストーリー

東京の旅行代理店に勤める咲子(松嶋菜々子)はある日、故郷の徳島で暮らすただひとりの家族である母、龍子(宮本信子)が、入院したという報せを受け、久しぶりに帰郷する。担当医から告げられた母の病は、末期ガン。気丈に振舞う龍子に、咲子は少女の頃、一度も会ったことのない父について問い詰めたのと同じように母を問い詰めてしまう。「本当のこと教えて、お父さんのこと。生きているんでしょう。どうして嘘をついたの。死んだなんて」母宛に書かれた古い手紙に記されていたかつての母と父の切ない恋の物語。咲子は母の死期が近いことを知り、母が父と果たせなかった願いを叶えるために、母を熱狂渦巻く阿波おどりへと連れ出すのだった・・・。






最終更新日  2021.10.25 08:30:07
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.