000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

♪ Nonのレビュー ♪

PR

プロフィール


☆☆Non☆☆

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.10.26
XML
カテゴリ:DVDの紹介
​こんにちは。Nonのレビューへようこそ♪

DVD「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」は奇跡の写真家が追った写真活動の記録のドキュメンタリー。原題は「​​THE SALT OF THE EARTH」で、人間は地の塩、というコメントがでてきます。

安定した生活をあきらめ、写真の世界に全投入し、世界の紛争や干ばつ等の厳しい地域に暮らす人々、ジャングルの奥地で裸で従来の生活を守りながら暮らす人々、そして動物や自然の姿を写真に収めていく。
紛争地域やコレラ感染の地域の場面では、死体等の写真も多く、人間の凶暴性を悲しく感じてしまいます。

彼の妻レリアの提案で「森を作り直そう」というリプランティングが始まります。最初からはスムーズにはいかなかったようですが、諦めず成果が出て「インスティテュート・テラ」となり、環境再生のモデルになっているのはすばらしいですね。

ご興味のある方は、一度視聴してみてくださいね。

内容紹介

ストーリー

【解説】
極寒のアラスカから、アマゾンの密林へー。/奇跡の写真家がとらえた誰も見たことのない地球。/感動と驚愕のビジュアルドキュメント!/巨匠ヴィム・ヴェンダース作!「神の眼」を持つ写真家の素顔に迫る感動のドキュメント/ブラジルに生まれ、ユージン・スミス賞をはじめ、多くの賞を受賞する世界的な報道写真家であり、大自然の保全や復元に尽力する環境活動家としても知られている今世紀最も偉大な写真家セバスチャン・サルガド。彼の作品は、たった一枚で見る者の心を打ち、人生を変えてしまうほどの深い感動を呼び起こすー。“神の眼"とも呼ばれる奇跡的な構図、モノクロを基調とし荘厳なまでに美しい作品の数々を彼はいかにして撮りつづけて来たのか?/『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』などの劇映画のみならず、数々の傑作ドキュメンタリーを世に送り出してきたヴェンダース監督とサルガドの長男であるジュリアーノ・リベイロ・サルガド監督、二人の映像作家がそれぞれの切り口で稀代の写真家の人生を辿って行く。/アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー映画賞ノミネートをはじめ、世界の映画祭で絶賛された感動の映像叙事詩!/8年の歳月をかけた最後のプロジェクト「GENESIS」。サルガドのレンズが見つめるのは、かけがえのない地球の姿。/これまでサルガドは常に人間と向き合い、死、破壊、腐敗といった根源的なテーマを扱ってきた。だが、ルワンダ内戦のあまりにも悲惨な光景を前に深く傷つき、心を病んでしまう。故郷に戻ったサルガドを待っていたのは、まるで彼の心を写したかのように荒れ果てた大地だった…。/長年連れ添い、いくつものプロジェクトに二人三脚で携わってきた妻レリアは、ある壮大な提案をする。それは、新しいプロジェクトの始まりだったー。/2004年から始められた「GENESIS(ジェネシス)」では今も地球上に残る未開の場所ーガラパゴス、アラスカ、サハラ砂漠、アマゾン熱帯雨林など、生と死が極限に交わる、ありのままの地球の姿がカメラにおさめられる。サルガドは言う、「GENESIS(ジェネシス)」とは地球への“ラブレター"なのだと。/誰もが息をのみ、胸打たれる構図に込められたサルガドの想い。それは彼が、幾多の苦しみの果てに見い出した、希望への祈りなのだ。
​​​​






最終更新日  2021.10.26 08:30:06
コメント(0) | コメントを書く
[DVDの紹介] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.