1450412 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

RIKIにっき

2007.01.29
XML
カテゴリ:お仕事
 え~、血ガスあるん、今日…(~_~;)??

 今朝出勤すると、私が今日診察介助するすることになっている医師の机の上に、血ガスの道具一式と伝票、そして患者さんのカルテが置いてあった。

 『血ガス』とは、『血液ガス分析』の略。
 動脈から採血して、(今回の患者さんの場合)血液中の酸素濃度を調べることで肺の働きを知ろうというのだ。

 動脈採血は、医師しか出来ない。
 なので、医師の机の上に道具一式と伝票、そしてカルテが置いてあっても、それはおかしくないのだが…。
 私がだいたい月曜日に介助につく外来では、血ガス用採血をすることはまずありえない(だって、メインが糖尿病なんやもん・・・(~_~;))。
 別の医師が先週採血した際の検査データがうまく出ず、今回「もう一度やり直す」ということで、今日の医師に採ってもらおう、ということになったそうなのだが。。

 ここの医院にパートに来て3年(?)の私が、血ガス採血の介助につくのは初めて。
 関西にいた頃も外来パートだった私が、血ガス採血の介助についた経験は、数えるほどしかないのである。。(-_-;)

 うっわ~~…雫 それやのに、あたしが介助なんか~、マジかいな。。
 朝からテンション下向き矢印や。。。
 置いてある道具を見てみる私。

 "採血"だから、注射器と針があるのは当たり前なのだが。。

 ここ、血ガス用のディスポ(ザブル…つまり『使い捨て』)採血キットで血ガスとるんやーー!(~_~;)
 
 私の記憶にある、関西時代の血ガス採血は、針のついたガラス注射器をヘパリン(→血が固まりにくくなる薬)で湿らせ、医師が採血したら即、その針をゴム栓に刺して酸素が注射器内に入らないようにし、検査室へダッシュで持っていく…という、何ともアナログなやり方。

 (便利なんだろうが)こんなキット、私、初めて見るぅ~~~泣き笑い!!

 このキットの使い方をま~~~ったく知らない私は師長に泣きつき、イチから使い方を教えてもらう。

 『医師が採血したら、注射器にくっついているオレンジ色の針カバーをすぐに針にかぶせ、その後その針をはずして、キットについている専用キャップをつける。そのキャップに血液が入るようにすると、密閉できる』

 は、はぁ…。

 イメージがいまひとつ湧かないまま、診察は始まってしまった。

 『動脈採血の患者さん、診察キャンセルしないかな…』

と密かに思っていたのだが、そう世の中は甘くない。
 患者さんは、ちゃんとやってこられた。。(^_^;)
 泣きたい気分だが、態度はいかにも

 『何度も経験済みよ(^_-)-☆』

という感じで、どっしり構える(ふりをする…(-_-;))

 私がキットを開封するのか…と思いきや、医師はひとりで、サッサと採血し始めた。
 
 『この後、注射針にキャップして~、はずして栓をして…』

とひとり頭の中でブツブツ唱えていると、医師が、

 「栓貸して」

 「は、はい!」

 私は言われるがまま、キットの入っていたパッケージから栓を取り出し、医師に渡す。

 すると、医師は…

 チクン☆
 針をはずさないまま、栓に針を突き刺したではないか!

 『え、えっ、話が違ぁ~~~う!?雫

 …当惑する私。

 しかし医師は、

 「検査室へ(持って行って)」

と言うではないか。

 「は、はい…(え、いいの、それでいいの!?)」

 言われるまま検査室へ持っていくと、今度は検査技師さんから、

 「この栓はいいですから、この(注射器についていたオレンジの)キャップをしてください」

 栓を返されてしまったではないか。

 …またまた、話がちゃうやん(違うじゃないの)~~~~泣き笑い!!
 結局、最初に師長が教えてくれたやり方が正解なんだそうで。
 検査技師さんが私の元に来て、検体(この場合、採った血)に、『いらんのか、これ…??』と思って捨てる寸前だった栓をして、また持って行った。。

 この過程で、採った血液に空気が触れることはまずないだろう…と思われるので、まぁ良かった、ということになるんだろうが…。
 ひとりひとりにキットの使い方が徹底されてないのは、ヤバイっす。。(-_-;)

人気blogランキングへ
 ↑宜しければ、クリックよろしくです^^






最終更新日  2007.01.29 18:01:35
コメント(16) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   hitomib4 さん
お疲れ様でした!
慣れない事でも、患者さんの前でそれを感じさせないようにするのは大変ですね。
『血液ガス分析』ってあるんですね。
それぞれキットの使い方が違うのは、ちょいと怖いですね。 (2007.01.29 19:44:24)

Re:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   edacchi さん
血ガス・・・って。
その言葉だけで
血の気が引くような気がするんですけども・・・。

あー。
やっぱし、看護師さんにゃー、なれっこないわ。(・Θ・;)アセアセ…

(2007.01.29 21:24:05)

あのう。。;   はあるんちゃん さん
チガスと読むの? ケツガスって読むの? やっぱチガスだよネ。。
う~ん ガンバッテルと言うかマァ看護婦さんはやっぱスゴイ仕事だよね。 大胆にして繊細な神経。マネデキナイナァ。。; (2007.01.29 22:48:53)

Re:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   麻夏 さん
最初に聞いた方が、正しかったのね。(^ ^;)
しかし、患者さんの前で、聞くわけにもいかないもんね。
「空気にさえ触れなきゃいい」って感じなんだろうけど、徹底してほしいよねぇ。


(2007.01.29 23:20:33)

針が垂直に   暑がりのミケネコ さん
透析導入のために入院した時、初めて血ガスを採血されました(>_<)
普通は採血って、腕と針との角度が20~30°くらいなのに
ドクターが針を垂直に持って構えたのを見たときに、
思わずその場から逃げたくなりました(^-^;)

思ったほど痛くなく、1度で動脈に入ったんですけど、
採血の後ドクターが10分間思いっきり圧迫止血をしてくださったので
その押さえる力のほうが痛かったです☆
(2007.01.30 01:13:18)

Re:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   KENT_HEART さん
外科なので…
ガスは日常茶飯事です。

キット、うちと同じの使ってますね。

(2007.01.30 02:44:15)

Re:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   カルボナーラ大佐 さん
慣れると自分なりのやり方になってしまいますよね。
どんな会社でも同じでしょうね。 マニュアル作っても読まない人もいますからね。
(2007.01.30 07:10:26)

Re:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   茄子びー さん
はじめまして。
慣れない採血お疲れ様です♪
私も、血ガスってよくわからないのですよね。
内科&呼吸器科だから血ガスはしょっちゅうあるけど、ほとんどDr.が1人で勝手に採っていってくれるんですもの♪
いきなり言われると、何するんだっけ??って焦ってしまいます。 (2007.01.30 13:52:43)

Re[1]:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   NsRIKI さん
hitomib4さん、こんばんは^^
>お疲れ様でした!
 ありがとうございます、疲れました…^^;

>慣れない事でも、患者さんの前でそれを感じさせないようにするのは大変ですね。
 この業界で一番覚えるのは「ハッタリ」やったりします。。(^_^;)??

>『血液ガス分析』ってあるんですね。
 はい…、余りにも普段かかわりのない検査なんで、アセりました(^_^;)

>それぞれキットの使い方が違うのは、ちょいと怖いですね。
 今日出勤したけれど、特にデータがおかしいとかそういう話にはなってなかったんで良かったかと…。
 マニュアルばっかじゃダメなんでしょうが、でもある程度は必要なんじゃないかと思いましたねぇ。 (2007.01.30 19:05:48)

Re[1]:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   NsRIKI さん
edacchiさん、こんばんは☆
>血ガス・・・って。
>その言葉だけで
>血の気が引くような気がするんですけども・・・。
 大丈夫ですよ~~(苦笑)。
 外科系なら、ありがちな検査ですもん。
 そんな怖いもんじゃないですよ、やる方は。。

>あー。
>やっぱし、看護師さんにゃー、なれっこないわ。(・Θ・;)アセアセ…
 あはは(ー∇ー;)、なれます、慣れます!
 私でもか細くゆる~~く、免許失効させる事もなくどうにかやってるんですもん。。(~_~;)
 edacchiさん、向いてると思うんですけどねぇ~。。 (2007.01.30 19:09:37)

Re:あのう。。;(01/29)   NsRIKI さん
はあるんちゃんさん、こんばんは!
>チガスと読むの? ケツガスって読むの? やっぱチガスだよネ。。
 あ、すいません、説明不足で…m(__)m
 元が『血液ガス分析』ですので、『けつガス』と呼んでいます。

>う~ん ガンバッテルと言うかマァ看護婦さんはやっぱスゴイ仕事だよね。 大胆にして繊細な神経。マネデキナイナァ。。;
 いえいえ、私がこの業界で得たことは、ただの図太い神経と、ハッタリかと…!?(→「医学知識は?」とかいう鋭いツッコミは、なしで宜しくですm(__)m) (2007.01.30 19:15:09)

Re[1]:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   NsRIKI さん
麻夏さん、こんばんは♪
>最初に聞いた方が、正しかったのね。(^ ^;)
>しかし、患者さんの前で、聞くわけにもいかないもんね。
 そうなんですよ。
 よほどそれが、患者さんの命に関わるような大問題でもない限り…。

>「空気にさえ触れなきゃいい」って感じなんだろうけど、徹底してほしいよねぇ。
 ねぇ…。
 でもこれで、私は2度と、血ガスの段取りを忘れないでしょう・・・(ー∇ー;) (2007.01.30 19:18:19)

Re:針が垂直に(01/29)   NsRIKI さん
暑がりのミケネコさん、こんばんは~☆
>透析導入のために入院した時、初めて血ガスを採血されました(>_<)
>普通は採血って、腕と針との角度が20~30°くらいなのに
>ドクターが針を垂直に持って構えたのを見たときに、
>思わずその場から逃げたくなりました(^-^;)
 わかりますよ。。
 もう何度も経験し、慣れてる人ならともかく、普通垂直に針持たれて構えられたら、ビビりますよね。。

>思ったほど痛くなく、1度で動脈に入ったんですけど、
>採血の後ドクターが10分間思いっきり圧迫止血をしてくださったので
>その押さえる力のほうが痛かったです☆
 あははは~~~(ー∇ー;)
 きっと「出血したら大変なことになる」という思いで必死やったんでしょう。。 (2007.01.30 19:21:14)

Re[1]:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   NsRIKI さん
KENT_HEARTさん、こんばんは~^^
>外科なので…
>ガスは日常茶飯事です。
 外科の、しかも病棟ならそうでしょうね。
 しかしうちは鑷子すら、救急カートの中にしかない、モロ内科でございます…。

>キット、うちと同じの使ってますね。
 あ、そうなんですか!
 そちらではどういう使い方で…??(ー∇ー;)
 うちみたいに使い方がみんなバラバラなのも珍しいですよね~^^; (2007.01.30 19:28:14)

Re[1]:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   NsRIKI さん
カルボナーラ大佐さん、こんばんは☆
>慣れると自分なりのやり方になってしまいますよね。
 それでいいこともあるんですが、検体(検査のためとったもの)の扱いがそれではちょっと、ねーー(-_-;)

>どんな会社でも同じでしょうね。 マニュアル作っても読まない人もいますからね。
 た、確かに。。
 でも、ないといざというとき本当に困る~~!!(T_T) (2007.01.30 19:30:37)

Re[1]:♪はっじーめて~の、血ガス☆(01/29)   NsRIKI さん
茄子びーさん、こちらこそ初めまして。
書き込んでいただいて、ありがとうございました。

>慣れない採血お疲れ様です♪
>私も、血ガスってよくわからないのですよね。
>内科&呼吸器科だから血ガスはしょっちゅうあるけど、ほとんどDr.が1人で勝手に採っていってくれるんですもの♪
>いきなり言われると、何するんだっけ??って焦ってしまいます。
 温かいお言葉、ありがとうございます。
 で、わかります、わかります。
 急にやりつけないことを言われると、あせりますよね。(苦笑)
 あまりの不意打ち(^_^;)に、血ガスについて、家に帰ってから本を読み返しましたよ。
 それでもよくわからんかったです、正直なところ…。(T_T)

 よろしければまた、遊びにお越しくださいね^^ (2007.01.30 19:39:56)

PR

プロフィール


NsRIKI

コメント新着

CHORUSMAMA@ Re:『空白の期間』・後編(07/31) にっしい広場 165号 2014冬号 兵庫西 …
CHORUSMAMA@ Re:『空白の期間』・後編(07/31) 天国のRIKIさんへ:空の上で楽しく過…
chorusmama@ Re:『空白の期間』・後編(07/31) 天国のRIKIさんへ、お久しぶり。(^^) メ…

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08

フリーページ

ニューストピックス

お気に入りブログ

患者側ができる工夫 暑がりのミケネコさん

休みでした! 福寿草5887さん

ベロタクシードライ… DJまーQさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.