1442728 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

RIKIにっき

2008.10.30
XML
カテゴリ:バケツ稲日記
 ここ4~5日ずっと雨だったこの地に、日差しが戻った。
 
 よし、今日しかない!
網掛けて、保護。
 『もう少しで黄色く色づくかな…?』という頃に見事に鳥に食われてから、こうやって、網を張って保護してきた、バケツ栽培している私の稲。
実りました。
 ここまで実りました!
結構立派でしょ?
 結構立派なモンでしょ、この角度で撮ると^^
 (↑この裏側を撮ると、鳥にやられたとこなんで、稲があんまりないというねぇ…(ー∇ー;))

 いよいよ米栽培のクライマックス(?)・稲刈りをするぞ!
 とはいえ、もとは3粒の稲を植えただけの、このバケツ稲。
 画像では結構量があるように見えるが、根元を持てば、両手で何とか持てるだけの量だ。
 
 『稲刈り』…なんて、そんなオーバーじゃなくてもいいっかぁ…(^_^;)

 持ってきたのは、園芸用のハサミ。
ハサミで稲刈り
 これで稲の根元から切って、『稲刈り』とする…って、これじゃ『稲切り』ですな。( ̄▽ ̄∥)

 ジャキッ!

 最初に、稲にハサミを入れた時。
 私は何とも言えない感覚になった。

 「穂が実ってる」とはいえ、この稲、茎は緑だし、まだ生きてるんだよねぇ。。
 私が食べるために今、この稲のいのちを、いただいたんだよねぇ。。。

 この感覚がきっと、「いただきます」というご挨拶のモト、なんだなぁ…。


 こうして『刈り取った』というより『切り取った』稲の、不要そうな葉をとって、側の花壇に捨てて。
 (同居している義父の姉によると、後で土に返って、肥料になるそうな^^)

 "稲の束をわらでしばる"…のは、私にはちょっと難易度高かったんで、ビニールのひもでしばって。
 ひっくり返して、束を2つに分けて、義父の姉が梅干を干す時に使っている、軒先の干し場の紐を借りて干す。
はさがけ1
 『はさがけ』という作業が、一応これで完了。
 手元にある栽培マニュアルによると、"10日ほどこうやって日に当てて干す"…らしいが。

 この辺のこの先の天気はずっと、雨らしく…。
 ちぃとばかし、不安だなぁ~~。(ー∇ー;)

 ずーっと晴れが続いた時期に、もうちょっと早く刈れれば…と思うが、実らなきゃ刈れないわけで。。

 とにかく、稲が自然に実るのを待つしかない。

 ここいらへん、稲栽培って、子育てに似ている気がするなぁ。(苦笑)

 …って、あ!
 このままほっといたら、また実った穂が鳥のエサになりかねん。(ーー;)

 私の取った対策は、これだ↓
100均サマサマ?
 稲にかかっているのは、100均で買った、洗濯用ネット(大)。
 風は通すが、鳥は通さない…はずだ。

 ジョウロなど、栽培に必要なものは、なるべく100均ですべてが済むように努力しているが、ついに出費は500円を超えた…。

 くぅ~~っ、『それなりの出費が必要』…ってトコまで、子育てそっくり!(つд`)

人気blogランキングへ
ファイブ ブログランキング
↑宜しければ、どちらもクリックよろしくです^^ 






最終更新日  2008.10.30 18:39:54
コメント(2) | コメントを書く

PR

プロフィール


NsRIKI

コメント新着

CHORUSMAMA@ Re:『空白の期間』・後編(07/31) にっしい広場 165号 2014冬号 兵庫西 …
CHORUSMAMA@ Re:『空白の期間』・後編(07/31) 天国のRIKIさんへ:空の上で楽しく過…
chorusmama@ Re:『空白の期間』・後編(07/31) 天国のRIKIさんへ、お久しぶり。(^^) メ…

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07

フリーページ

ニューストピックス

お気に入りブログ

ラーメンやさんナウ🍜 福寿草5887さん

“普通” のありがたさ 暑がりのミケネコさん

ベロタクシードライ… DJまーQさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.