1442706 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

RIKIにっき

2009.05.15
XML
カテゴリ:バケツ稲日記
 今年もバケツで稲を育てて、今日で約1ヶ月。
 4/19に芽が出だした種もみをバケツに巻き、今日まで水をやっていると、
植え替え直前の苗
 10Lのバケツで、これだけ稲の苗が伸びました♪

 手前の5本が、息子が去年、肥料はなんだか不明だが(^_^;)、無農薬・アイガモを使って除草した学校田で育てた、『息子米』。

 残りは、去年私が、化学肥料使用・無農薬・手で除草した『かあ(さん)米』である。

 もみを巻いた直後の4月に、一時期あった結構な寒さにあってしまい、去年の苗に比べて今年の苗は、いささかヒョロヒョロ気味なのが気になるが。
朝露☆
 今のところほとんどの苗で、「根っこが元気だから、よく水を吸うために発生する」…という、朝露も見られるんで一安心。
 
 水滴の中に、バケツの隣に置いていた植木鉢が映し込まれていたのは、この画像を見て初めて知りましたね。(*^_^*)
 で。

 本当はこの週末・もしくは来週末にやりたかったのだが。
 今週末は天気があまり宜しくない予報が出されていて、来週末は息子の運動会。
 (↑この辺は、春に運動会をやるんですよ…田舎だから??)

 そのため、多少の日差しのあった今日、『田植え』を決行した。 

 もっとも、『田植え』…と書き込んだものの。

 私の『田』は、この、今苗が植わっているバケツと、もうひとつ、『息子米』のために新たに購入した12Lのバケツ。(^_^;)

 なので、正確には、"植え替え"…というのだろうが。
 稲の苗を植え替えるのだ、気分は『田植え』だ!(笑)
 水をためているので、ヌルヌルになっている土めがけて深めにバケツに手を突っ込み、苗からちょっと離れたところから、苗を掘り出す。(下の画像左が、掘り出した苗です☆)
「田植え」中の苗 もみから伸びる根っこ
 もみからは意外に根っこが伸びているので、極力根っこを切らないように気を遣ったわけだが。

 それでもいいます。
 ブチブチブチ…

 あ、やっぱ細かい根っこが切れたのね。(^_^;)


 それでも始めた以上は、『田植え』を完了させねば!

 …というわけで。
 無心になって泥遊びをしてた、保育園時代のうちの息子のように、私自身も"泥遊び"感覚で、苗をすくい上げては『田植え』して。
「エリート」な苗 「落ちこぼれ気味」の苗
 ヒョロい苗たちの中でも、比較的丈夫そうな"エリート"苗をバケツに『田植え』し。
 (画像左の、大きめのバケツが『かあ米』・小ぶりのバケツが『息子米』)

 残りは、本来なら間引く…つまり捨てる必要のある苗なのだが。。

 ここでまた、『捨てられないオンナ』の本領を発揮してしまった私。(^_^;)

 「どこまで育つかわからないが、運良く"陸稲(おかぼ)"として育ってくれれば御の字」

 …と、冬にチューリップを植えていて、花が咲いた後の今、球根ができるのを待っているプランターに、とりあえず植え替えた。

 どの苗も、みんな違ってみんなかわいい…が、やむをえない。
 
 プランターに『田植え』された苗たちよ。
 君たち用に、バケツと土を用意できなかった私の経済力のなさを、許しておくれ。。。m(_ _)m


↑『本格派!超簡単ご家庭で簡単にお米が作れる、「稲作君」キット!! 
 どなたか、私に続く"稲作の勇者"はいませんか???(爆)

↓宜しければ、どちらもクリックよろしくです^^
人気ブログランキングへ 
ファイブ ブログランキングへ
  






最終更新日  2009.05.15 18:39:04
コメント(18) | コメントを書く

PR

プロフィール


NsRIKI

コメント新着

CHORUSMAMA@ Re:『空白の期間』・後編(07/31) にっしい広場 165号 2014冬号 兵庫西 …
CHORUSMAMA@ Re:『空白の期間』・後編(07/31) 天国のRIKIさんへ:空の上で楽しく過…
chorusmama@ Re:『空白の期間』・後編(07/31) 天国のRIKIさんへ、お久しぶり。(^^) メ…

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07

フリーページ

ニューストピックス

お気に入りブログ

ラーメンやさんナウ🍜 福寿草5887さん

“普通” のありがたさ 暑がりのミケネコさん

ベロタクシードライ… DJまーQさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.