1624258 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぬいぬいの料理しちゃうぞ

犬の皮膚を考える


犬の皮膚を考える




犬の皮膚は、
とてもデリケート 人間の皮膚の5分の1薄さと言う話しも聞いた事があるほどです。

アレルギーは、
予備軍を含めると3分の1は、そうだとも言われています。
デリケート・弱いと悲観している訳にはいきません!
弱ければ弱いなり、
アレルギーならば少しづつ改善していけばいいんです。


皮膚構造を見ると、薄いけれどとても人間と似ています。
なるべく皮膚を傷めないようなシャンプーで
傷つけないように地肌をもむようにシャンプーをして下さい。
クリスタルライフフォードッグは、長期的に犬の生活の事を考えています。

シャンプーの事は、
しつこいのでココではもう終わります・・・






ねね1



犬の身体をみると、もう一つ特徴があります!
それは「体毛・被毛」です。
皮膚は組織を整えて形成していけば
イイだけなので自然治癒力、シャンプー頼みの私らは
これ以上は、
見た目には解りにくいですね。

毛についてです!
身体に付いたヨロイとも思える被毛です。
流れは、外部からの振動を受け流すような流れになってます。
外部から皮膚が見えないような犬種も多くいます。



ここがポイントです。

皮膚の形成を正常にし、被毛を正常に整える。
皮膚は密に、組織を組み 被毛が外部からの刺激をフィルターの役割をする。
効率的な表面の構造システムが見られます。
皮膚と被毛を正常にバランス良く育てていければ、
病気や怪我やアレルギーなどに強い犬が育ちます。

毛がないタイプの犬種は特に皮膚の痛みには気をつけ
過ごさなければいけません。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.