1649314 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぬいぬいの料理しちゃうぞ

アレルギーと無縁な犬達

アレルギーと無縁な犬達



犬のアレルギーについて

犬のアレルギーは非常に多いと聴いております。
アレルギー予備軍を含め3分の1はそうだと言う話しを聴いた事があります。

アレルギーも本当に多種多様で、一概にどうだとはとても言えません。
この事は非常に書き難い事が沢山あり、
論争になる傾向があるので嫌なのですが、
犬族が幸せになれれば・・・書いた甲斐もあります



また先天性、遺伝的にアレルギー症状になり易い犬種も居ます。
不順な交配を繰り返したり、不自然な交配をした犬種に多いように思われます。
代表的な、参考例として書きます。
・フレンチブルドッグ(小型化する為など)
・ブルドッグ(骨格を大きくしたりした為により)
・柴犬(小型化を目指した為に不自然な交配が多い)
・シェットランドシープドッグ(急激な需要の為により)


私の知ってる限り上記の犬種は元々とも言える
先天性、遺伝的にアレルギー症状が多く出るようです。





表裏の逆もあります。
世間のアレルギーの確立を無視する犬達も居ます。
そんな事は知ったこっちゃ無いとも思える、南宮崎の猟犬達です。
マタギ家業の実家の30頭の猟犬。
30頭居れば確率論で言うと10頭アレルギーの犬という事になりますが、
ただの1頭としてアレルギーという症状の犬は居ません。

猟犬と聴いて、犬自体が違うんだろうと思われるかも知れませんが、
犬自体、ペット、愛玩犬という犬種となんら変わりません。



第二犬舎


違う事は、3つだけなんです。


一つ目は、
犬飯(多く居るので何時も作ります
手作り犬飯ですね。
市販のドッグフードは殆どあげません。


二つ目は、
運動(ココは気にしないで下さい
食べた分は、消費しないと具合悪いですよね。
肥満はもちろんですが避けなきゃいけません。



三つ目は、シャンプー(あまりする必要もない)
汚れてもイイのであまりシャンプーはしません。
キズや手術の為の殺菌洗浄の方が多いかもしれません。
(あとは、ぬいぬいに無理やり洗われる(お仕事ですね))




ポチ
(ポチさん怪我して手術後の写真です)
(凹んでいるように見えます(逃がしちまった^^;))

こう見ると全てって事にも感じますが、大した事じゃないです。
こう改めて書くと簡単な図式が浮かび上がります。

食う、寝る、遊ぶ・・・・たまに洗われる
生活の質の向上・・・でしょうか。
犬は犬らしくとも言えますね。


南宮崎の狩猟犬をもとに書きました。
ココの犬の特徴として、物凄くお気楽です。
他の犬舎から猟期になると犬が増えます。
他の猟師が置いていくのですが、明らかな違いがあるほどおきらくです。

いうなれば、ノンストレス!
もともと駄目という事がペットより少ない犬舎に居ます。
食事と(あえて犬飯と言ってます)
運動、シャンプー ストレスの軽減を心がけると、
もしかしてアレルギー症状は起きないのかも知れません。

犬飯レシピなんてのは、
毎度作っておりますので、
解らない方はお伝え頂ければ幾らでもご説明致します。



さくら

シャンプーは傷んでいる皮膚にダメージを少なくするように、
心がけ製作致しました。
鼻につく臭い原料をカットし、
国際植物療法協会の方々 監修による効果で、
身体へのフィトテラピー効果があります。
犬の嫌がり方が違うと思うのでスグにこれは解ると思います。

犬の免疫力を上げる事を目的にして作りました。
上げるという表現は言いすぎで、=現状維持ですね。
一般的なシャンプーはどうしても、洗う事で免疫力を下げる傾向が強いです。
効能による様々な効果がある!なんとかエキス入りとか入れて、
酸化防止剤、防腐剤、アルコール・・・などを添加しなきゃならなくなり、
最終的には、本末転倒のシャンプーが多いんです。

言い難い話しなのですが、
シャンプー屋として、何をしたかったか?というと、
ただ少し、犬に幸せで居てもらいたい だけです。

最後はシャンプーの話しに、また、なってしまいました。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.