1616939 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

銀線名人の言いたい放題

PR

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


銀線名人ぬかしんぼ

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

おちょぼ稲荷と発動… New! 越前SRさん

まいどおおきに食堂… New! しょーですさん

「nanacoのク… New! 綱取2007さん

「円芯」「旬彩だい… New! まいなーさざえさん

11月16日 ダイヤモ… New! GOZIRA910さん

コメント新着

加賀の足軽@ Re:45年ぶりにJBL 4320に会った(11/04) 16~20,000ヘルツ 我が耳、満足するカ…
銀線名人ぬかしんぼ@ Re[1]:要人と某所で会見(10/30) kiki ☆さんへ ありがとうございます。 …
kiki ☆@ Re:要人と某所で会見(10/30) 確かに、あるあるですねf^_^; kaizen 広ま…
銀線名人ぬかしんぼ@ Re[1]:ペイペイで当たってた(10/16) 中井 協仕さんへ 期待するからではあり…
中井 協仕@ Re:ペイペイで当たってた(10/16) 運気いいね 我、10月$15000円PayPay利用し…

フリーページ

ニューストピックス

2008年01月10日
XML
リサイクルは資源の無駄使いだ」(名古屋大学、武田邦彦教授)

日経新聞「常識を疑う」コラム。面白い。このコラムの「常識を疑う」と言うんじゃなくて、コラムの題名が「常識を疑う」なのだ。リサイクルをやみくもに推進することに批判的な武田教授はこう発言する。「エコロ」たち必読。

抜粋:
1 リサイクルはゴミの減量につながっていない。ペットボトルを2003年度は21万トン回収したが(97年度比21万トン増)、生産量は97年度比44万トン増えてゴミは減っていない。
2 燃えるゴミと一緒に回収して焼いて発電したり、廃熱を利用する方が合理的。リサイクル費用は年間7000億円にも上っている。費用対効果の面で問題。
3 リサイクルによって資源を無駄にしている。ペットボトルの場合、分別や運搬、再生加工に必要なエネルギーは石油換算で年間160万トン。これだけの石油を原材料に使えば、再生するより約3倍のペットが生産できる。つまり同じ量のペットを作るのに石油を三倍使っている。
4 家電のリサイクルについても然り。利用者が一台3000円の費用を負担しているが、ゴミとして処理すれば500円で済む。
5 民間業者がやっている鉄スクラップや古紙の回収には意味がある。投入する資源が少なく経済的に成り立っている。
6 いつまでもボランティア活動や行政の補助金がないと成立しないようなリサイクルは、環境の保全、資源の節約につながらない。ゴミ減量や資源節約には、耐久性が高く長持ちする商品を開発し、利用者がものを大切に使うことの方が、よほど重要だ。


コレはテレビでも見ましたし、本も出版されています。

又マスコミで古紙回収業者がゴミを持ち去り捕まると言う事が行われているのだが、コレはどうかと思う。


どうも誰かだけのためにリサイクルごっこをしているだけの様に思えて成らない。






最終更新日  2008年01月11日 01時06分37秒
コメント(4) | コメントを書く
[地球に優しいリサイクル] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


逆エステしてきました^^   マサやん さん
ブサイクばっかりかと思ったら、これって意外と綺麗な人多いのなw
http://wiiwi.net/me/lz0k1th.html
ってか俺ほとんどなんもして無いんだけど、あれで7万も出すなんて金銭感覚おかしいだろww (2008年01月11日 01時05分43秒)

オイラも   R2号 さん
氏のコラムは大好きです
ブログネタにもしましたよ (2008年01月11日 08時18分29秒)

Re:リサイクルは資源の無駄使いだ」(名古屋大学、武田邦彦教授(01/10)   やまもと2004 さん
回収コストが悩みなんですよ。
再利用の前に、長く使用出来る製品を造るほうが先なんですけどね。
(2008年01月11日 18時50分16秒)

Re:リサイクルは資源の無駄使いだ」(名古屋大学、武田邦彦教授(01/10)   pooh-tonton さん
リサイクルは新品を作るよりエネルギーが掛かる
これは一つの現実で、再使用とかも洗浄とか商品チェックでエネルギーがかかる。

本来は質素倹約なのでしょうね。

(2008年01月12日 06時27分52秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.