1519272 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

銀線名人の言いたい放題

PR

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


銀線名人ぬかしんぼ

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

2019年 処暑 New! 平成のピピさん

「ヌードルレストラ… New! まいなーさざえさん

「クール・ワールド」 New! 綱取2007さん

箱マグの構造と修理 New! 越前SRさん

一号物件 滞納問題… New! しょーですさん

コメント新着

銀線名人@ Re:手嶌葵を観に一里野へ(08/04) いやー現物は実に良かったです。 背が高…
kiki ☆@ Re:手嶌葵を観に一里野へ(08/04) 無料のフェス、毎年開催なんですね。知ら…
銀線名人ぬかしんぼ@ Re:日本にとって大切な参院選(07/17) ゆきこさんへ あんたは何者だ!! 名を…
協仕 中井@ Re:ハーウェイは難しいので愛フォンに(07/16) ファーウエイのエァーターミナル、スマホ2…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…

フリーページ

ニューストピックス

全10件 (10件中 1-10件目)

1

電気屋の独り言

2019年05月25日
XML
カテゴリ:電気屋の独り言
リモコンを操作しようとボタンを押しても動作しないことはありませんか?

予備の電池も切れている。

そんな時は裏ぶたを外してそのまま電池を横にくるくる回すだけでほんの少し発電します。

私は一昨日体重計でそれをしました。

スイッチを押しても応答しません。

00が付きません。

そんな時は裏ぶたを外してそのまま電池を横にくるくる回すだけでほんの少し発電しました。

数日は十分持ちます。

また切れたらまた回せば大丈夫。

ほんの少ししか使ってませんから。






最終更新日  2019年05月25日 13時20分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月24日
カテゴリ:電気屋の独り言



残念ながら、私の部屋は二階の大変暑いところにあります。

約8畳位の広さですが、二階は一般的に一階よりも容量の大きいいものが必要です。

しかし、現実には現場を見て大きさを決めては居ませんからお客様が決めてしまいます。

量販店の下請けをしていた

昔のことですが、以前についてたものの半分の容量のものと交換の指示を請けて、普通は一ランク二ランク小さな容量のものでも黙って取り付けしていたのですが、コレは余りに酷いのでお恐れながらと御注進した次第でしたが・・・・・そのまま付けることになりました。


その後どうなったかは知る良しも有りません。



さて私の部屋のお話に戻ります。

写真のように風向き上下フラップに霜がつき仕舞いに水滴となって落ちてくる一歩手前の状態です。


容量が足りないので大まかに本棚等で2畳位に仕切って、尚且つ冷風を私の体に当てるように無理やりフラップを下向けにしております。

こういう使い方をしたらいけませんよという見本ですが、何しろそれを解ってそうしてるのだから始末に終えません。

一滴落ちてくるかこないかの時に風向きを普通に戻してフラップを乾かします。

温度設定も何時も何時も上げたり下げたりします。

如何にコンピューター技術が進んでも私の感じる暑さ寒さのセンサーにはかないません。

何度だから良いのだ。

体にいいのだ、

と言っても暑いものは暑いし、寒いものは寒いのです。

その他に私の部屋には換気扇が4つ工夫して操作してます。

車もそうですが、うまく操作できるならマニュアルのほうが絶対に楽しいですし、効率が良いものです。

うまく操作できるならの但し書きが付きますが。


一階の居間は二階が犠牲になってるおかげでかなり温度が違います。


昨日のことですがエアコンを入れれば寒く、止めれば暑いので、除湿にしました。

除湿とは考え方を変えれば弱い冷房のことですから。

これも高級タイプはせっかく冷えたのを寒くないように温度をあげていますので困ったものです。

まあ矛盾だらけの家電ですが仕方有りませんね。


エアコンをかけていて外部の温度が少し下がるとエアコンの温度が急に下がるので私にはその違いが分かります。






最終更新日  2017年08月24日 16時07分52秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年10月03日
カテゴリ:電気屋の独り言


ワイドコンバージョンレンズを使ってみました。

家の近くの郵便局からヤマキシへそしてホームインホーマーへ、ホームセンターの梯子でしたが、そこでKさんと合流昼飯、そしてアンテナ。

  • 10-3 003.JPG


Kさんの車と私の車ピッタシ寄せてます。

この頃寄せることが出来ない人が多いですね。
  • 10-3 008.JPG
  • 10-3 009.JPG
  • 10-3 010.JPG



お家もお隣とかなり近いので梯子を立てる距離がありません。

かなり無理して作業をしなければなりません。


  • 10-3 004.JPG
  • 10-3 005.JPG



地面に敷いてあるものは何と瓦を砕いたものです。

これはリサイクルとしてもいいもんですね、そしてきれいです。


  • 10-3 007.JPG
  • 10-3 011.JPG
  • 10-3 012.JPG



小さなカバンのようなケースに入った平面アンテナを壁に取り付けます。

  • 10-3 014.JPG


さて無事に取り付きましたので、お風呂の天井にブースターを取り付けます。


最後にテレビコンセントの電波の強さを測ってOK.







最終更新日  2013年10月04日 02時12分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月05日
カテゴリ:電気屋の独り言
  • 7-5 001.JPG


去年手に入れた強力換気システムですがそれを使っても30、6℃。

流石にここ金沢は昨日は日本一温度が高かったそうです。







最終更新日  2013年07月05日 22時40分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月14日
カテゴリ:電気屋の独り言

お尻だって洗って欲しいのだから、なんでも洗って欲しいはず。

わたしはでんきやとして仕事でもエアコンの室内機を丸洗いしてきました。

一台も失敗はしてはいません。


一般的には電気屋でも誰でも一般的な無難なことしか言いません。

例えば電力会社が蛸足配線は危険ですと言っていますが、そうでもないのです。

どのくらいの電流が流れるか?

小さな電流ならば蛸足配線をしても構いません。

皆さんは大きなものが電気を余計に食うと思ってますが、それは違います。

家庭にあるもので一番電流が流れるのはさてなんでしょうか?

まずほとんどの方が間違えてます。

冷蔵庫という答えが多いですね。

電気料金は冷蔵庫が一番食うかもしれません。

またそれも最新型だと違ってきます。

冬の暖房費ですが今ではエアコンの方が灯油ストーブよりも安く済むかほとんど変わらないかというところまで来ています。

思い込みは怖いですね。

それと本当のことを言ってくれる方は少ないですね。

そして今日この頃は専門家が非常に少ない。

プロがいませんね。

中国や北朝鮮のスポークスマンのように自国の利益だけでものを言ってます。

原発の専門家もお金の方向だけを向いて喋ってますね。

本当のことを知ってか知らずか、理解に苦しみます。

まだオーム真理教の方がわかりやすいです。

宗教という道具を使ってお金儲けしてますよ。


魑魅魍魎が専門家の皮をかぶって跋扈しているのが現代の日本です。

メイドインジャパンは今でも世界一のはずですが魑魅魍魎が邪魔をしています。

メイドイン魑魅魍魎国なら負けてしまいますね。

負けて当たり前です。

ソニーもホンダも個性がありました。

またナンバーワンでした。

ソニーをパナソニックが真似て、ホンダを他のメーカーが真似てましたが、今はひょっとするとソニーとパナソニックがまねっこをしてたり、ホンダがトヨタを真似ているような気がします。

ソニーの心をマックに取られてしまいました。

さてホンダの心はどこが持っていったのでしょう。

私は巨人、大鵬、卵焼き、世代ですが、今の失態はトヨタナショナル自民党の責任だと思います。

昔のソニー,ホンダよ出てこい。


良くもなく悪くもない、もう無難なものは要りません。









最終更新日  2013年05月14日 18時20分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年12月19日
カテゴリ:電気屋の独り言
  • 12-19 004.JPG
  • 12-19 005.JPG








最終更新日  2012年12月19日 16時18分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年08月30日
カテゴリ:電気屋の独り言
  • daisonn2.jpg



本当に良いものなのか、値段が高いだけなのか?


遅ればせながら使ってみました。


国産とは使い勝手がまるで違います。


考え方も違います。


私はこんなの好きです。


昔流行った訪販での20万円もする掃除機はそんなに対したものではなかった。


それとは違う、大損するかと思って買ったのですが、これは買い得でした。



私のおすすめが一つ増えました。









最終更新日  2012年08月31日 01時34分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月17日
カテゴリ:電気屋の独り言
ですから同じメーカーのブラウン管を使っている別メーカーもあるのです。

同じく同じメーカーの液晶もたくさんありますがなぜ映りが違うのかというと、なんとかエンジンという回路に工夫があるからです。


この事を書こうと思っていたのですが、つい忘れてしまいました。

ミス淡路島のおかげで思い出しました。



ちなみに過去の事ですが、老人は過去が大好きです。

ソニー、ナショナル、東芝、日立だけだったと思います、ブラウン管を作っていたのは。

当時家電11社がありましたのでその他のメーカーはそのいずれか、ソニーは自社へしか出しませんので、ナショナル、東芝、日立のどれかを使っていたのです。

それでも同じブラウン管を使っていて映りが違います。

面白いですね。


液晶はもっと作ってるメーカーは少ないですがサムソン(三星)、LGを入れればそのくらいで昔と変わらないかもね。






最終更新日  2012年01月17日 17時34分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月16日
カテゴリ:電気屋の独り言
昔々は圧倒的にソニーでした。

ブラウン管時代ですね。


解像度というかきめの細かさはNECでした。


綺麗なのはビクターでした。


意外なことに10インチの小型ですと日立が少し古くなるとより綺麗になりました。


皆さんの一番好きなあのメーカーはボケてましたが、ソフトな映像という言葉でオブラートに包んでました。


さて今の液晶テレビですが、好き好きと言ってしまえばおしまいですが、私とKさんの意見だと


日立が綺麗ですね、次はビクターでしょうか?


一般的に世の中で人気のあるのは、亀山モデルですが、私にはあんまりよくは思えません。

オーディオもそうですが耳で聞かないで、何とかというメーカーでこれだけの値段がしたのだから

いい音が出るはずだという方が多いのですが、ブラインドテストをすれば一目瞭然です。

CDも出始めはソニーよりもNECの方が断然いい音でした。

人間の耳で差が解るとい言うことは2倍音がいいとか10倍音がいいというのを聞きわけるのは、何とか音感を持ったごく一部の人だけです。

私が聞きわけることができるのは何百倍音がいいという場合です。

かなりの差があるのです。

テレビも同じです、メーカーを隠して比べればよく解りますが、現実は何とかというメーカーで値段はいくらでというのを入れて目で見るのではなく、脳で見ているようです。

心理で見ているようです。


自称超一流の電気屋で有る、私やKサンに成ると目で見たり耳で聞いたり出来ます。


ま、この世は建前で動いてまして、私やKさんは本音で動いてます。

どちらがいいとは言えませんが、とことん行ければ本音が強いのですが、大きな建前に邪魔されます。

ハードルが高ければ高いほど潜り抜け安くなります。


何とかそのコツをつかみたいと二人でいつも会議してます。






最終更新日  2012年01月17日 01時18分40秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年01月05日
カテゴリ:電気屋の独り言
こんなこと言っては何ですがシリーズ


手に職を持ってる人が少なくなっています。


お金に成らないからと、もう一つはいい仕事してますねということが分からなくなってきているのではないでしょうか?


ということは後継者も育たない。


食っていけないということです。


しかしいるにはいるんです。


ここにもね。


死にかけですがね。


さて雪が降った場合のBSアンテナですが、お皿に雪が溜まると映らなくなります。


それを防ぐことを一切してはいません。


あくまでも一般的ですが、地デジのアンテナは高ければ高いほどいいのです。

それに対してBSは南西の方向に空がありさえすればいいのです。

赤道上空日本から3万8千キロかなたへビちっと向ければ映るのです。

高いところへ上げなくてもいいのです。


逆に低いところの方がいいのです。


雪が落とせるからですよ。



こんなことも知ってか知らずか大屋根の上にBSアンテナが立っていて雪が降ったら移りません。



こんなのばっかしです。



そんなはずはないと思っていたのですが、どうもこのごろのでんきやは知らないらしいのです。


下手な素人さんよりもレベルが低いのです。


で私のところはどうなってるのかと言いますと、屋根の下につけました。

雪が降っても映りますよ。


その上三分配してますけれどもブースター無しですよ~だ。


実はブースターは付けてあったのですが、誤って200ボルトを入れてしまって壊れたのです。








最終更新日  2012年01月06日 02時06分24秒
コメント(4) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.