362135 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

parmi les jours suspendus

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


junjun081359

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:二題(11/10) where to purchase cialisbuy generic cia…
http://buycialisky.com/@ Re:藤原歌劇団「ルチア」(03/04) online pharmacy india cialiscialis 5 mg…
http://buycialisky.com/@ Re:平日の朝、ときどき(01/31) buy cheap online prescription cialis so…
http://buycialisky.com/@ Re:箏とオーケストラ(04/14) review of cialis blackcialis dosing inf…
http://buycialisky.com/@ Re:学生から教えてもらったエピソード(4)(02/16) interaction between viagra and cialisdr…

Freepage List

Headline News

2009年11月15日
XML
カテゴリ:広報
11月後半に集中してこういうところに顔をだします。



東京日仏学院 シリーズ『読書の秋』 
ブノワ・デュトゥールトゥル講演会 
ゲスト:小沼純一
日時:2009年11月24日 (火) 19時00分
場所:
入場無料
フランス語、日本語同時通訳つき
お問い合わせ: 東京日仏学院 (03-5206-2500)
http://www.institut.jp/ja/evenements/9199

ブノワ・デュトゥールトゥル氏は1960年生まれの作家・批評家。
『幼女と煙草』(早川書房)の翻訳がでたばかり。
音楽学を専攻されていたので、
ラジオ・プロデューサーとしての仕事や、
“Requiem pour une avant-garde”(1995)のような音楽批評もおこなっています。



ミシェル・シオン講演会
仮題:現実/虚構、音/音楽
聞き手:小沼純一 通訳つき
日時:11月25日(水)16:30-
場所:早稲田大学戸山キャンパス 33-2号館第1会議室
入場無料
主催:早稲田大学文学学術院 文芸・ジャーナリズム論系、人文専修

講演になるか、インタヴュー形式となるか、まだはっきりとはしておりません。

ミシェル・シオン氏は1947年生まれ。
パリ第3大学教授であり、映画音響理論家、ミュジック・コンクレートの作曲家。
著書に『映画にとって音とはなにか』(勁草書房)、『映画の音楽』(みすず書房)、『ジャック・タチ映画の研究ノート』(愛育社)、ほか多数。

シオン氏はSOUND CONTINUUM 2009に参加のため初来日です。
ミュジック・コンクレート作品の発表と講演(21世紀の録音文化を問う国際会議)も
おこなわれます。
小沼はこのシンポジウムでの司会やオノセイゲン氏との対談もおこないます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.the-concrete.org/index_jp.html






Last updated  2009年11月17日 09時27分30秒
コメント(0) | コメントを書く
[広報] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.