おもちゃ・こども・のはら・うた

アルチュール・ランボー




 夏の青い宵に 僕は行くだろう、小径をとおり、
 麦の穂につつかれ、こまかな草を踏もうと、
 夢想家の僕は、草の夕べの冷気を足に感じ、
 風にあらわな顔をまかせたまま。

 僕は話すまい、何も考えまい、
 しかし無限の愛が魂にこみあげてくるだろう、
 そして、僕は行こう、遥かに遠く、ジプシーのように、
 自然の中を、女の人と一緒のように幸せに。


        (アルチュール・ランボー 『感覚』より)


-----------------------------------------------------------------



© Rakuten Group, Inc.