おもちゃ・こども・のはら・うた

宮沢賢治

-----

 わたしたちは、氷砂糖をほしいくらゐもたないでも、
 きれいにすきとほつた風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光を
 のむことができます。

 またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、
 いちばんすばらしいびろうどや羅紗(らしや)や、宝石いりのきものに、
 かはつてゐるのをたびたび見ました。

 わたくしは、さういふきれいなたべものやきものをすきです。

 これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、
 虹(にじ)や月あかりからもらつてきたのです。
 ほんたうに、かしはばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかつたり、
 十一月の山の風のなかに、ふるへながら立つたりしますと、
 もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。

 ほんたうにもう、どうしてもこんなことがあるやうでしかたないと
 いふことを、わたくしはそのとほり書いたまでです。

 ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでせうし、
 ただそれつきりのところもあるでせうが、わたくしには、そのみわけが
 よくつきません。
 なんのことだか、わけのわからないところもあるでせうが、そんなところは、
 わたくしにもまた、わけがわからないのです。

 けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、
 おしまひ、あなたのすきとほつたほんたうのたべものになることを、
 どんなにねがふかわかりません。

   大正十二年十二月二十日
                            宮沢賢治

          (『注文の多い料理店』序 
                 「宮沢賢治全集8」ちくま文庫、筑摩書房)
-----


© Rakuten Group, Inc.