おもちゃ・こども・のはら・うた

(旧)厚生省


 ≪「育つ力」を信じるということ≫


 子どもは「育つ力」を持っています。
 「育てる」ものではありません。

 「育てる」という言葉には、何か目標が感じられます。
 一定の基準があって、子どもはそこまでたどりつかなければならない。
 親もそこまで子どもを引っぱり上げなければならない……

 子どもは粘土細工のように
 「つくっていく」ものではありません。
 「どう育てるか」「よい子育てを」と気負うことはありません。

 育っていく子どもに
 あなたがどうよりそうか、どうつきあうか、
 それがたいせつなのです。
 おとなはよい生活環境をつくっていきましょう。



(「それでいいよ だいじょうぶ ~子どもとの暮らしを応援する本」
                         発行:厚生省)



-----


© Rakuten Group, Inc.