おもちゃ・こども・のはら・うた

東君平



≪ さむい日 ≫


 さむいさむい夜、こどもは おかあさんと、
 おふろにはいりました。
 「かたまで よく つかって、三びゃくかぞえるまで、
  でてはいけません」
 おかあさんに いわれて、こどもは、
 ゆでだこのようになりながら、三びゃくかぞえました。

 つぎの日の、さむいさむい朝、
 こどもは おかあさんに おこされました。
 「いつまでも ぐずぐず もぐりこんでいないで、
  三つ、かぞえるまに、ぱっとおきなさい」
 こどは、いわれたとおり、げんきよく、おきましたが、
 おふろのときが 三つで、
 おふとんのときが 三びゃくだといいな、
 とおもいました。


 
『ひとくち童話』より  
            著:東君平 発行:フレーベル館

--------------------------------------------------------------

≪おとうさん≫


 おとうさんが かぜをひきました。
 おいしゃさまが きて、 大きな
 ふとい ちゅうしゃをしました。
 おとうさんは、それから
 なんにちも、ねていました。

 おとうさんの 口の まわりや
 あごのあたりは、ひげぼうぼうに
 なりました。
 こどもは、おとうさんの かおは、
 のはらみたいだとおもいました。


  
(『ひとくち童話』より
                著:東 君平  発行:フレーベル館)

--------------------------------------------------------------


© Rakuten Group, Inc.