おもちゃ・こども・のはら・うた

Freepage List

★<ことば>たち


倉橋惣三


金子みすゞ


モンゴメリ


スチュアート・ブランド


祈りのことば


キリスト教聖書


天理教教祖伝


仏教聖典


P.F.ドラッガー 


アルチュール・ランボー


コリン・ターナー


ジョン・レノン


レフ・トルストイ


ドロシー・ロー・ノルト


ヘレン・ケラー


やなせたかし


茨木のり子


マーフィー


マザー・テレサ


ルイス・キャロル


ローター+ヴェルナー


ワーズワース


鎌田東二


鍵山秀三郎


宇佐美百合子


岡本太郎


広辞苑


坂口安吾


長田弘


杉山亮


渡辺一枝


中川李枝子


藤村亜紀


灰谷健次郎


信田さよ子


飯田史彦


文部省唱歌


日野原重明


井深 大


宮沢賢治


バグワン・シュリ・ラジニン


黒柳徹子


(旧)厚生省


サリー・クーパー


村上春樹


土屋多喜栄


竹本聖


本田和子


はせくらみゆき


真弓定夫


バガバット・ギータ


ブルース・リー


小笠原文孝


エーリッヒ・フロム


今井和子、神長美津子


東君平


ウエイン・W・ダイアー


阿部和子


伊志嶺美津子


ナポレオン・ヒル


藤井和子


豊永せつこ  


よしもとばなな


高見澤潤子


マルティン・ルター


ウィリアム・シェイクスピア


ヴァーツラフ・ハヴェル


ラ・ロシュフーコー


アルコホーリクス・アノニマス


ヘーゼルデン


シュバイツァー


ジャン・バニエ


谷川俊太郎


井上ひさし


鎌田寛


ロバート・ゴルティス


宇佐美百合子


渡辺和子


バーナード・ショウ


マイク・タイソン


三浦綾子


ウィリアム・H.マレイ


◆この日記について◆


削除記録


pdf.ファイル本無料配布


仕事実績・所持資格など


2020年12月29日
XML
テーマ:音楽(163)
カテゴリ:音楽・楽器・歌



2020年の最初に知った、「Eighty eight」。

主に、作詞作曲とピアノ弾き語りをなさる
「しょこさん(飯田翔子さん)」が
頻繁にYoutube生配信と、
毎日のようにYoutubeにストリートピアノや
都庁ピアノの演奏動画、
そして
オリジナル曲のMVを上げていらして、

それを支えるように素敵なギターを弾かれる
「たまさん(溜さん)」とのユニットが
素晴らしいのです。

コロナなど大変な時期に立ち向かって
リスナーも、チャンネル登録者も、どんどん増えて
今年完成した新アルバムや、そのMV、グッズなど
どれも大好評。

そして、12月28日、とうとう念願の
生ライブが実現しました。

会場の「GRAPES 北参道」には、
以前も行ったことがあるのですが、
なんと、配信用に「8台」のカメラと特設サイトが用意され
Youtube生配信と同じように、コメントや投げ銭が
できるようになっていて、
会場に来れなかった人たちは配信を一緒に楽しみました。

私は当然?夫と一緒に会場へ。





福井県や徳島県などなど、遠方からいらした方もいて
前日からツイッター上で、やりとりがひんぱんに。

18時オープン、19時スタートだったのですが、
18時少し前に続々と入り口前に集まり、
ネット上での名前と、リアルのお顔の確認など。

ここのピアノは、日本で二台しかないという
古いスタインウェイ。




そして、配信やMVでしか見たことがなかった
ダブルネックや、オイル缶のギター達。




そして、さんざん記念撮影をしたり、
「ぱちぱち(88)音楽室」を表した
大きな「8」の形の風船を膨らませたり、
いつもはリクエストをしょこさんが選ぶ
ガチャガチャマシン「万次郎」を回して
しょこさん達からのプレゼント(缶バッジと歌詞ミニ本)を
いただいたり、、、




他の方々のお写真は、載せたらまずいと思うので
ブログには載せませんが、
みなさん(私も)大はしゃぎ。

「関東88連合」というファンの方々が作った
タオルを、振り回す曲のために、いただいたり、
カートレースオフ会の時に作られたワッペンなども
いただいてしまいました。




さんざん楽しんでワクワクが蔓延しているところで
スモークが出て、ライブ開始。




もう、感動して一曲目から泣いている方もいました。

しょこさんのピアノと歌がとっても上手なことは
知っていましたが、
生演奏ではさらにそれがよくわかって、
私も耳がダンボになっていました。




たまさんは、たくさんのギターを持参して
曲に合わせて変えていましたが、
特に、彼の得意技の「弓ギター」!
素晴らしい音色で、それがピアノと素敵に絡んでいました。




いろいろなテイストの曲があり、
もちろん、みんなでタオルをぐるぐる振り回す曲も。

私は個人的に「万華鏡」という曲が好きなので
その曲の時は、やはり涙が出てしまいました。

ですが、たったお二人で
ピアノとギターだけで盛り上げたり、泣かせたりなさるというのが
本当にスゴイと思いました。
(ルーパーを使った曲は少しありましたが)


珍しいことに、ギター一本の伴奏で
しょこさんがハンドマイクで歌ったりもしました。




みなさん(私も)いろいろなタイミングで
差し入れやプレゼントを渡していましたが、
アンコール前の時は、より大盛り上がりで
撮影大会のような状態に。






今年もコロナに負けず、
私たち夫婦はいろいろなライブやイベントに行きましたが
こんなに熱量が高いファン層と
愛のある演奏のライブは、初めてかも?
と思うくらい、
行って良かったです。


私は、しょこさんのようには
ピアノも、歌も、曲作りも、動画編集も、
レコーディングも、
なにもかも上手にはできませんが、
私が自分の技量に落ち込んでいたときに
「気楽にやろ」と言ってくださった配信の日から
もっともっと大好きになったし、

これからも応援していきたいと思いました。


良い年末となりましたこと、
私たち夫婦が倒れたりせず、たくさん出かけられたこと、
感謝です。









Last updated  2020年12月29日 18時53分49秒
コメント(0) | コメントを書く
[音楽・楽器・歌] カテゴリの最新記事


PR

X

Category

Favorite Blog

音伽奏誌 Maylin♪さん
『凛として優しく』 sarada_nurseryさん
レイキなエッセイス… 矢尾こと葉♪さん

Calendar


© Rakuten Group, Inc.